April 06, 2016

PAZ35UB

 先日東芝のノートPC AZ35UB というのを購入した。  Core i5 6200U  HDD 500GB メモリ 4GB というもの。 Amazon マーケットプレイスの東芝ダイレクト販売で69,120円。 東芝ダイレクトのサイトだと Room1048の会員でも71,000円くらい。   なんで Amazonの方が安いのだ? 

 何かと話題、やかましい東芝ではあるが、初代 Dynabook や Libretto など結構面白いノートPCを作っていた。 私も Libretto は使っていた。  

 性能は圧倒的に速くなったが、価格は圧倒的に安くなった。 

 3月下旬に注文、 メモリも8GB x 2 も注文した。 メモリの方は翌日来たが、パソコンは中3日だった。  一週間くらいかかるようなことが書いてあったが、早かった。 
 

 開けてみると なんともチープな感じは否めない。 価格相応という感じだ。 

 さっそく裏ぶたを外して開けてみる。  ねじは11本だったかな?

D1

 HDDは 7mm厚 MQ01ABF050

D2


 さっそく HDD を取り替えてしまおう。  ホントはSSDがいいけど手持ちにないし。 安くなったとはいえ容量の大きなものは、HDDよりずっと高いから。

 手持ちは同じく東芝の MQ01ABD100 という安い 1TB。 ただこいつは9.5mm厚。 

 HDDのスペースをみると9.5mm厚でも十分取り付けられそうだ。 ドライブの周りに衝撃、振動を抑えるためのゴムのスぺーサーがつけてあるのかと思ったが、ドライブの高さを調整するためもあるような感じだ。 

 ドライブを外して、手持ちのものに丸ごと複製。 

 厚みの薄いソルボセインで交換用のドライブがケースと接触するところをカバーした。

 再びねじを締め起動させる。 起動直後はエラーがでるが、再起動すればちゃんと動いた。 

 メモリも16GBにしたので、仮想マシンでも十分メモリがとれ結構快適。 2コアとはいえさすがに i5 だな。 


  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2015

Windows 10

 久しぶりに書き込もうと思った。 
 母親がなくなって一年も過ぎ、介護も終わってなんとなく過ごしている。

 Windows のPC(Core2duo E8400, win 8.1) にずいぶん前から 「Windows 10 のインストールの準備ができました」というメッセージが出ていてほったらかしていた。
 昨夜アップデートしてみた。 途中で眠くなっちゃたので寝てしまったが、朝起きたら完了していた(当たり前だが)。
 スタートメニューも復活した。 特に問題はなさそう。 ただタイルがうっとうしいので消した。

 ソフトも動かないのはなさそうな... 全部起動していないのでわからないけど。

 スピードも速くていいかも、 今となってはショボイCPU Core2Duo でもちゃんと動いている。

 ま、新しいパソコン作りたいんだけどね... 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2014

キングジム デスクショットを買ってみた

 PFU の ScanSnap SV600 が気になっていて、量販店に実機を見に行ったりしていたのだが、場所をとるのが難点で購入に踏み切れないでいた。 
 昔の楽譜やらデータ化したいのだが、輸入楽譜が多いので紙の質が悪く、劣化が激しいので折ったりできないし、A4サイズより大きいので、手持ちのA4フラットベッドスキャナではむずかしい。 まして、所有しているScanSnap では裁断しなくてはならない。  で、SV600 が気になっていた。
 デジカメや、iPhone で撮影してアプリで加工してみたりもしたが、なんだかな~という感じだ。

 

 で、この Kingjim DK800。 amazon を見ていたら安いし(SV600の1/4)小さいし.. 画質はあんまり当てにできないかもしれないが..

 ホームページでサンプルを見るとそれなりだ、でも明るさなんかはうまく調整してくれるみたいだ。 

 amazon で昨日購入し、本日届いた。 さっそく使ってみる。 

 結果は、まぁそれなり。 文書は「よめればいいや」程度なら十分実用になる。 ScanSnap などのドキュメントスキャナ的な画質を期待するとがっかりだ。 譜面もやってみたがこれは思ったより良いかなと思った。

 撮影画像だ(横を2,000ドットに縮小してある)

 

 水道局のお知らせ。

DK800

Kj1_2


 ついでに ScanSnap。

Ssnap_4

  品質が全然違う、当たり前だが。


 楽譜、A4サイズより一回り大きい(菊倍版)
Kjscore_2


 ちょいとゆがんでいるが、慣れればうまくいきそうだ。 考えていたよりずっときれいかも。

 

 なかなか面白い。 

 さて、次はどうするか...
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2014

Linux Mint 201403 (LMDE) を古いPCに

 うぉ〜〜!!! 久しぶりだ。 

 4月から職場が変わったり、母親がほぼ寝たきり状態になったりと、時間があまりとれなかった。 休みの日は一週おきに医師の往診と、訪問看護にきてもらうようになったし。
 ま、そんなことばかりではないのだが、PCも、スマホもタブレットもあんまりいじらなかった。 iPhone4 なんかメールのチェックくらいしか使わなかったら3日くらい電池がもつんだね〜、ちょいとびっくり。 

 さて、Windows XP もいよいよサポートが終了した。 マイクロソフトも随分頑張ったものだ。 よくやったよ、別にMSの肩を持つわけではないけどさ。

 我が家にPCMT8002(NEC、2005年) というPCがある。 CPU がPentiumD という今となってはとても懐かしいマシン。 元は WindowsXP Home がインストールされていたのだが、現在はUbuntu 12.04LTS をインストールしている。 いつもどおり4月に Ubuntu の新しいバージョン 14.04もリリースされている。 前回のLTSから2年目なので、今回もLTS。 
 でも、最近 Ubuntu の方向性(?)がなんかな〜と違和感を覚えるようになった。 メインマシンは VineLinux だし。 
 Linux Mint のホームページを見ていたら Debian Edition がリリースされていた。 ということで、使わせていただくことに。

  Cinnamon 32-bit バージョンをダウンロードし、DVDR に焼いてインストール開始。 Ubuntu は消した。

 インストールが終わっても 日本語入力ができないのでMOZC を入れた。 今回は MOZCのみ。
   ibus-mozc
   ibus-gtk 
  ibus-gtk3 
   im-config
   mozc-utils-gui
 をインストールし、再起動。

 ついでに、標準のフォントがあまり気持ちよくないので IPAフォントもインストール。

 古いマシンとはいえ一応「デュアルコア」なのだが、32bitバージョンだとシングルコアでしか動いていない。  カーネルを変更する。
 linux-image-3.11-2-686-pae
 linux-headers-3.11-2-2686-pae
 をインストールして再起動。 ちゃんとデュアルコアで動くようになった。

  これも、Linux Mint で書いている。 

 あとは、プリンタをインストールしたり実用性を高めなくては!

 Xfce にしようかな。

 

Screenshot_from_20140507_230058

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2014

AOA150 へ Linux Mint

 相も変わらず迷惑メールはやってきているが少なくなってきた。 その代わり今度は「投資が...ナントカ」というメールがやってくる。 このメールも worldstrema.nl で送られてきているし、誘導しているドメインはお名前.com がレジストラだったので同じグループのやつらだろう。 
 昨日(1/15)が19通、今日が4通とぐっと減った。 下半身用の薬の迷惑メールは昨日からきていない。

 さて、本題、AOA150。
 今となってはあまり使い物にならない(かもしれない)ネットブック。 WindowsXP は消してしまっていて、今はUbuntu 10.04 を入れてある。 こいつにLinux Mint 16 をインストールした。

Sc

 インストール直後は日本語は表示できるが、入力ができないので、
scim
scim-tables-ja
scim-modules-table
libscim8c2a
scim-anthy
をインストール、ついでに
ibus-mozc
mozc-sever
mozc-data
をインストール。  「入力メソッド」で設定。

 なんとなく標準では重いので、xfce をインストール(#apt-get install xfce4)
Sc2_2

だいぶ軽くなった。 立ち上がりも速い。

 プリンタはブラザーのホームページからドライバをダウンロードし、 VineLinux の時同様インストール。 手順はホームページの説明通り。 もちろん、こちらは Ubuntu ベースなのでdeb形式でインストールするくらいだ。
 ただ、今回はブラザーのプリンタドライバをインストールしたら「MFCJ980DNをインストールしました」というメッセージがでたので、システム設定のプリンタを見たら、MGCJ980DN はインストールされていた。 usb に設定されていたので、プロパティのURI を変更し、ネットワークプリンタ(lpd/lpr)で設定をした。 
 スキャナも同様にインストール。

/var/spool/ に lpd ディレクトリを作る
#mkdir /var/spool/lpd

その後ダウンロードしたドライバファイルをインストール
#dpkg -i mfcj980dnlpr-3.0.0-1.i386.deb
#dpkg -i mfcj980dncupswrapper-3.0.0-1.i386.deb

あとはシステム設定のプリンタでネットワークプリンタの設定をすれば終わり。
 
 スキャナは手順はVineLinux と同じ。
ダウンロードしたファイルをインストール
#dpkg -i brscan4-0.4.2-1.i386.deb
ネットワークスキャナを登録
#brsaneconfig4 name=SCANNER model=MFCJ980DN ip=192.168.1.11

簡単に終了。

私はあと、
#apt-get install xsane
で XSane をインストール。
 



 テストプリントをスキャナで読み込んでみた。 (xsane) 縮小してある。
Out   

 結構使える。

 






 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 12, 2014

いい加減にしてくれ 迷惑メールその7

 すごい勢いできている。
 金曜日(1/10)はなんと18通。 B-CASのやつが、11通、「...してますか」のたぐいが7通。
 土曜日(1/11)は12通 B-CAS 4通、「...してますか」系7通、表題、本文なしが1通。
 今日(1/12)は9通に減った。 B-CAS4通、「...してますか」4通、表題、本文なし1通。

 ドメインを変えてきていた。 レジストラはお名前.comだった。 いつもと同じ。 こんなに安易にドメイン名を登録させる方も悪いと思うぞ。
 次から次へドメインを登録しているようだが...
 ひどいものだ。

 本当にメールアドレスを変えようと思う。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 08, 2014

VineLinux 6.2 MFC-J980DN

 今日もきている迷惑メール。  本当にやめてほしい。

 Vine Linux 6.2 でブラザーの複合機を使うことにする。 こっちがメインマシンなので、使えないと意味がないからね。

 ドライバはブラザーのホームページからダウンロードできる。 新しい機種でもこうやってくれると本当にうれしい。

 lpd/lpr ドライバー mfcj980dnlpr-3.0.0-1.i386.rpm と
  cups用wrapper  mfcj980dncupswrapper-3.0.0-1.i386.rpm をダウンロードし、

インストール
#rpm -ivh  mfcj980dnlpr-3.0.0-1.i386.rpm
#rpm -ivh  mfcj980dncupswrapper-3.0.0-1.i386.rpm

終わったら システム → システム管理 → 印刷 で通常通りインストールするだけだ。
 追加のボタンを押して ネットワークプリンタ → lpd/lpr ホストまたはプリンター 
LPD ネットワークプリンターの場所 のテキストボックスに MFC-J980DN のアドレスを入力して検索ボタンを押せば探してくれる。 キューも入力されるもので問題はない。
 進むを押して、ドライバーの選択から Brother → MFCJ980DN CUPS を選択すれば終わり。

 色々、Vine Linux って面倒くさいことが多いのだが、ブラザーが rpm でパッケージを用意してくれているのでとっても楽だった。 


 さて、ついでにスキャナ。
 brscan4-0.4.2-1.i386.rpm  をダウンロード。 スキャンツールは XSane をインストールしてあるので、いらないかなと思ってダウンロードしなかった。 ブラザーの説明を見ても特にいらないような気がしたから。
 インストール
#rpm -ivh brscan4-0.4.2-1.i386.rpm

 この後、スキャナを登録する。(私のMFC-J980DN は 192.168.1.11に設定してるので)
#brsaneconfig4 -a name=SCANNER model=MFCJ980DN ip=192.168.1.11

 これで終わり。 あっけないなぁ。 ちゃんとプリントもできてスキャンもできた。 少しトラブルがあった方が面白いのに...

 テストプリントしたやつを XSane でスキャンした。 (縮小してある)

Out

 VineLinux も結構よいですぞ。 
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2014

怒りの迷惑メール  その6

 毎日よく来るねぇ~ ちょいと最初の頃はおもしろがっていた部分もなくはない。 
 さすがに頭にくるな。

 今日は「中学生のような...○○力..」というメールが1通だけ
Received: from c2.coreserver.jp (c2.coreserver.jp [202.172.25.103])
だった。
 あとはいつも通り worldstream.nl から。

 B-CASのやつは22:43現在で11通。 また誘導ドメインを変えてきていた。 今度は zzz999.info だ。パターンは同じ。 レジストラはお名前.comで同じ。 whois の最初の方はこの通り。
Domain ID:D51323627-LRMS
Domain Name:ZZZ999.INFO
Created On:05-Jan-2014 16:43:08 UTC
Last Updated On:05-Jan-2014 16:43:39 UTC
Expiration Date:05-Jan-2015 16:43:08 UTC
Sponsoring Registrar:GMO Internet, Inc. d/b/a Onamae.com (R110-LRMS)
Status:TRANSFER PROHIBITED
Status:ADDPERIOD
Registrant ID:14363495478
Registrant Name:naoya nojiri
Registrant Organization:personal
Registrant Street1:Otobe
Registrant Street2:
Registrant Street3:
Registrant City:Tsu-shi
Registrant State/Province:Mie
Registrant Postal Code:514-0016
 

 レジストラもこのような同じパターンでいくつも登録しようとしていたら受け付けなければよいのではないのか。 レジストラも共犯とも言えないだろうか。
 今度は三重県だ。 毎日ドメインをとっているのか? 
 

 下半身用薬のメールは今日は2通だけ。 でも、冒頭に書いたcoreserver.jpからのメールはドメインを変えていた。 今度のは777dd777.info これも同じパターンだ。 
これは netowl.jp レンタルサーバ、star domain がレジストラ。 netowl.jp とstar domain は同じ会社なので、こいつはnetowl.jp で渡り歩いているのだろうか。 登録者は netowl.jp の住所、電話番号だった。 whoisの冒頭部分。

Domain ID:D51269999-LRMS
Domain Name:777DD777.INFO
Created On:27-Dec-2013 07:12:27 UTC
Last Updated On:27-Dec-2013 07:12:31 UTC
Expiration Date:27-Dec-2014 07:12:27 UTC
Sponsoring Registrar:Netowl, Inc. (R650-LRMS)
Status:CLIENT TRANSFER PROHIBITED
Status:TRANSFER PROHIBITED
Registrant ID:P-1313811428
Registrant Name:Star Domain
Registrant Organization:Netowl,Inc.
Registrant Street1:(netowl.jp の住所←とりあえず伏せときます、興味のある方は検索してくださいね)
Registrant Street2:
Registrant Street3:
Registrant City:Kyoto
Registrant State/Province:Kyoto
Registrant Postal Code:604-8006
Registrant Country:JP

 これじゃ netowl.jp がやっていると言われても仕方ないんじゃないか。 早急に対策してもらいたいものだ。
 でも、こいつは2013/12/27に登録しているんだね。 一気にいくつくらいドメイン、サーバーとるんだろうな。
 それだけの投資効果があるのだろうか?

私のメインのメールは今はなくなってしまったプロバイダで、あるプロバイダに吸収され、さらにそれが事業の整理で別の某プロバイダに吸収されてしまったところのもの。 その古いメールアドレスが使えるのはよいのだが、三社に渡ってきているので現プロバイダではフィルターがかけられない。 現プロバイダからもらったメールアドレスだとプロバイダのメール拒否が設定できるのだが、昔から使っているこのメールアドレスは仕事にも使っているので、廃止、変更は難しい。 そんなこんなでメールソフトでフィルターをかけているのだが、突然冒頭のように coreserver.jp とかでこられるとフィルターがかからない。 ここから続けてくるようならここもフィルターで設定しよう。
 nifty は niftyserve のころからプライベートで使っているので、nifty のメールに仕事関係は入れたくないしな。 nifty のメールには多分niftyがフィルターをかけているためかこない。 
 そろそろ、古いメールアドレスは廃止しようか... 

 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 06, 2014

ちょっと飽きてきた 迷惑メール5

 今日もたくさんきているなぁ~

 B-CASのメールが11通。 全部携帯キャリアのメールを装っている。
 「○○○しましたか」とか「○折れしてませんか」というのは今日は少なくて2通。

  Received: from customer.worldstream.nl (148.85.139.5.donpac.ru [5.139.85.148]
 なので、有無を言わず迷惑メールフォルダー行きなので、気にしなきゃ良いんだけどさ。

 B-CAS買えと言うやつは誘導するドメインをまた変えていた。

 夜中に来ていたものは vvv666.info
 登録者 yousuke ueda さんらしい。 今度はなんと登録住所は原町田だそうだ。 ホントいい加減だよ。 レジストラはお名前.com 
 朝から来ていたものは xxx888.info
 登録者 takasi toda さんだそうだ。 登録住所は今度は大阪は富田林だそうな。 どうなってんだ、全国的組織か? 日本を網羅した迷惑メール発信基地か? これもレジストラはお名前.com
 
 それ以外のいやらしい迷惑メールの方の誘導されるドメインは前日と変わらない。

 すごいね、東京かと思えば群馬、終いには大阪。 あ、京都もあった。 ドメイン登録するのにもう少し審査とかしたらどうですかね。

 いい加減飽きてきたな。


 お願いだからもうやめておくれ、 どうせB-CASカードも、エッチな薬も買わないからさ。

 あれ?!こんな薬販売していて薬事法違反なんでないの? それとも、「薬」じゃないのか?
 

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 05, 2014

同じ奴から今度は...迷惑メール4

 全く変わらずB-CASの迷惑メールがやってくる。 

  が、

 今度は、「毎朝ギンギン○○してますか」とか「昨日○○○しましたか」 とか「○折れしてませんか」 なんぞという、まぁ失礼なメールが来る。
 こいつは携帯キャリアのメールアドレスは使っていないが、やっぱり好い加減なメールアドレス。 でも、ヘッダを見ると 送信元はworldstream.nl が絡んでいる。
 しかも、誘導しているサイト  555ii555.info というドメイン名の付け方があきらかにB-CASメールのやつと同じ付け方。 きっと同じやつなんだろう。
 この555ii555.info は netowl.jp のレンタルサーバらしい。 レジストラはstar domain で前回と同じだ。 だから、同じやつだ。
 しかも、whois で検索すると 登録者、登録住所、登録メールアドレスすべてがnetowl のものだった。 まるで netowl という会社がやっているみたいに見えるぞ。 いいのか? それで。

 ヘッダに worldstrem.nl が入っているので、まっすぐ迷惑フォルダー行きなのでよいのだが、本当に鬱陶しいぞ。

 レジストラも、レンタルサーバー事業者もナントカできないのか?
 それとも共犯か?

 こいつはメールアドレスを変えないとだめかな? でも、メインで使っているメールだから変えると色々面倒なんだよね~



 



 我ながら、今年はマメに書いているなぁ... ネタがつきたら続かないけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧