« 大津の自殺生徒 ひどい話だ | Main | 総理の詭弁 »

July 11, 2012

ユキとニナ

 「ユキとニナ」というDVDを観た。 全体的に評価は高いみたいだが、私にはそんなに面白いと思えなかった。

 普段なら絶対観ないジャンルの映画ではあるが、何で観たかというと..あのおバカ映画TAXi2に出ていた、ツユ(・シミズ)さんが母親役で出演していたからという理由だけ。

 ストーリーの骨格がしっかりしていない、行き当たりばったりに撮っているように思えた。 音楽で言えば、ソナタ形式の音楽ではなく、色々なエピソード、動機を集めた即興曲のようなものと感じられた。 まとまりは感じられない。

 森のシーンではユキがニナを後にして奥に入っていくが、「まさか森を抜けたら日本だった、なんてことはないだろうな」と思いながら観ていたら、やっぱり日本だった。 それも、日本の原風景とでも言いたくなるような、善意にあふれた日本だった。 
 これは今までの「現実」から逃避するためなのか? 映画のテーマとしてはこれがきっかけでユキが成長し、日本に行くことになると言うことらしいのだが、納得しかねるところがある。 
 森に戻ったところに、ユキを探しに来た父親がいた、というのもあまりに安易すぎるような気もした。 かなり広そうな森で、そんなに簡単に見つけられるのだろうか。 ちょいとローカルな話だが、水元公園でも迷子になったらなかなか探せないけど...
 映像はきれいだった。 空気感というか、空間感覚というか、うまく言葉が見つけられないけど、森のシーンが一番。


 途中寝てしまいそうになるほど、物語は淡々と進む。

 私には「芸術的映画」はむかないかも.... TAXi みたいな世間的には「アホ」映画の方がいいかも。 

 「両親の離婚を友達と様々な手段で止めようとする子供」というテーマなら、面白いコメディが作れそうだけどね。

 

|

« 大津の自殺生徒 ひどい話だ | Main | 総理の詭弁 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ユキとニナ:

« 大津の自殺生徒 ひどい話だ | Main | 総理の詭弁 »