« いい加減にしてくれ 迷惑メールその7 | Main | Nexus5 »

January 17, 2014

AOA150 へ Linux Mint

 相も変わらず迷惑メールはやってきているが少なくなってきた。 その代わり今度は「投資が...ナントカ」というメールがやってくる。 このメールも worldstrema.nl で送られてきているし、誘導しているドメインはお名前.com がレジストラだったので同じグループのやつらだろう。 
 昨日(1/15)が19通、今日が4通とぐっと減った。 下半身用の薬の迷惑メールは昨日からきていない。

 さて、本題、AOA150。
 今となってはあまり使い物にならない(かもしれない)ネットブック。 WindowsXP は消してしまっていて、今はUbuntu 10.04 を入れてある。 こいつにLinux Mint 16 をインストールした。

Sc

 インストール直後は日本語は表示できるが、入力ができないので、
scim
scim-tables-ja
scim-modules-table
libscim8c2a
scim-anthy
をインストール、ついでに
ibus-mozc
mozc-sever
mozc-data
をインストール。  「入力メソッド」で設定。

 なんとなく標準では重いので、xfce をインストール(#apt-get install xfce4)
Sc2_2

だいぶ軽くなった。 立ち上がりも速い。

 プリンタはブラザーのホームページからドライバをダウンロードし、 VineLinux の時同様インストール。 手順はホームページの説明通り。 もちろん、こちらは Ubuntu ベースなのでdeb形式でインストールするくらいだ。
 ただ、今回はブラザーのプリンタドライバをインストールしたら「MFCJ980DNをインストールしました」というメッセージがでたので、システム設定のプリンタを見たら、MGCJ980DN はインストールされていた。 usb に設定されていたので、プロパティのURI を変更し、ネットワークプリンタ(lpd/lpr)で設定をした。 
 スキャナも同様にインストール。

/var/spool/ に lpd ディレクトリを作る
#mkdir /var/spool/lpd

その後ダウンロードしたドライバファイルをインストール
#dpkg -i mfcj980dnlpr-3.0.0-1.i386.deb
#dpkg -i mfcj980dncupswrapper-3.0.0-1.i386.deb

あとはシステム設定のプリンタでネットワークプリンタの設定をすれば終わり。
 
 スキャナは手順はVineLinux と同じ。
ダウンロードしたファイルをインストール
#dpkg -i brscan4-0.4.2-1.i386.deb
ネットワークスキャナを登録
#brsaneconfig4 name=SCANNER model=MFCJ980DN ip=192.168.1.11

簡単に終了。

私はあと、
#apt-get install xsane
で XSane をインストール。
 



 テストプリントをスキャナで読み込んでみた。 (xsane) 縮小してある。
Out   

 結構使える。

 






 

 

|

« いい加減にしてくれ 迷惑メールその7 | Main | Nexus5 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference AOA150 へ Linux Mint:

« いい加減にしてくれ 迷惑メールその7 | Main | Nexus5 »