« 携帯を置き忘れた | Main | 地に落ちた都知事 »

December 07, 2013

たいしたことがないような、あるような話

 今日仕事中、正確には昼飯を食らっていた時。 介護ヘルパーさんから着信。 

 「お母様が胸が痛いとおっしゃってます。 つらそうです。 特に咳をするといたいみたいです。」

 あれ? また圧迫骨折でもしたか。 骨ももうボロボロだからな。 今度は肋骨か... それとも心臓か...ま、元々心臓の悪い人なので..

 で、会社を早退。

 家までほぼ一時間。 いつも行く診療所は土曜日は午前中だけなので、本院の方に行くつもりだ。

 家に着いて、母親の様子をみると、どうやら心臓の心配は無さそうだ。 こいつは肋骨、胸骨にヒビでも入ったかなと思った。  

 タクシーに来てもらい、母親を乗せて病院に行った。 こっちの本院の方は3月に退院して以来。 

 途中、救急車で運ばれてきた人がいたり、病院もあたふたしていた。 忙しいね、年末は。

 さて、診察してもらい、心電図、胸のレントゲンを撮った。 退院した時と大きくは変わっていないし、心電図も問題ないと言われた。  レントゲンでは小さなヒビはわからないかもしれない。 大きく骨折してもいないので、痛み止めで様子を見ようという事になった。 
 また入院かな...とある程度覚悟していったのだが、そのようなことはなかった。

 じっとしていると痛くないようだ。 

 なんだ?原因。

 いろいろ検査してくれたりしたので、2時間くらい病院にいた。  本人も疲れたかもしれないが、私も疲れた〜

 しばらく様子見だ。  

 それにしても、ほとんど歩けない人を連れて行くのは辛いね。

 あ〜〜 難儀だった。



 

|

« 携帯を置き忘れた | Main | 地に落ちた都知事 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47007/58715825

Listed below are links to weblogs that reference たいしたことがないような、あるような話:

« 携帯を置き忘れた | Main | 地に落ちた都知事 »