« June 2012 | Main | August 2012 »

July 27, 2012

BJC-50V さらにしつこく続き

 BJC-50v なんぞという、古くて連続給紙もできないプリンタを何故使っているかというと、それはずばり小さい、場所を取らない、ということにつきるのであった。 ともかく小さい。 バッテリはとっくに死んでいるので、昔のように持ち運んで印刷はできないが、今となってはこんな小さいプリンタを見つけることはできないだろうな、といっても最近プリンタの売場には行っていないので、どうだかわらかんけど。 
 今時のプリンタというと、みんなでかくて場所をとるものばかり。 たいした印刷をするわけではないので、こんなので十分なのだ。 


 一昨日、BCI-10 でネットで検索していたら、ケーズデンキのオンラインショップで在庫が有ることが判明。 早速注文した。 で、今日仕事から帰ってくると届いていた。

 こいつは純正インクと、詰め替えインクで比較しないといかん!と思った。 

 キャンドゥの詰め替えインク入れたカートリッジとcanon純正インクのカートリッジで印刷してみた。 紙はあえて普通のコピー紙(スーパーで500枚298円で売っていたもの)

 印刷したものをスキャナで取り込んでみた。 


キャンドゥの詰め替えインク使用
Tumekae_2

 封を開けたばかりのBCI-10

Canonink_2

 詰め替えインクの方が、やっぱりというかにじんでいる。 そのせいで、文字が少し太くなるのと乱れているようにも見える。
 詰め替えていないCanon のカートリッジは輪郭がしっかり出て文字が美しい。

 逆に楽譜の画像ファイルは詰め替えインクの方がよく見えるのはナゼ?

 詰め替えインク

Tsumekae2

Canon インク

Canonink2_2



詰め替え

Tsumekae3


Canon インク

Canonink3




 ま、この程度と言えばこの程度の差だ。 このプリンタのインクも、もう手に入らなくなるから、今手持ちを使い切ったら詰め替えインクで使えるだけ使おう。 
 今回はブラックのみのインクだったから、カラーインクなくなりそうになったら、キャンドゥ詰め替えインクと比べてみよう。  

 壊れたら今時のでかいプリンタを購入することになるのか...ね。




 「詰め替えインク」で検索してみると、様々なところが販売しているんですな、初めて知った。 サンワとかエレコムとかが売り出しているのは知っていたけどね。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2012

BJC-50Vさらに続きの続き

 先日某量販店に行ったとき、インク売り場を覗いた。 BCI-11 Black, Color, BCI-10 それぞれもうなかった。 ついに来るときが.. 使えなくなっちゃうのか... ま、アキバの巨艦店舗は最近見に行っていないが、あってももうじき終わりなんだろうな。

 で、今日は病院の日。 先週母親の血液等の検査をしたので、結果を聞くのと、薬をもらいに行ったのだった。
 母親の健康状態は良いらしい。 数値的には問題はないと言われた。 

 帰りに病院の近くの100円ショップ(キャンドゥ)に寄ってきた。 結構大きい。 別に目的があったわけではない、 特に欲しいものもないし。 
 売場をぶらぶらと見ていたら、なんと、キャノン染料インクの詰め替え用が100円(105円)。 ちょうど、BC10のカートリッジがなくなって困っていた。(黒だけ印刷の時、 BCI11ではすぐなくなってしまうのと、印刷スピードが遅い。)
 ま、ダメ元で買ってみた。 このためにBC10用のヘッドがダメになっても、インクカートリッジが購入できなければ意味がないので、やってみる価値はあると思った。 
 20ml 入りだ。 BCI10 に補充するなら7,8回分はありそうだ。 なんと言っても105円だからね~。

 家に帰ってさっそくやってみた。 結果は十分使える。 プリンタも長生きできるというものだ。 少し色が薄いようだが、問題はない。 コピー紙でもにじむことなく使えた。 なにやらすごく得した気分だ。 
 リサイクルインクや詰め替え用って使ったことがなかったのだが、結構いいかもね。 

 さて、今度病院の日にカラーを含めて買ってこようかな...



先ほど、ニュースで野田総理がオスプレイは安全が確認されるまで飛ばさないと言っていたが、米国側は普天間に配備することを決めているし、すでに国内に入ってしまった。 米国側の言うことを鵜呑みにして「安全」と言うのではないのか。 野田さんは何を以て「安全」と判断するのか、原発の時のように「安全」の安売りにならないように願うしかない。 

追記 

 やっぱり詰め替えインクだと、にじみはある。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2012

総理の詭弁

 総理が「ありとあらゆることをやり遂げるという改革」ということをよくしゃべっている。

 完全に開き直り。
 「増税の前にやるべきことがある」ということに対し、「国民には響きの良い言葉であるが、国難に立ち向かう政治を実現しなけらばならない。 増税の前にやるべきことではなくて、そのことも合わせ、ありとあらゆることをやり遂げる改革が必要」と述べていたが、私には何が言いたいのかさっぱりわからない。 
 「増税前にやるべきことをやる」と言っていたのは、野田総理自身だし、上記の発言ではやるのか、やらないのか理解に苦しむ。 結局は「増税」のみが目標だったのだろうとは誰しもが思うことだろう。 
 実際、こと「増税」以外では何もしていない。 一般の年金は減額し、公務員には厚くなり、公務員改革、議員の歳費、定数の問題には全く手をつけず、原発問題も、復興も政府主導では進んでいない。 復興予算も一兆円以上使わずに余らせ、「何をした」というのか。 もちろんその一兆円が無駄遣いされなかったのは良かったのかも知れないが、現状の被災地、被災した人々のために使われていたらもう少し良くなっていたのではと思う。
 ダムは着工するのかしないのか、うろうろ決断もせずに過ぎ、ついに着工するらしいが、決断したのは総理ではない。
 岩国に着いたオスプレイにしても、米国の言いなりで、前原さんが少し反論しているくらい。 総理の決断は国民には向いていない。 そもそもが、決断なんかしていないだろう。 米国の専門家ですら「危険」と言いい、7回も8回も事故を起こしている機体を日本で飛ばすのか?ましてや住宅地のど真ん中の沖縄の基地に配備しようとしている。  日本という国を守ろうと思うのなら、「オスプレイはダメだ」とひとこと米側に伝えてくれればいいじゃねーかと思う。
 とても、「国難」に立ち向かっているとは思えない。


 話は結局何が言いたいのかわからず、よくよく聞いてみれば当たり前のことしか話していない。 それも、非常に前向きに見えて、後ろ向きだ。 何もしないのと同じ。 
 急いでやるべき事をやらず、やらなくとも良いことをやろうとしている。 「増税」だけが政治生命を賭けるべきことだったのなら、サッサと辞めて欲しいものだ。 

 こんなナルシスト総理あり得ないと思うのだが...

 先の衆院選では民主党に期待した。 もう期待はしないが、これからは詐欺政党と呼ばせてもらう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2012

ユキとニナ

 「ユキとニナ」というDVDを観た。 全体的に評価は高いみたいだが、私にはそんなに面白いと思えなかった。

 普段なら絶対観ないジャンルの映画ではあるが、何で観たかというと..あのおバカ映画TAXi2に出ていた、ツユ(・シミズ)さんが母親役で出演していたからという理由だけ。

 ストーリーの骨格がしっかりしていない、行き当たりばったりに撮っているように思えた。 音楽で言えば、ソナタ形式の音楽ではなく、色々なエピソード、動機を集めた即興曲のようなものと感じられた。 まとまりは感じられない。

 森のシーンではユキがニナを後にして奥に入っていくが、「まさか森を抜けたら日本だった、なんてことはないだろうな」と思いながら観ていたら、やっぱり日本だった。 それも、日本の原風景とでも言いたくなるような、善意にあふれた日本だった。 
 これは今までの「現実」から逃避するためなのか? 映画のテーマとしてはこれがきっかけでユキが成長し、日本に行くことになると言うことらしいのだが、納得しかねるところがある。 
 森に戻ったところに、ユキを探しに来た父親がいた、というのもあまりに安易すぎるような気もした。 かなり広そうな森で、そんなに簡単に見つけられるのだろうか。 ちょいとローカルな話だが、水元公園でも迷子になったらなかなか探せないけど...
 映像はきれいだった。 空気感というか、空間感覚というか、うまく言葉が見つけられないけど、森のシーンが一番。


 途中寝てしまいそうになるほど、物語は淡々と進む。

 私には「芸術的映画」はむかないかも.... TAXi みたいな世間的には「アホ」映画の方がいいかも。 

 「両親の離婚を友達と様々な手段で止めようとする子供」というテーマなら、面白いコメディが作れそうだけどね。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2012

大津の自殺生徒 ひどい話だ

 先ほど、母親が聞いているラジオのニュースが耳に入った。 

 大津市の中学校での飛び降り自殺、あまりにもひどい話で言葉がない。 

 市の教育委員会も、学校側も対応が保身に走っているとしか言いようがない。 

 いじめる方の「人権」は守られても、いじめられた方の「人権」は無視されるのか... ほかの事件でも加害者の「人権」保護されているか..... 
 「自殺の練習」って一体どういうことだ、あり得ない。 自殺した彼の心中は察するにあまりある。 もう最後は「どうでもいいや、死んだ方が楽だ」と思ったのだろうか、哀しい。

 いじめに関わった者達、また学校も、教育委員会も加害者だ。  


 ニュースを見聞きしている限り、教育委員会の人たちも「他人事」のように思っているのではないのか? 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2012

嘘つき政権

 今、帰り。いつもと違う3kmくらい離れた駅まで歩いてきた。

 ちょうとマクドナルドがあったので、コーヒーを飲みながら書いている。 昼の時間帯だが、思ったより空いている。

 野田総理が「じわじわ」と政策を実行して行くそうだ。 あんなに増税は急いだくせにね。 しかも一般の年金は減らしておいて、公務員の年金は厚くなるようだ。 今国会中にも法案を通すらしい。 本当に信用ができない。

「批判、意見はたくさんあった、  しかし物事には様々な側面があり、あらゆる側面から検討し、結論を出さなければならない。だから、理解して欲しい」そうだ。具体的表現はなかったので、何を言っているのか理解に苦しむが、要するに、文句や意見、批判は受け付けず無視するよ、ということ。 いかにもこの人らしい言い方だ。 民主党の政権公約なんかくそくらえ、そんなのあったかいってなものだ。 少なくとも小沢さんの言い続けいていることの方が正しい。
 本来なら公約を破棄した時点で国民の信を問い直すのが筋というものだ。 くだくだとわけのわからない口調で語り、過ちを認めず、謝罪することもない。 口先で「申し訳ない」「遺憾である」とはいうものの、言葉だけ。 面の皮と嘘の皮の厚さは歴代のトップだろう。
根本的に、マニフェストを無視した時点で、民主党政権の存在理由はない。 早急に解散すべきだ。

 今朝、駅で民主党の区議がチラシを配っていた。 受け取っている人の方が圧倒的に少ない。 私も断った。 政権を取るまえは一応手にとって見ていたけどね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 01, 2012

Fedora 17

  Fedora 17 が一月ほど前にリリースされている。 インストールしてみよう。

 Fedora は積極的に使っている訳ではないので、今までも実機にはインストールしていない。 今回も VMware Player にインストールする。

 iso イメージをダウンロードし、VMware Player にインストール。  終わって立ち上げると... な~んか使いづらいなぁ。 

 なんで、Ubuntu も Fedora も Windows 8 も使いにくくしちゃうんだろね。 

 とりあえずvmware-tools をインストールしないとやりづらいので、vmware-tools を解凍して、 ./vmware-install.pl を実行したが、ウンともスンとも言わない。 あれ、...そうか、そうか、デフォルトでインストールしたからコンパイル環境が入っていないんだ...

ということで、

#yum install gcc

#yum install kernel-devel

で整えた。 その後スクリプトを実行して無事 vmware-tools のインストールができた。

Gnome3b

Gnome3_2

 地井武男さん亡くなっちゃね...残念、ご冥福をお祈りいたします。


 rpmfusion (http://rpmfusion.org/Configuration/)で、

  rpmfusion-free-release-stable.noarch.rpm
  rpmfusion-nonfree-release-stable.noarch.rpm

をダウンロードし、

   http://dl.atrpms.net/f17-i386/atrpms/stable/ にアクセスして

  libdvdcss2-1.2.11-6.fc17.i686.rpm をダウンロードしてきた。

#rpm -ivh *.rpm でインストールし、

#yum install vlc  で vlc mediaplayer をインストールした。

要するに、DVDを再生するためだ。

 使いづらいので、KDE にしようと思った。

#yum groupinstall kde

しばらく待っているとできあがり。 ついでにDVDを再生してみる。

Kde

KDE もなーんか使いづらいなぁ。

 んじゃ、XFCE にしようと思った。

#yum groupinstall Xfce

 こいつはあんまり時間がかからずにすんだ。

Xfce_3 

 これが一番使いやすいかも... ただ、DVDの再生がディスクの VIDEO_TS.IFO を指定しないと再生できなかった...
 普通に使うにはこれが軽くて一番良いかな...


 ということで、 3種類の GUI を選べるようになった。


Session


 慣れの問題もあるが、Fedora よりは Vine の方が私は良い。

 






  





| | Comments (1) | TrackBack (0)

« June 2012 | Main | August 2012 »