« 介護 ついにベッドを導入 | Main | 社団法人日本IT調査会 だとさ »

June 20, 2014

手回しの良さに驚いた...

 母親の具合も思わしくなく、ものを食べないので困ってはいる。 水分もなかなか摂ってくれない。 水分もトロミをつけないとむせる。 
 今は、エンシュア、経口補水液(OS-1)がメインだ。 

 先日、往診の医師には夏は越せないだろうと言われた。  食事も摂っていないので、薬の一部もやめた。 
 いよいよ、終末に向かっている感じだ。  私もいろいろな意味で準備をしておかねばならない時期にきたようだ。

 訪問看護に来てもらう時にとりあえず水分の点滴をしてもらうことにした。 大した助けにはならないだろうが、少しは良いだろうという判断。 


 でもね、91歳。 すごいよ。 自分がこんな年まで生きていく自信はないもの。 私も残された時間はどの程度なのかはわからないが、やりたいことはやっておいた方がいいよね。 今はそんな時間はとれないけど。 

 この人の残された時間はあとどのくらいなのだろうかと思うと切なくなるね。


 今日、仕事から帰ってくると留守電が.. 聞いてみると

 なんと 葬儀社!

 
 まだ生きてますけど! なくなってませんけど!!

 手回し良すぎてひっくり返りそうだった。 

 でも、この情報網大したものだね。 病院から? 個人情報そんなに簡単に流すのかな? 父親が亡くなった時もすぐ何件か葬儀社から電話きたからな~

 人の死を商売にしているとはいえ、あまり手回しの良すぎるのも考え物だと思うが...


 後、残りの日々この人のために何ができるのだろうか...
 

|

« 介護 ついにベッドを導入 | Main | 社団法人日本IT調査会 だとさ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 手回しの良さに驚いた...:

« 介護 ついにベッドを導入 | Main | 社団法人日本IT調査会 だとさ »