« 「波動スピーカー」その4 | Main | 亀田製菓 »

May 14, 2012

波動スピーカー 結末

 この「波動スピーカー???」もどき、結論としては、

 部屋の壁に反射するくらいの、ある程度の音量になると部屋全体に広がる。 売り文句のどこで聞いても...とか無指向性とかが実感できる。 音量が小さすぎると、かえって縮こまった感じになる。 

 音は、要するにFOSTEXのFE83EN、それ以上でもそれ以下でもない。 ただ、ユニットが横を向いているので、「カド」のとれた音とでもいうべきか...

 売りの一つである、「定位感」は普通のスピーカーの方が優れていると思う。 ビバルディの調和の幻想 op3-11 を聞いているとよくわかる。

 「リラックスし、心をき放つ」ことができるのかは、人によるだろうな。 私は普通のスピーカーでも、リラックスできるし、「心を解き放つ」という状態がどのようなものなのかはわからないが、音楽に没頭することはできる。 (楽器を弾いているときはとくにだけど)

 
 エンクロージャは紙ではなく木の方が良いと思う。 某メーカーが「紙」にしたのは原料の原価、加工のしやすさがいちばんの理由だろうと思う。 おそらくは木材を円筒に同一の品質で加工することができなかったのだろうな。 「紙を何枚も圧着して...云々」は真相はわからんな。 案外ボイド管みたいなものを使っていたりして... (厚みは違うが)

 私のは、手持ちのパーツが99%なので、200円しかかからなかったけど、概算すると スピーカー FE83EN が2,700円くらいか(2本で5,400円) スピーカーターミナルが500円くらいだ。 あとはバッフルの板、MDFなら300円くらいかな? あとはボディに使った紙200円、接着剤、吸音材、ケーブル、で1,000円もあればお釣りがきそう。 
 合計でも 7,000円くらいだ。

 某メーカーの波動スピーカーも似たり寄ったりだろう、材料は我々一般人が購入するより安く仕入れできるはずだから。 ま、仕上げが全然違うからもうちょっと金はかかっているだろうが... それでも、人件費、流通経費等考えても50,000円程度が適正価格なのでは? と思うが。 
 もっとも、安くするとかえって売れなくなるんだろうな。 ま、スピーカーも2本いらないから「10万円」というのも安いのかも...?

 音ものは、価格があってないようなものだからな。 本人が価値を認めるかどうかだから。 
 
 とっても、面白いスピーカーであることは確かだよ。

 
 
 

 

|

« 「波動スピーカー」その4 | Main | 亀田製菓 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47007/54705508

Listed below are links to weblogs that reference 波動スピーカー 結末:

« 「波動スピーカー」その4 | Main | 亀田製菓 »