« 猫の眠り | Main | 愚かしい政府 »

May 24, 2010

mac mini

 久しぶりに mac mini を動かした。 最近は電源すら入れていなかった。  Mac OS X (まだ10.4 だ)が懐かしい。  web browse くらいなら充分。 でも、メモリが 512MB しか入っていないので、何となく非力な感じが…
 あ、機種は MA205J/A (Core Solo HDD 60GB Memory 512MB)

 DDR2-667 SO-DIM のメモリなら、AOA150 にもともとついていた 512MB と もう一枚 512MB 持っているので(メーカーは違う、サムスンとマイクロン)、中の256MB x 2 と取り替えてみた。 2GB にしたい所だが、わざわざメモリを買ってくるのもいやだし、それほど投資する価値もなさそうだ。  
 やってから写真を撮っておけばよかったなと思った。 残念。

 で、ヘラ(お好み焼きに使っている奴)でこじ開ける。  この辺はネットで検索するといろいろな方々が載せておられる。 やり方そものは難しくない。 ただ、ちょいと勇気が必要だ。 壊れるんじゃないかと思うくらいやらないと抜けない。 ヘラは少し丈夫な奴の方がいい。 
 
 すっぽりケースを外してしまえば後はそんなに難しくない。 結構見づらいので、明るいところで作業をした方がいい。 無線LAN のアンテナ基盤を外し、ファンのコネクタを抜いて、四隅のネジ(一本だけ長さが違うので忘れないように)を外せば、DVD ドライブ、HDD のユニットが外せる。 ファンのコネクタは小さくてやりづらい、先の細いラジオペンチでやった。 外したらやっとメモリが出てくる。 スロットは二つ、DDR2-667 256MB が二枚入っているので、交換。  ドライブ類のユニットを取り付けて、電源を入れてみる。 ちゃんと立ち上がってメモリも 1GB になった。 おお、速くなった。 うれしい。 HDD も容量の大きいものと交換したいところだが、手持ちがない。 
 と、動作確認したところで、ケースをかぶせて完了。 この時も思い切ってはめないと、はまらないかも。 

 ついていたメモリは マイクロンだった。 常々思っているが、同じDDR2 なのに、アイ・オーでもバッファローでもエレコムでも Mac用と PC用のメモリって別に売っているが、何が違うんだ? 全然問題ないけど…  ま、いいや。 今更DDR2 のメモリなんか買わないし。  

 さて、メモリもちょっと増えたし、 Leopard にしよっかな。 それとも Snow Leopard か。  Snow Leopard は Tiger からだと値段が高いんだよな。 そもそも、今時 Leopard なんか売ってないか…  

 Tiger でいいや。 賢いやまねこ(Lucid Lynx Ubuntu 10.04)使ってるし。 でも、虎、豹、雪豹に比べたら、弱そうだな…山猫。 

 でも、なんで、みんなネコ科なんだ?

|

« 猫の眠り | Main | 愚かしい政府 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47007/48442809

Listed below are links to weblogs that reference mac mini:

« 猫の眠り | Main | 愚かしい政府 »