December 30, 2011

Virtual Box で Windows

 母親の風邪はだいぶ良いようだ。 前回のようにはならなかった。 時折セキをしているのは変わらないが、あまり「ゼイゼイ」といった感じはしなくなった。 薬が効いているのだろう。 あと数日といった所か。
 介護ヘルパーさんを全部キャンセルするんじゃなかったな.... 

 さて、食事の買い物くらいにしか出られないのでという訳でもないが、mac mini に Virtual Box をインストールした。 バーチャルマシンとしては何を入れようかと思ったが、とりあえず Ubuntu と Windows
XP にした。 Windows XP については未使用のシリアル番号をあと一つ持っていた、今後新しいマシンを作ったとしても、XP はインストールすることはないだろうと思ったから使ってしまうことにしたのだった。 
 Core2Duo とはいえT5600 なので、そんなには速くないが、さりとて遅すぎるということもない。 ま、そこそこ。 メモリは 768MB にした。
 20111230_02702

 とりあえずインストールしただけ。 

 何しようかな....



| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 21, 2011

SnowLeopard iCal とiCloud の同期

 iCloud との同期は Lion でないと同期がとれないようになっているが、 iCalについてはiCal の「環境設定」→「アカウント」→「サーバー設定」でできる。 問題はサーバアドレスを知る方法。 私の場合は Windows7 の Outlook 2007 で予定表の同期をしているので、知ることができた。 
 Outlook の 「ツール」→「アカウント設定」の「データファイルタブ」で iCloud のデータファイルの格納場所を確認する。 ( C:¥Users¥{UserName}¥AppData¥Local¥{任意の文字列} のディレクトリ)
 格納場所を確認したら "main.db" のファイルをエディタなどで "-caldav.icloud.com" の文字列を検索すると "pxx-caldav.icloud.com" (x は数値)が見つけられる、それがサーバアドレスだ。 ちなみに私の場合は "p02-caldav" だった。  他のpcで確認できない場合は、数値の部分を変えてみながら設定したら良いのかも。

 アドレスブックは p02-carddav.icloud.com でつながるかと思ったがだめだった。 どうすれば良いのだろうね。 まだわからない。

 
 Apple も SnowLeopard でちゃんと同期できるようにしてくれ!

追記
アドレスブックのサーバーは pXX-contacts.icloud.com だった。 どうやら、繋げないみたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2011

再びmac mini cpu

 昨日帰り道に某ショップに寄ったら、Core2Duo T5600を約4000円で売っていた。 もちろん中古。 とりあえずゲットと思い、店員を探すがみんな忙しそう。 客に捕まらないように避けているとしか思えない。 レジの前でしばらくたたずんでいたが、一向に埒があかない。 歩いてきた店員に「空いてる?」ときいたが、別の客を相手にしているとのことだ。 そのまま待つこと7、8分、やっと購入。 もう二度とこんな所で買わねぇ。
 家に帰って母親の世話をし、寝かせてから作業開始。 mac miniをバラしcpuを交換。 cpu 交換は二度目。 クーラーを止めているピンが少し心配だ。
 CoreDuo T2300からの変更なので劇的なスピードの変化はない。

 これで Lionがインストールできるのかと思ったが、さすがAppleだ、できないのだ。 cpu載せ替えは許してくれない。 ネットで調べるとインストールする方法はあるようだが、そこまでLionに魅力を感じていないのでしない。
 iCalとiCloudの同期はしているので良いのだ。
 しかしAppleの既存ユーザー切り捨て体制は酷いものだ。 昔からだけどさ。 MobileMe からiCloud に移行しちゃったら戻れないんだもの。 iOS5にした時にやめときゃ良かったよ。 確かに注意事項としてあったけどな。 SnowLeopardでもちゃんと対応して欲しいものだ。
 MobileMeのようにiDiskとして使えないのも残念。 25GBあっても使い道がないじゃん。 WindowsLive のSkyDisk の方が使い勝手が良いかも。
 カレンダーもGoogleにするか.....

通勤途中iPhone で書いてみた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 16, 2010

今度のmac mini は

 いよいよ新しい mac mini が世に出た。  薄くなったかわりにちょいと大きくなった。 電源内蔵と書いてあったけど、今までの不細工なACアダプタが必要なくなるのか、いいな。 
 HDMIがついていて、SDメモリカードスロットまでついているそうな。 大型テレビにでもつないだら格好いいかも。
メモリも簡単に交換できるようになり、正式に8GBまで入れられるということだ。

 いいじゃん。

 Core2Duo じゃなくて Core i シリーズだったら良かったのに...  
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

June 07, 2010

Snow Leopard .....

 Mac mini(MA205J/A ちょいと古い)も、せっかく CPU もメモリも HDD も載せ替えたのに、肝心のリカバリ(インストール)ディスクが見つからないので、Snow Leopard 買ってきた。 iLife とかいらないんだけどね.... 3,300円の方は Leopard からアップグレード用だしな、もっともこれでクリーンインストールできるようだが、ライセンス上問題があるそうだ。 別に Tiger でも良いんだけどなぁ、ホント、ディスクをどこへやってしまったのだろう。 Linux でもインストールしようかと思ったのだが、メインで Linux マシン使っているのと、わざわざ このMac mini に Linux をインストールする気にならなかった。  ただ、 G4 のマシンには Vine Linux でもインストールしようかと思っているけど。
 Tiger からでも、低価格のアップグレードパスをおいてほしかったよ。  iLife、iWork なんかいらないからさ。 どうせ使わねーし (と書くと、 Mac ファンからあんな便利なものなんで使わねーんだよっ!と言われそうだが、今までも、使っていない)

 Snow Leopard はディスクの使用量が少ない。 ユニバーサルバイナリだったのが、Intel 用のコードだけになったからコンパクトになったのだろうな。 全体的にも軽くなったか。  
 せっかく Snow Leopard になったので、 BootCamp で Windows XP をインストールしたが、あえて、Mac で Windows を動作させる必要もないなと思った。 認証通しちゃったから入れとくけどね。
 それと、 iPhone SDK が動く条件が整ったので、ダウンロードしてインストールした。 iPhone のアプリでも作ってみよう。 ただ、Objective-C がいまいち馴染めない。 ま、 Mac だからな、仕方ないか。
 でもなぁ、思いつくようなアプリってみんな作ってんだよな、なんかこう斬新で他の人が思いつかないようなアイディア沸いてこねーかなぁ、凡人はつらいぜ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 31, 2010

Mac mini MA205J/A HDD交換

 ハードディスクだけ 60GB と言うのも寂しい感じなので、強化することに.. AOA150 に元々着いていたディスクが見つからないので、音楽専用に使っている PC からディスクを抜いて交換することにした。 こいつは 500GBあるので余裕だ。 作曲した音楽データ、楽譜データが入っているだけなので、ホントは 500GBは必要ないのだ。 データは全部 NAS にバックアップしているのでこのまま使っちゃうのじゃ。
 今度は写真撮った。

 まず、お好み焼きのヘラをぐさりと
Image1
 次はぐいっと持ち上げる
Image2
これを反対側もやって無事ケースが外れる
Image4

 DVDのリボンケーブルと、ファンのコネクタを外して、あ、その前にワイヤレス LAN のアンテナ基盤を外す、Bluetooth のアンテナは外す必要はない。
Image5
Image6
 四隅のねじをとったら、ドライブ類のユニットとメイン基盤の部分を外す。
Image7
写真はねじが3本しかないが、前回 CPU を交換するときに1本どこかに行ってしまった...
 ハードディスクを外す。 
Image8
外したら、ついている T 字型のスポンジをはがす。 ゆっくりやればきれいにはがれる。 取り替える HDD にこのスポンジを貼って取り付けたら逆の手順で組み立てるだけだ。 
 ついていたHDD は Seagate Momentus 5400 回転のやつだった。 ちゃんと Apple マークがついていた。 そういえば 光学ドライブにも Apple マークがついていたな、こいつは Panasonic だったが。 日本の PC メーカーもロゴつければいいのに、タッチおじさん(今はちがうのか?)とかバザールとか.. なんか「オレ(メーカー)のところのためにつくってんだぜ」みたいで格好いいじゃん。

 そういえば、CPU には Apple マークついてなかったね。 Intel もさすがにそれはやらないか... でも、CoreSolo 1.5 GHz (CoreSolo T1200) なんて、通常のラインアップには載せてないよな。 Apple のために出荷している(いた)ようなものか?  ま、いいけど。

 これで、CPU CoreDuo T2400 (1.83GHz), MEM 2GB, HDD 500GB になった。 


 では、OS X をインストールしよう。   って、あれ、あれ、あれ、???? Mac mini のインストールディスクがない、いったいどこへ仕舞ったのかいな... ファイルには G4 のインストールディスクしかないし... トホ

 さがさなくちゃ... 


| | Comments (0) | TrackBack (0)

再び mac mini MA205J/A

 OS X も使っているといいもんだ。 とりたてて、iPad を初日に手にしたいとかいう Apple や mac の信者ではないが何となく楽しいかも。 このところ、 Ubuntu ばっかりいじっていたので、ちょいと新鮮な気がする。 BSD なのに、この「クローズド」感がいいのかも...そういえば、ジョブズが 「Flash は 'クローズド' だから..云々」と言っていたそうだが、何事も非常に「クローズド」な Apple の発言としては面白いと思った。
 
 
 で、MA205J/A だが、やっぱりメモリ増やしたい。
 それで、LMM100s に入っている2GB(1GBx2)をこちらに入れることにした。 LMM100s は 1GB(512Mx2) にしよう。 LMM100s には Ubuntu 9.10 server を入れてある。 デスクトップ環境を使わなければ 1GB で十分だろう。 ついでに、10.04 server にしよう。

 CPU も CoreSolo ではちょいと不満。 中古で Core2Duo か CoreDuo 安く売ってないかなぁ~と思ってアキバを歩いてみた。 意外と65nmプロセスの モバイル系Core/Core2 Duo は少ないのがわかった。 MA205J/A に使えるのは yonah か merom FSB 667MHz の Socket M のタイプだ。 2,3 覗いて CoreDuo T2400 (1.83GHz) を見つけた。 もうちょっと探せばよかったのだろうが、面倒くさいのと、今日は介護ヘルパーさんが来ないので、母親の昼を作らなければならなかったので T2400 を購入してきた。 6,480円だった。 ま、いいところだろう。 どうせ、メモリも最大 2GB だし、64bit にしてもあまりメリットがないからね。 
 
 あとは HDD の容量だが...そういえば、AOA150 の HDD を交換したときの 120GB がしまってあるはずだと思い出し、探したがどこにしまってあるやらわからず..悲しい。
ま、今回はいいや。 AOA150 から 320GB を外そうかなとも思ったが、ばらすのがめんどうなのでやめよう。

 そんなわけで CoreDuo T2400 メモリ 2GB になった。 少し速くなったかな~  写真を開いてみるとわかるな。

 それにしても HDD 60GB は少ないかな? Virtual Box で仮想PC でも作り始めたらなくなっちまいそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2010

PowerPC G4 Mac

 久しぶりに Mac mini を使ったら懐かしくなって、これまた休眠状態の G4 の Mac を動かしてみる。 

 結構使えるじゃん。 でも、少し遅い。 ネット見るには良いけどな。 写真のレタッチなんかも今となってはもたつく感じだ。 

 メモリでも増やせばいいんだろうが、DDR のメモリを買う気にもならないからね~   ま、これはこれでいいか。


 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2010

mac mini

 久しぶりに mac mini を動かした。 最近は電源すら入れていなかった。  Mac OS X (まだ10.4 だ)が懐かしい。  web browse くらいなら充分。 でも、メモリが 512MB しか入っていないので、何となく非力な感じが…
 あ、機種は MA205J/A (Core Solo HDD 60GB Memory 512MB)

 DDR2-667 SO-DIM のメモリなら、AOA150 にもともとついていた 512MB と もう一枚 512MB 持っているので(メーカーは違う、サムスンとマイクロン)、中の256MB x 2 と取り替えてみた。 2GB にしたい所だが、わざわざメモリを買ってくるのもいやだし、それほど投資する価値もなさそうだ。  
 やってから写真を撮っておけばよかったなと思った。 残念。

 で、ヘラ(お好み焼きに使っている奴)でこじ開ける。  この辺はネットで検索するといろいろな方々が載せておられる。 やり方そものは難しくない。 ただ、ちょいと勇気が必要だ。 壊れるんじゃないかと思うくらいやらないと抜けない。 ヘラは少し丈夫な奴の方がいい。 
 
 すっぽりケースを外してしまえば後はそんなに難しくない。 結構見づらいので、明るいところで作業をした方がいい。 無線LAN のアンテナ基盤を外し、ファンのコネクタを抜いて、四隅のネジ(一本だけ長さが違うので忘れないように)を外せば、DVD ドライブ、HDD のユニットが外せる。 ファンのコネクタは小さくてやりづらい、先の細いラジオペンチでやった。 外したらやっとメモリが出てくる。 スロットは二つ、DDR2-667 256MB が二枚入っているので、交換。  ドライブ類のユニットを取り付けて、電源を入れてみる。 ちゃんと立ち上がってメモリも 1GB になった。 おお、速くなった。 うれしい。 HDD も容量の大きいものと交換したいところだが、手持ちがない。 
 と、動作確認したところで、ケースをかぶせて完了。 この時も思い切ってはめないと、はまらないかも。 

 ついていたメモリは マイクロンだった。 常々思っているが、同じDDR2 なのに、アイ・オーでもバッファローでもエレコムでも Mac用と PC用のメモリって別に売っているが、何が違うんだ? 全然問題ないけど…  ま、いいや。 今更DDR2 のメモリなんか買わないし。  

 さて、メモリもちょっと増えたし、 Leopard にしよっかな。 それとも Snow Leopard か。  Snow Leopard は Tiger からだと値段が高いんだよな。 そもそも、今時 Leopard なんか売ってないか…  

 Tiger でいいや。 賢いやまねこ(Lucid Lynx Ubuntu 10.04)使ってるし。 でも、虎、豹、雪豹に比べたら、弱そうだな…山猫。 

 でも、なんで、みんなネコ科なんだ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)