« February 2011 | Main | April 2011 »

March 16, 2011

大地震

 地震の被災された方々の避難所生活や、取り残されてしまった方々、救出に従事されている方々、ともに疲労感も相当なものだろう。 救援物資がまだ届いていないというのも気になる話だ。 寒い中毛布一枚と段ボール一つというような話も聞いた。 安否確認も未だに取れないでいる状況もあるようだ。 病院も心配だ。 社会基盤がみんな破壊されてしまったからね。

 自分になにができるのだろうかと考えてしまった。 募金か..いずれにしろ無力だ。


 政府には一刻も早く状況を改善してもらいたい。 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2011

今度は静岡で震度6

 22:30頃静岡で震度6の地震が起きた。 こちらは震度4だそうだ。 

 いつまでこの地震連鎖は続くのだろうか。 東北の地震が引き金となってずれた断層が元に戻ろうとしているのだろうか? 地震研究に随分時と金を使っていてもよくわからないのだろうな。

 静岡では余震と思われる揺れを何度も観測しているようだ。 

 関東、東海地震の引き金にならなければよいのだが... 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

地震の影響

 福島の原発といい、輪番停電の影響といい、全くひどいものだ。

原発は多くの人の反対を押し切り、他の発電方法の検討もせず、ひたすら原子力にこだわった結果だ。 日本の技術力をもってすれば「安全」と謳いつづけた。 コマーシャルも原子力は「クリーン」「安全」と言い続けた。 チェルノブイリの事故の時も日本のは安全だから、あんなことは起きないと言っていた。
 だが、多くの人が危惧していたようになった。 大丈夫なのか? 枝野さんが「チェルノブイリのようにはならない」と会見で言っていたが、信頼できる話ではない。 今までの経緯も会見の内容とはずいぶん違う。
 「想定外だった」などと言っていたが、どこまで「 想定」が甘いんだと言いたい。 ホリエモン事件以来この「想定」という言葉がよく使われるが、軽々しく使わないでもらいたいと思う。
 東電の社長は何をどのように考え対策はあるのか、正しく正確に誠意をもって国民と地域の人々に説明をしたらどうだ?
 国の対策もお粗末極まる。 この期に及んでも東電に丸投げ、総理は何もせず文句を言っているだけだ。 わからないのなら、有識者、原子力の専門家に意見を聞いて早急に国としての対策を打つべきだろう、国と国民を守るつもりなら。

 輪番停電だってそうだ。  計画停電と言いながら全くの無計画停電ではないか。

 「社長、原発がいかれたので電気が足りなくなりそうです。 変電所を止めていいですかぁ?」
 「しょうがねーな、とりあえず節電のお願いをカタチだけでいいからやってからだな。 後、国にも連絡しとけよ」
 「へい、了解しました」
………
 「すいません、東電の担当なんですが、電気が足りなくなりそうなんで、変電所止めたいんで総理におねがいできますか」
で、総理が出て、
 「なんで電気が足りなくなるの? え?原発が止まったの? しょーがねーなー、でもさ、官邸のところとかさ、止めないでよ、電気ないとこまるからさ」
 「はい、大丈夫っす、止めるの一般大衆のところだけっす」
 「じゃぁ、いいよ。 会見は深刻そうにやってね。 俺もさ、深刻ぶってやるからさ」
てな調子で決めたんじゃねーかと俺は思う。

 全てはおのれの責任を棚にあげ努力もせず、他人事のような対応の東京電力と安易に許可を出した菅無能総理の責任だ。 みんなの前に出て土下座して謝れ。 それでも許せないけどな。 全然自分たちの責任を感じていないのだろう。
 さっさと総理を辞めたらどうだ、 能力ないんだから。

 ともかく原発をなんとかしてくれ、東電に任せてはいられる状況ではないだろう。 総理が東電の担当を呼んで怒っている暇があったら、自衛隊でも他国でも動かしたらどうだ。 あとは、国民に正確な情報を提供することだ。

 現状なら菅総理は必要もなければ邪魔なだけだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 14, 2011

輪番停電の影響

 輪番停電の影響でひどいものだ。 電車はロクに走らない、そもそも、停電のスケジュールもわかりにくい。 昨夜、東京電力のホームページはアクセスが集中しすぎて開かなかった。またyahooなどに載っていた情報と今朝の新聞の中身が若干異なる。 全然ユーザーの立場になっていない。 もっとも、社長の会見も言葉の上滑りで「申し訳ない」なんて気持ちがつたわってこなかった。 今この時代に「電気」がなかったら、どうなるのか容易に想像が付くはずだった。 最低のインフラは残すべきだ。 安易に地区決めをして変電所を止めるのは如何なものかと思う。 想定される電力と供給能力が折り合わないのはしかたがない、ならば社長自ら全従業員が節電のお願いでユーザーとコンタクトを取るくらいの気持ちでいてもらいたいものだ。 
 そもそも原発は「安全」で大地震にも耐えられるといっていたくせにこの体たらくだ。 チェルノブイリ、スリーマイル島のようにならないコトをいのるだけだ。 

 地下鉄が大幅に減便されているので激混み。 めちゃくちゃ。  あげく先行する電車で急病人発生。 どうなることやら…   私は混むのは嫌なので、下りに乗って反対側の終点からJRに乗って行こうと思って家を出た。 JRは区間運転しかしていないので、乗ったらそんなに混んでないかも… という甘い考えで逆方向に乗ったのだった。  しかし、しかし、なんと運行していなかったのだった。 ちゃんと調べればよかったのだが、首都圏でしかも、幹線ともいうべき路線が止まるとは考えなかった。 しかたがないので、もう一度地下鉄へ。 入場規制の後、ようやく乗車。 前の方に並んでいたので、座れたのは幸運か。 

で今やっと京浜東北線。 混み具合はいつもとあまり変わらないか、少し混んでいる程度だ。 
こうしてiPhoneをいじれるからね。

この状況はいつまで続くのだ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2011

大地震 

 びっくりした。 こわかった。

 職場で 14:46 ゆっくり揺れ始めそのうち立っているのも難しくなった。 とりあえず、従業員全員避難。 建物の外に出る。 それでも、揺れている。

 電車はみんな止まってしまった。  東北では大災害だ。 被災された方々、亡くなられた方々。 ひどいものだ。 M8.8 なんてものすごい地震がおきるとは...

 その後も三陸沖だけでなく、茨城、福島、伊豆諸島と連鎖反応のように地震が起きている。 今、午前1時15分だが、まだ揺れ戻しがあるようだ。 余震はいつまでつづくのだろうか。

 職場はいつもより2時間以上早く終業した。 だが、電車が JR、地下鉄、私鉄みんな止まっている。 バス、タクシーは長蛇の列。 もっとも、バスでは乗り継ぎを考えても帰れない。 処置なしだ。
 駅の反対側のヨーカ堂に行って、自転車でも買おうかと思っていってみたが、みんな考えることは同じらしく長蛇の列。 もう、すでに5万円以上のものしかいないようだった。 それに、買えたとしても2時間くらいは待ちそうだ。  iPhone で、経路を検索するとおよそ 25Km。 ここで、並んで、かつ待って、高い自転車を購入しても歩いて帰った方が早く着きそうだと思った。  20分ほど並んで待っていたが、19:40 歩くことにして列を離れた。

 道路の歩道は人であふれている。 車道は延々と続く車の列。  自転車で走っている人もいたが、傍若無人に走るか、歩く人とあまり変わらないかのどちらかだ。 ま、自転車を買わなくて良かった。   
 iPhone の経路通りに歩いていった。 途中浜松町の駅を通り抜けたとき東京タワーがきれいだったので、写真に撮ってきた。 20:42だった。 6.6Km を約一時間で歩いた。 信号待ちとか iPhone の経路を確認したりで立ち止まった割に良いペースだ。

  Optio RS-1000 だ。Imgp1756

 (こうして今書いている最中にも余震が続いている)


 このペースなら四時間はかからないかも..と思いながらも、途中で疲れるからペースが落ちるだろうなとも思った。

 途中、食べ物はないかなぁと思っていくつかのコンビニに寄ってみたが、棚は空っぽだった。  いい加減腹が減っているんですけどね... 仕方ないか。 といって、母親のことも心配なので、ゆっくりメシを食ってなんかいられない。 


 その後銀座、茅場町、隅田川を渡り... 


 23:20分やっと我が家についた。 意外と足も痛くない。 明日痛くなるかも...

 結局最初のペースを落とさず歩けた。 ま、途中回りに人がいないときは少し走ったけど。 

 部屋は壊滅状態。 スピーカーは倒れ、ギターは傷つき、サーバーは棚から落ち(でも、ちゃんと稼働していた)、ディスプレイは倒れ、ファイル類はそっくり棚から落ち... 母親の部屋はタンスが倒れることもなくものが散らばった程度だったようだ。 母親に怪我がなく、無事でよかった。

 東北の皆様にくらべたら、まったく問題のない程度だ。 

 なくなられた方のご冥福をお祈りするしかない。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 06, 2011

iPod Touch 暴走

 突然iPod touch が暴走し始めた。 2日ほど前、iBooks でPDFの本を読んでいたら、急に appleマーク+歯車と起動画面を延々と繰り返すようになった。 電源もきれないし、リセットしても同じ。 しかたがないので、家に帰ってからiTunesにつないだら認識したので、復元をした。「設定のバックアップ」をしてから復元をした。  復元してしばらくは問題なかったが、昨日京浜東北線のなかで使っていたら、またしてもappleマーク+歯車と起動画面を延々と...  電源も切れないので家に帰るまで同じことを繰り返していた。 

 さて、家に帰ってきて、iTunes でまた復元をしようと思ったが、 今度は「設定のバックアップ」をしないで復元することにした。 まっさらだ。 

 メールのアカウントやら再び設定しなくてはならないが、設定のバックアップに問題があるかもしれないと思った。 それに、これでだめなら修理だなと思った。

 購入したときと同じ状態にしたら、今のところ問題なく使えている。 ちょうど良い機会だったので、音楽、ビデオ、ブック、写真など当面必要なものだけにした。

 それにしても、案外不安定なんだね。  ハードウェアは iPhone4 と近いものがあるから iPhone4 でも起こったりするのだろうか? 通話中にこうなったらどうなるのかね、困るだろうなぁ。


 iPhone 3Gでは起こっていないけど...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 03, 2011

悲しみに

 知人のお母様が亡くなった。 

 0:20永眠されたそうな。 長らくベッドから動けない状態だった、危ないとのことで、急遽故郷に帰ったのだが.. 最期をみとることはできたようだ。
さぞ、つらいことだろう。 本人も体調が万全という状態ではないので、そちらも心配だが。

 ご冥福をお祈りいたします。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2011 | Main | April 2011 »