« 介護する「幸せ、不幸せ」 | Main | ドキュメントスキャナ つづき »

September 11, 2010

ドキュメントスキャナ FI-S1300

 ドキュメントスキャナを購入した。
 富士通のFI-S1300、1500にしようかと思ったのだが、少し大きいのと、ドキュメントスキャナを使うのが初めてだったので、安い方にしてみた。
 スピードも十分だ。 取り込みがこんなに速いとは思わなかった。 傷んでる古い楽譜をフラットベットスキャナで読み取っていたのがうそみたいだな。  もっとも、古い楽譜は紙も傷んでいるし大きさもA4より大きいのでこいつでは無理だ。
 雑誌をバラバラにしてスキャンしてみたが、ストレスを感じないほどだ。 紙送りも正確でちょいと感動した。 ちゃんと動くのが当然なのだが、パソコンの周辺って結構トラブルが起こるので、 こうスムースにいくと感動してしまう。 そして、処分しようと思っていた昔の文庫本を一冊バラしてスキャンしてみた。 紙も黄ばんでいると言う代物。 約300ページ。 これもそんなに時間がかからずPDFになった。 iPhoneにいれてみたが、ちゃんと読める。 今まで捨てていた雑誌とか本とかスキャンしてデータをとっておくか.... 池波正太郎の本を全部PDFにするとパソコンでもiPhoneでも読めるな、しかし池波さんの本はバラしたくないな..... 好きな作家は書籍でも読みたいものだ。
 本や雑誌をPDFにするという行為は著作権法上はどうなのだろう。 もっている本を個人的にデータにするだけだから問題はなさそうだけど、他人にくれてやるわけでも、公開するわけでもないからね。

iPhoneで帰りの電車から送信した。

|

« 介護する「幸せ、不幸せ」 | Main | ドキュメントスキャナ つづき »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47007/49417745

Listed below are links to weblogs that reference ドキュメントスキャナ FI-S1300:

« 介護する「幸せ、不幸せ」 | Main | ドキュメントスキャナ つづき »