« November 2011 | Main | January 2012 »

December 30, 2011

Virtual Box で Windows

 母親の風邪はだいぶ良いようだ。 前回のようにはならなかった。 時折セキをしているのは変わらないが、あまり「ゼイゼイ」といった感じはしなくなった。 薬が効いているのだろう。 あと数日といった所か。
 介護ヘルパーさんを全部キャンセルするんじゃなかったな.... 

 さて、食事の買い物くらいにしか出られないのでという訳でもないが、mac mini に Virtual Box をインストールした。 バーチャルマシンとしては何を入れようかと思ったが、とりあえず Ubuntu と Windows
XP にした。 Windows XP については未使用のシリアル番号をあと一つ持っていた、今後新しいマシンを作ったとしても、XP はインストールすることはないだろうと思ったから使ってしまうことにしたのだった。 
 Core2Duo とはいえT5600 なので、そんなには速くないが、さりとて遅すぎるということもない。 ま、そこそこ。 メモリは 768MB にした。
 20111230_02702

 とりあえずインストールしただけ。 

 何しようかな....



| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 28, 2011

母親が風邪を引く その2

 母親の風邪は前回よりはだいぶ良いように思える。 が、どうせ一週間はかかると思ったので、今朝仕事に行く前にケアステーションに連絡して、1月3日までのヘルパーさんを断った。 おかげで出かけることはできなくなったが、ヘルパーも正月にから介護しに来たくないだろうしね。

 昨夜は時折セキをしていたが、おおむね良く寝ていたようだ。 今日仕事から帰ってきて様子を見ていたが、トイレなど動くとやっぱり息が切れるようでゼイゼイいっている。  寝ているときは大丈夫みたいだ。
 前回は、安心していたら突然発作のようにゼンソクを起こしたので油断はできないのだが。


 早く良くなってくれないと、動きがとれない。


 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 27, 2011

母親が風邪を引く 脳梗塞その後

 12月25日仕事から帰ってくると、母親の様子がおかしい。 少しセキがでるのと鼻声みたいだ。 風邪を引かれるとまたゼンソク状態になって大変なので、翌日病院に連れて行こうと思った。 本人は「風邪なんか引いていない」と言い張っていたが、この人の「大丈夫」はあてにならない。 前回、前々回ともそれで結構ひどい目にあっているからね。 脳梗塞以来、頑迷さを増していて困っている。

 12月26日無理矢理連れて行く。 「風邪なんか引いていないのに...」と文句ばっかり。 熱を測ると36.5度、平熱の低い人なので、微熱程度か。 
 病院で熱を測ると36.4度。 ま、ほとんど変わらない。 医師に「風邪、引いたかい」と言われても、まだ「引いてない」という。 ここまでくるとたいしたものだ、と変に感心してしまった。  咳止め、熱さましと薬をもらって帰ってきた。 ゼンソク状態にならないことを祈るしかないが...
  前回は夜にゼンソク状態で大変だったが、この夜は少しセキが出るくらいで、比較的静かに寝ていた。

 12月27日。 薬のことを記した連絡用紙を介護ヘルパーさんあてに置いて、仕事に行った。 特に仕事中はヘルパーさんからの連絡もなかったので、大丈夫だったのだろう。
 仕事から帰ってきて、様子を見るが、あまり昨日と変わっていないようだ。 ちょっとセキが多いかな。 今夜、ゼンソク状態になるようだと前回の二の舞かな。 
 困ったものだ。

 風邪は3日くらいで治るものだが、この歳(88歳)にもなると直るのに一週間以上はかかるからなぁ。 


 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2011

iPhone4 圏外病?

しばらく前から、iPhone4がすぐ圏外になって困っていた。 最初はソフトバンクの電波のせいかと思っていたのだが、結構電波強度のある自宅でもなっているのに気づいてしまった。 これがもしかして圏外病?かい、と思った。
なってしまうとリセットをするか機内モードのon/offをしないと脱出できない。 最初のうちはそれで良かったのだが、このところ復帰をしたあと、電波強度のアンテナアイコンの横のキャリア表示(Softbankの文字)がでなくなった。 これって故障か? 面倒臭いなぁと思いつつ、とりあえず復元してみようと考え、復元を実行した。 本も音楽も何にもなくなったが、とりあえず正常に戻った。
どうなっているのかね〜 迷惑な話だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 21, 2011

SnowLeopard iCal とiCloud の同期

 iCloud との同期は Lion でないと同期がとれないようになっているが、 iCalについてはiCal の「環境設定」→「アカウント」→「サーバー設定」でできる。 問題はサーバアドレスを知る方法。 私の場合は Windows7 の Outlook 2007 で予定表の同期をしているので、知ることができた。 
 Outlook の 「ツール」→「アカウント設定」の「データファイルタブ」で iCloud のデータファイルの格納場所を確認する。 ( C:¥Users¥{UserName}¥AppData¥Local¥{任意の文字列} のディレクトリ)
 格納場所を確認したら "main.db" のファイルをエディタなどで "-caldav.icloud.com" の文字列を検索すると "pxx-caldav.icloud.com" (x は数値)が見つけられる、それがサーバアドレスだ。 ちなみに私の場合は "p02-caldav" だった。  他のpcで確認できない場合は、数値の部分を変えてみながら設定したら良いのかも。

 アドレスブックは p02-carddav.icloud.com でつながるかと思ったがだめだった。 どうすれば良いのだろうね。 まだわからない。

 
 Apple も SnowLeopard でちゃんと同期できるようにしてくれ!

追記
アドレスブックのサーバーは pXX-contacts.icloud.com だった。 どうやら、繋げないみたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 19, 2011

今日はデイサービスの日だが

今日は母親のデイサービスの日だ。
仕事にはいつも9:10ごろの出かける。 月曜日は9:05にはヘルパーさんがくることになっている。
ところが今日はこない。 結構遅れてくることも多いので、待っていたが、来る気配がない。 9:15にケアステーションに電話をしたが留守電でこれまた連絡がとれない。 とりあえず、出勤しないと間に合わなくなるので、家を出た。 歩きながら再び電話。 でも同じ。
しばらく歩いていると電話がかかってきた。
「ヘルパーが家を出ようと思ったら自転車が盗まれていて出かけられなかった」とのことだった。
色々言いたいこともあったが、電話を切り、家に走って戻った。 ちょうどデイケアの迎えの車がきたところ。 母親にヘルパーの話をし、車に乗せるため出ようとしたら、「じゃあ行くのやめる」と言い出したので、「好い加減にしてくれ、ただでさえ仕事に間に合わないんだから行って来い」と言った。
母親をデイの車に乗せてから、いそいで駅に向かった、結局いつもより30分くらい遅い電車になった。 途中駅の接続を考えるとちょいと遅刻だ。
電車の中でこうして書いている。

ケアステーションの対応もヘルパーの意識も「責任感」を欠いているとしか思えない。
自転車を盗まれては確かに困るだろう、だからといってそれがために「仕事」を休む人がいるだろうか? ましてや仕事の中身は「介護」というひとつ間違えれば生命すら脅かすかもしれない仕事だ。 安易に考えすぎてはいないだろうか。
所詮主婦の空き時間の「アルバイト」程度の感覚でやっているのかもしれないが、対応がひどすぎないか?
ユーザー側の立場に全然なっていない。 全てが自分の都合。この種の仕事は一番利用者の事を考えなければならないものではないのだろうか。 自分がいけないのならすぐ対策を取るべきだし、クライアントにも即座に連絡をするべきだ。 それがこちらが何度か電話をし、しかも留守電、やっと連絡がついたと思ったら「今日は行けない」、おかしな話だ。

おっと降りる駅だ。

続き。
今は休憩中。 仕事にはギリギリ間に合った。

駅から職場に向かう時ケアステーションの担当者に電話をした。 電車に乗っているときに着信があったからだ。
「二度とこのようなことのないように....」とは言っていたが、デイサービスの日ではないとき来なかったのを含めれば、3回めなんだけどね。
「お願いますよ」と言って電話は切ったが、言いたいことはいっぱいあるぞ。

根本的に自分たちの仕事がどういう類のものなのかよく考えてほしいものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2011

再びmac mini cpu

 昨日帰り道に某ショップに寄ったら、Core2Duo T5600を約4000円で売っていた。 もちろん中古。 とりあえずゲットと思い、店員を探すがみんな忙しそう。 客に捕まらないように避けているとしか思えない。 レジの前でしばらくたたずんでいたが、一向に埒があかない。 歩いてきた店員に「空いてる?」ときいたが、別の客を相手にしているとのことだ。 そのまま待つこと7、8分、やっと購入。 もう二度とこんな所で買わねぇ。
 家に帰って母親の世話をし、寝かせてから作業開始。 mac miniをバラしcpuを交換。 cpu 交換は二度目。 クーラーを止めているピンが少し心配だ。
 CoreDuo T2300からの変更なので劇的なスピードの変化はない。

 これで Lionがインストールできるのかと思ったが、さすがAppleだ、できないのだ。 cpu載せ替えは許してくれない。 ネットで調べるとインストールする方法はあるようだが、そこまでLionに魅力を感じていないのでしない。
 iCalとiCloudの同期はしているので良いのだ。
 しかしAppleの既存ユーザー切り捨て体制は酷いものだ。 昔からだけどさ。 MobileMe からiCloud に移行しちゃったら戻れないんだもの。 iOS5にした時にやめときゃ良かったよ。 確かに注意事項としてあったけどな。 SnowLeopardでもちゃんと対応して欲しいものだ。
 MobileMeのようにiDiskとして使えないのも残念。 25GBあっても使い道がないじゃん。 WindowsLive のSkyDisk の方が使い勝手が良いかも。
 カレンダーもGoogleにするか.....

通勤途中iPhone で書いてみた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2011 | Main | January 2012 »