« BJC-50Vさらに続きの続き | Main | iPhone でip電話 »

July 27, 2012

BJC-50V さらにしつこく続き

 BJC-50v なんぞという、古くて連続給紙もできないプリンタを何故使っているかというと、それはずばり小さい、場所を取らない、ということにつきるのであった。 ともかく小さい。 バッテリはとっくに死んでいるので、昔のように持ち運んで印刷はできないが、今となってはこんな小さいプリンタを見つけることはできないだろうな、といっても最近プリンタの売場には行っていないので、どうだかわらかんけど。 
 今時のプリンタというと、みんなでかくて場所をとるものばかり。 たいした印刷をするわけではないので、こんなので十分なのだ。 


 一昨日、BCI-10 でネットで検索していたら、ケーズデンキのオンラインショップで在庫が有ることが判明。 早速注文した。 で、今日仕事から帰ってくると届いていた。

 こいつは純正インクと、詰め替えインクで比較しないといかん!と思った。 

 キャンドゥの詰め替えインク入れたカートリッジとcanon純正インクのカートリッジで印刷してみた。 紙はあえて普通のコピー紙(スーパーで500枚298円で売っていたもの)

 印刷したものをスキャナで取り込んでみた。 


キャンドゥの詰め替えインク使用
Tumekae_2

 封を開けたばかりのBCI-10

Canonink_2

 詰め替えインクの方が、やっぱりというかにじんでいる。 そのせいで、文字が少し太くなるのと乱れているようにも見える。
 詰め替えていないCanon のカートリッジは輪郭がしっかり出て文字が美しい。

 逆に楽譜の画像ファイルは詰め替えインクの方がよく見えるのはナゼ?

 詰め替えインク

Tsumekae2

Canon インク

Canonink2_2



詰め替え

Tsumekae3


Canon インク

Canonink3




 ま、この程度と言えばこの程度の差だ。 このプリンタのインクも、もう手に入らなくなるから、今手持ちを使い切ったら詰め替えインクで使えるだけ使おう。 
 今回はブラックのみのインクだったから、カラーインクなくなりそうになったら、キャンドゥ詰め替えインクと比べてみよう。  

 壊れたら今時のでかいプリンタを購入することになるのか...ね。




 「詰め替えインク」で検索してみると、様々なところが販売しているんですな、初めて知った。 サンワとかエレコムとかが売り出しているのは知っていたけどね。 

|

« BJC-50Vさらに続きの続き | Main | iPhone でip電話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference BJC-50V さらにしつこく続き:

« BJC-50Vさらに続きの続き | Main | iPhone でip電話 »