« 「差異化」ということば | Main | BJC-50V つづき »

February 02, 2012

BJC-50V

 いやはや、野田総理とういう人はひどい人だ。 増税することしか頭にない。 増税すればすべてうまくいくと思っているらしい。 そもそも公約違反なのだから政権をまず降りるべきなのに、詭弁をめぐらし、なんとか言い抜けようとしている。 それを野党も追い込めないのだから日本の政治は情けない。 先の衆院選で民主党に期待した一人として呆れ返るほかはない。 さっさと解散して欲しいものだ、二度と民主党なんか支持しない。

 さて、長年我が家のメインプリンタであった BJC-400J、 ついに壊れてしまった。 インクもいくつか買い置きがあったのだが.....  今更こんなプリンタを使っているひとはいないだろうね。 Windows Vista 以降ではサポートしていないがLinux では BJ-4000でドライバをインストールすると使えていた。  よくもったものだ。 家の家電製品の中でもジャー炊飯器についで長寿を保っていた。 もちろん PC 系の周辺の中では一番長く使っていた。 1995年に購入したから、なんと17年近く。
 それ以前は NEC の NM-4150 というドットインパクトプリンタを使用していた。 いや〜こいつはうるさかったねぇ、構造上仕方がないのだが。 こいつは捨てるに捨てられず、箱に入れておいてある、はっきり言って邪魔。
 この BJC-400J を使っている間にエプソン、キャノンのプリンタ(いわゆる写真画質のプリンタ)を購入したが、いずれも壊れてもうない。 あとはモバイルプリンタ BJC-50Vがある。 しばらく使っていない。 

 ま、ほとんど写真は印刷しないので、写真画質のプリンタでなくとも全然問題ない。 こいつを使うことにした。 最後に印刷したのはいつの頃?というくらい使っていない。 さぞやヘッドは詰まっていることだろうとテストパターンの印刷をしてみると意外なことに Yellow が出ないのと、ブラックの1ラインがかけている程度。 ヘッドクリーンニングを二度、ヘッドリフレッシュをしてみたらちゃんと印刷できた。  
 さて、プリントサーバに接続しようと思ったが、こいつケーブルが特殊で、普通にはつながらない。 確かジェンダーチェンジャーがあったなと探すこと30分。 セントロと D-sub 25pin のジェンダーチェンジャーを見つけだした、一安心。 ということで、プリントサーバ -- セントロ 36pinジェンダーチェンジャー -- プリンタケーブル -- D-sub 25pin ジェンダーチェンジャー -- BJC50V専用プリンタケーブル --プリンタ本体という意味もなく(意味はあるのだが)長い接続になってしまった。 800円くらいだせばセントロ、D-sub25pin 変換アダプターも売っているんだけど買いに行くのが面倒くさい。

 さて、Linux からは LPD,LPR で設定する。 型番は BJC-50 が同じだろうなと思ってこいつにした。

 テストプリントはちゃんとできた。 こんな感じ(プリントをスキャンしてみたー縮小してある)。
Bjc50v
途中までブラックがかすれていたり、ラインが抜けたりしているが、後半はちゃんと印刷されている。 今度ヘッド付きの新しいインクを買ってこよう。 

 新しいプリンタを買うかな〜 ま、当分これでいいや。


 

 

|

« 「差異化」ということば | Main | BJC-50V つづき »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47007/53887519

Listed below are links to weblogs that reference BJC-50V:

« 「差異化」ということば | Main | BJC-50V つづき »