« いい加減にしてくれ 迷惑メールその7 | Main | Nexus5 »

January 17, 2014

AOA150 へ Linux Mint

 相も変わらず迷惑メールはやってきているが少なくなってきた。 その代わり今度は「投資が...ナントカ」というメールがやってくる。 このメールも worldstrema.nl で送られてきているし、誘導しているドメインはお名前.com がレジストラだったので同じグループのやつらだろう。 
 昨日(1/15)が19通、今日が4通とぐっと減った。 下半身用の薬の迷惑メールは昨日からきていない。

 さて、本題、AOA150。
 今となってはあまり使い物にならない(かもしれない)ネットブック。 WindowsXP は消してしまっていて、今はUbuntu 10.04 を入れてある。 こいつにLinux Mint 16 をインストールした。

Sc

 インストール直後は日本語は表示できるが、入力ができないので、
scim
scim-tables-ja
scim-modules-table
libscim8c2a
scim-anthy
をインストール、ついでに
ibus-mozc
mozc-sever
mozc-data
をインストール。  「入力メソッド」で設定。

 なんとなく標準では重いので、xfce をインストール(#apt-get install xfce4)
Sc2_2

だいぶ軽くなった。 立ち上がりも速い。

 プリンタはブラザーのホームページからドライバをダウンロードし、 VineLinux の時同様インストール。 手順はホームページの説明通り。 もちろん、こちらは Ubuntu ベースなのでdeb形式でインストールするくらいだ。
 ただ、今回はブラザーのプリンタドライバをインストールしたら「MFCJ980DNをインストールしました」というメッセージがでたので、システム設定のプリンタを見たら、MGCJ980DN はインストールされていた。 usb に設定されていたので、プロパティのURI を変更し、ネットワークプリンタ(lpd/lpr)で設定をした。 
 スキャナも同様にインストール。

/var/spool/ に lpd ディレクトリを作る
#mkdir /var/spool/lpd

その後ダウンロードしたドライバファイルをインストール
#dpkg -i mfcj980dnlpr-3.0.0-1.i386.deb
#dpkg -i mfcj980dncupswrapper-3.0.0-1.i386.deb

あとはシステム設定のプリンタでネットワークプリンタの設定をすれば終わり。
 
 スキャナは手順はVineLinux と同じ。
ダウンロードしたファイルをインストール
#dpkg -i brscan4-0.4.2-1.i386.deb
ネットワークスキャナを登録
#brsaneconfig4 name=SCANNER model=MFCJ980DN ip=192.168.1.11

簡単に終了。

私はあと、
#apt-get install xsane
で XSane をインストール。
 



 テストプリントをスキャナで読み込んでみた。 (xsane) 縮小してある。
Out   

 結構使える。

 






 

 

|

« いい加減にしてくれ 迷惑メールその7 | Main | Nexus5 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47007/58958713

Listed below are links to weblogs that reference AOA150 へ Linux Mint :

« いい加減にしてくれ 迷惑メールその7 | Main | Nexus5 »