« 脳梗塞 67 | Main | Fedora 13 その2 »

June 13, 2010

Fedora13

 Fedora13 をインストールしてみた。 5月25日にリリースされたとのことだ。 
 インストールといっても、VMwarePlayer にだけど。 (cpu Corei3-530 mem 4G host WindowsXP 仮想 PC へのメモリ割り当ては1GB)

 インストールは楽々。 ずいぶん簡単になったものだな~ Ubuntu もだけど。

 しばらく待ってインストール完了。 その後 vmware-tools をインストールして終わり。

 起動が速くなった。 全体的に軽くなったようだ。 Ubuntu も OSX も Windows もみんな新バージョンでは軽くなっているな、良いことだが… 
 起動後ネットワークにつながっていなかった。  ifconfig で見てもアドレスが設定されていなかった。 システム-設定- Network Connections で確認すると、"Connect automatically" にチェックが入ってなかった。 
 無事ネットワークにつながるようになったが、キーボードのレイアウトがちょっとおかしい。 " の入力が変だ。 以前 VineLinux で経験しことと同じだ。 キーボードのレイアウトはUSA になっているのに… 再びレイアウトを追加し、前のを削除して正常に入力できるようになった。 なんで? 

 raw 現像できるように UFraw をインストール。 DMC-LX3 の raw ファイル10個を ufraw-batch で *.ppm に現像してみたら 56秒だった。  Ubuntu 10.04 の仮想マシンでもやってみたが、こちらは 51秒だった。 面白い結果だ。 

 openoffice.org をインストール。 システムメニューの「ソフトウェアの追加/削除」からだとバージョン 3.2.0 だ。 最新はリリースされたばかりの 3.2.1 なので、openoffice 日本語プロジェクトより 最新版をダウンロードしてきた。 おや!? Oracle のロゴがついてる。 sun が oracle に買収されたからか… 以前からロゴついていたっけかな。

 やっぱり、Ubuntu の方がいいかな、使いやすいし。

 慣れの問題かもしれないけど。


 

|

« 脳梗塞 67 | Main | Fedora 13 その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Fedora13:

« 脳梗塞 67 | Main | Fedora 13 その2 »