« 公務員新規採用削減? | Main | 進歩しないドン・○○ーテ »

April 08, 2012

Princess of Mars

 なんと、ディズニーがあのバローズの「火星のプリンセス」を映画化したそうではないですか!

 ちょいとこれは楽しみだな... 原作通り " A Princess of Mars" にすればよかったのにな。 

 この前に実写化?された、"Princess Of Mars" (邦題 ”アバター オブ マーズ” というひどいものだが)は、いかにも低予算のショボクてなおかつ緊迫感も何にもない映画だったからね。 天国の Edgar Rice Burroughs さんもがっかりしていたんではないかなと。

 緑色人も四本腕じゃなくて、ただマスクをかぶっていただけだったし、何よりデジャー・ソリスが「なんじゃこりゃ」って感じだった。 いくら何でも、トレシー・ローズでは無理があるんではないか。 全体的に盛り上がりもなかったし、見るのがつらかった。 何度DVDを止めて見るのをやめようと思ったことか.. でも、バローズの作品を映画化したのだからと我慢して見ていた。 ま、結局は残念な映画だ。 B級映画は大好きだが、 "Attack of the Killer Tomatoes!" のようなポリシー(?)を感じられない。 中途半端。 もっとも、制作側はそんなつもりで作ったわけではないだろうが。

 ま、今度はディズニーの作品だから、期待できるのかな? 原作に忠実に作ってくれたのだろうか?

 

|

« 公務員新規採用削減? | Main | 進歩しないドン・○○ーテ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Princess of Mars:

« 公務員新規採用削減? | Main | 進歩しないドン・○○ーテ »