« March 2010 | Main | May 2010 »

April 30, 2010

脳梗塞 66

 母親の風邪も良くなって他人にうつすこともなかろうかと思い、今日(いや、日付が変わったので昨日)はデイにいかせた。

 行くときは渋っていたが、帰ってきたときはお風呂が気持ちよかったと言っていた。 何しろ20日ぶりだ。 家で風呂に入れるのは危険だからね。  デイに来る人たちの顔ぶれが変わっていたとも言っていた。  久々だったので疲れたらしい。 

 家にいるときに寝てばかりいないで、少しは動けばよいのだが、やる気がないのでますます動きが悪くなるのだ。 本人は寝ていれば「楽」だから。 
 デイに行かせないと本当に寝たきりになりそうだ。 困ったものだ。 

 やる気になってくれていれば、今頃は散歩ぐらいできるようになっていたのになとも思う。 

 ヘルパーさんや、デイの人たちの言うことは聞いても、私の言うことはきかないからねぇ...

 まったく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 29, 2010

捲土重来

 何気なくテレビをつけていたら 「けんどじゅうらい」 と言う言葉が聞こえた。 画面を見ていたわけではないので、どういう場面だったのかわからない、声だけ。 
 「けんどちょうらい」のことか? と思った。 広辞苑を引いてみると 捲土重来は「けんどじゅうらい」とも「けんどちょうらい」のどちらでも良いようなことを書いてあった。 

 「重」という文字は、「重いとき、量が多いとき」は「じゅう」、「かさなるとき」は「ちょう」と読むと遙か昔習ったような気がするが...  「重来」は「ふたたびくる」ということだから、やっぱり「ちょうらい」の方がしっくりくるような..  いつから「けんどじゅうらい」と読むようになったのだろうか? 10年前の四字熟語辞典には「けんどちょうらい」としか書いてなかったが...

 言葉は変化していくものだが、ちょいと寂しい気もする。

 そういえば「大舞台」を「だいぶたい」と読んだり「剣客」を「けんきゃく」と言ったり、いろいろだね。 もっとも「剣客」は「けんきゃく」という読み方が普通になりつつあるけどね。 広辞苑にも 「けんきゃく」とも と書いてあるから。

  
 ま、どうでもいいことだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 28, 2010

MovableType で ローカルブログ

Ubuntu server 9.10 にインストールした MovableType に cocolog のデータ移動してみた。 ブログのデザインをまだ全然いじっていないので、デフォルトの状態。 なんだか楽しい。 

Blogimg

 いじりなれたら、公開してみよっかな~


 HDDは500GBなので容量はたっぷり、ただフレッツ光のマンションタイプなので外側に公開すると速度があまりでない。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2010

素朴なギモン

 今日は病院に行ってきた。 母親の薬がなくなるためだ。 本人を連れて行こうと思ったのだが、行きたくないと動かなかったので一人で行ってきた。  医師も、看護師の皆さんも心配してくださっていた。 本人が行かなかったので、ちょっと申し訳なかったかな.. 一応風邪は心配ないことだけは伝えておいた。 
  
 その後用事を済ませ帰ることにしたのだが、昼飯を食べていこうと思った。 某ファストフード店に入った。
  
 のんびり本を読みながら食べていたら、隣のテーブルにまだ小学校前の子供と母親がきた。 テーブルに着いたとたんに子供に着替えをさせていた。 結構ばさばさやるので、食事しているのにこちらは迷惑だ。 全く気にする様子はない。 こんなんでちゃんと子供が育つのか? あまりに無神経すぎやしないだろうか? 他人に気を遣うことなんかないのか? どうでもいいんだろうな、自分たちのこと以外は。
 
 そうこうしているうちに、今度は英語のレッスンをし始めた。 うるさいんですけど... そんなことは自分の家でやればいい。 
 「ママの誕生日は5月でしょ? 英語で言ってごらん」 って.... 質問も英語ですればいいじゃんと思ったが、隣でこんなことをやっていられると迷惑なものだ。 それも小さな声ならいいけどね。 
 
 こんなところでまで教育するのか? 私には理解できない。  それにしても、就学前から英語なんかやらせなくとも、と思うのは私が古いのか。 ま、幼稚園から英語をやらせている人も多いと聞くから、この親子もそうなんだろうな。 きれいな日本語を話せるように教育した方が良いと思うのだが、どうなんだろうか。 
 
 ま、このうるさい教育ママも適当に終わらせる気はないようなので、あと10ページくらいで本も読み終わったのだが、出てきてしまった。 
 
 外食すると色々なことに出会う、たいしたことではないけどな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2010

Movabletype on Ubuntu 9.10

  Atom230 の LMM100s だが、 VineLinux 5.1 にしよ~かなと思ったが、せっかく Ubuntu 9.10 Server に Desktop 環境まで入れたので、やっぱりやめた。 

 MovableType を入れて、Blog in 家サーバをやってみようかと...  
 Sixapart のホームページからダウンロードすると最新版(5.0)が手にはいるが、環境を手っ取り早く作るには、 Synaptic で movabletype opensource 版を導入すると全部やってくれる、とっても簡単(ただしバージョンは4)。

 インストールが終わったら(デフォルトなら /usr/lib/cgi-bin にmovabletype がインストールされている)、

インストールした PC の

http://(host名またはipアドレス)/cgi-bin/movabletype/mt.cgi

をブラウザで開けば設定が始まる。 ユーザ、パスワード、ブログ名、入力すれば終わりだ。 

注意するのは Document root あるいは movabletype がアクセスするディレクトリに書き込み許可を与えておくことだけだな。 デフォルトなら /var/www/

 結構楽しい。 

こんな感じ、ブログの最初の記事は movabletype がインストールできたよというメッセージが入っている。
(Windows マシンからアクセス)
Image2
 
 しばらくは外側に公開しないで、内側のネットワークだけで遊んでいよう。


 もっとも、cocolog で十分だけどな。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2010

ナンバーズ3出ていない数字 その3

 久々にナンバーズ3を見てみることに。
 なんと出ていない数字の組み合わせは48個に減っていた。 一ヶ月とちょっとで3つ減った。 
 
 265,860,986 が出ていた。 次は何がでるのかな?

002 007 010 017 025 052 083 110 120 185 186 246 262 285 322 338 343 352 380 444 467 470 479 500 506 508 521 541 564 615 623 657 665 681 688 693 706 710 763 773 840 886 894 895 915 961 976 985 

 今度は買ってみるか。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2010

Linux を使うわけ

 先日、NTT のフレッツ担当のナントカさんから電話がかかってきて、「ウィルス対策ソフトは何を使っているのか」とか、「月々525円でパソコンのリモートサポートができる」とか、言っていた。  
 ウィルス対策(ウィルスクリア)が420円+リモートサポート525円で945円も余計に払っていられない。 それに、ウィルスクリアってウィルスバスターのNTT版だったよな。 ウィルスバスターは以前ひどい目にあったので、以来使ってないし。 そもそも、先日作った Core i3 のマシン以外はみんな Linux だ。 
 「使ってるパソコンは Ubutu とか Vine Linux とかのLinuxだけどリモートサポート対象外でしょ?」と聞いたら、無言だった。 もっとも、NTTなんかに(「なんかに」は失礼だな)サポートしてもらおうとは思わん。

 で、よくよく考えたら、われながら何でLinux なんか使ってんだろうと... 大して詳しくもないのにね。 ま、一つには OSに金を払わなくても良いこと、あとは、オープンソースだってことか。  昔に比べたら Ubuntu なんか夢みたいだ。 パソコンをこれから始める人でもとりあえずは使えちゃうんじゃないかと思う。  
 でも、最大の理由は「おもしろいから」だな。 スクラッチから作り出してもいいし、Ubuntu のように Windows に負けないくらいのものもある。 
 
 コミュニティーの力は偉大だ、オレはひたすら「使わさせていただいている」立場だけど。 そのうち、オレなんかでも役に立つ場面があるのだろうか... ハハ。

 みんな、Windows なんかやめちゃえばいいのに。  別に MS に恨みがある訳じゃないけどさ。 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2010

脳梗塞 65 part3

 母親の風邪だが、だいぶ良くなってきたようだ。 咳き込むことも少なくなってきた。 血圧も以前の状態に戻っている。 ただ、あまり食事をとらない。  薬のために無理矢理食べさせてはいるが、薬を飲ませないと食べないかもしれない。 でも、クッキーなんかは食べてんだよな~ よくわからん。

 明日も、結局デイは休ませることにした。 他人に風邪をうつしたら大変だ。 ヘルパーさんも明日は断った。 やっぱりうつしたら申し訳ない。  ま、明日も買い物程度にしか出かけられない。  困ったものだ。  本人は全くマイペース。 つらいのは自分だけだと思っている。  
 仕方ないけどね。

 風邪だけでよかったよ。 また、脳梗塞とかになったら目も当てられない。 

 な~んだか、疲れちゃったなぁ... 


 あ~あ。


 ギター弾いても集中できないし、 パソコンもプログラムも作る気にならないし... あ、そうだ、サーバ移行してたんだっけ。  

 Ubunut server も Desktop 環境入れるくらいなら、Vine Linux で良かったような気もする。  Vine Linux 5.1 になったことだし、 Vine Linux に戻そうかな。 
 せっかく環境作りつつあるけど...


 よし、Vine Linux 5.1 にしよう。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 16, 2010

腹の立つ話

 今の政治、国の状態はいったい.. ニュースを見聞きするたびに腹が立つ。

 腹が立つので、最近はこの手のことはあまり書かないようにしていたのだが... 

 
 総理の決断力のなさ、基地なんてどこに持ってこられたって歓迎するところがあるわけないじゃないか、オレだって嫌だ、なのにいつまでやってんだ。  基地云々は「日米安保」がある限りどこかにおかなきゃならない、米国側からしたら「オレのところの軍事力で守ってやってんのに」というところだろう。  「安保」の議論もせずに、基地の場所で、あーでもない、こーでもないと、メビウスの輪みたいに終わりのないことをやっても仕方ないじゃないか。
 
 党内でみんな言っていることもばらばらだ。 個々人の意見が違うのは「民主主義」の国だから大いに結構だが、こと国政に関わることは党内で十分議論をすべきだろう。 各議員、閣僚が勝手にマスコミに放言して良いと言うことはないだろう。 民主党、あるいは連立している政権与党として、「こういう意見やあんな意見ももあった、だが結果この方針で行くことにした」とするべきではないのか? もちろん自民党、小泉政権の時のように「反対の者はでていけ」と説得も議論もしない「恐怖政治」は問題だ。  一つの方針を決定し、行動し、チェックしていく、誤りやよりよい方策があれば素直に、謙虚に修正していく、当たり前のことを当たり前にすることもできない政権与党なんか辞めてしまった方がいい。  
 それをやりきれない党首も、幹事長も、閣僚も問題だと思うぞ。 一般企業だったら、株主が黙っていないだろう。 国政では株主に相当する国民もいつまでも黙っていられない。
 高速道路も無理に現状から変える必要はない。 それでなくとも、血税が「道路」には注ぎ込まれているのだから、一律に上限金額を決めたりすべきではないだろう。 みんなが公共の交通機関を利用するようになればCO2だって減る。 高速道路1000円なんて人気取りの愚策を続けていた。  高速道路無料化なんて財源もないのにおろかなことだ。 そんな財源があるのなら、社会保障に回してくれ。 後期高齢者医療制度、年金問題、雇用保険、特定疾病等本来なら厚くすべきところが随分薄くなっているではないか。 税金を納めている国民にとっては「道路」なんかよりこっちの方が、納得できる。
 国の借金を減らす方策もないのに、一律子供手当、一律高校無料化。 「一律」である必要があるのか。  亀井さんの郵貯2,000万円までも、郵便局にそれだけ金が集まれば「国」が使えるからではないのか? 要するに国債を郵便局により多く押しつけることができるからか?
 
 対して、自民党の野党第一党としての自覚はどうした。 国会でも、「政治と金」の問題ばかり、今まで自分たちのしてきたことを、そのまま逆の立場で言っているだけだ。 それでいて、与党を追い込むこともできない。 桝添さんみたいな目立ちたがりのいい格好しいがマスコミで言いたいことを言っているだけだ。 今になって、あんなことを言うのなら、総裁選の時に立候補すればよかった。 「火中の栗」なんか拾えないとか言って逃げたくせに、今になって言うもんじゃない。 橋本、東国原両知事に媚びを売り、マスコミに偉そうに話す前に、自民党の中で議論してこい。 あ、相手にされてないのか.. 「ぶれていない」とのたまっていたが、嘘をついてはいかん。
 
 与謝野さんも勘違いしているじゃないか。 平沼さんと新党が聞いてあきれる。 方向性の違う人どうしが何をするのか。  ましてや、独裁者石原都知事と一緒になって喜んでいられても... 本来なら与謝野さんほどの実力者なら、自民党を再生するくらいの気骨があってしかるべきだと思うのだが、いかがか。  第三者の被害者面しているようにしか思えない。 

 結局はみんなこの状況を「切実な自分のこと」としてとらえていないのだ、「あいつが悪い」、「だから言ったのに」、「オレは悪くない」。  でも、 議員の職は失いたくない、選挙に勝ちたいという「切実」なのは自分の「立場」だけなのだ。  国がどうなっても自分だけは生き残るつもりなんだろう。

 もう、いい加減にしてくれ。 

 誰に、どこに投票すればいいんだ、次の選挙。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2010

脳梗塞 65 Part2

 今日はだいぶよくなったようだった。 たまに咳き込むことはあるが、おおむね安定している。 それにしても、今回のこの風邪でまた寝てばっかりなので、動きがますます悪くなるのではと心配している。

 食事はあまり食べないのでちょいと心配している。 やっぱり入院してくれていた方が助かったなぁ、私も動けるし、病院で管理してくれるからあんまり心配いらないしね。

 医師も、「絶対入院」という話し方はしていなかったから、それほどのことはないのだろうが。

 この一週間は近所のスーパーくらいしか行けない。 

 また、ストレスがたまる、ストレスがたまるとアトピーが悪化する、悪化するとまたストレスがたまる。 

 日本の国家事情と同じで負のスパイラルだ。 


 ところで、負のスパイラルって英語で何て言うんだ?  Negative Spiral でいいのか?

 あ~あ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2010

脳梗塞 65

 三年連続で脳梗塞にならないかと冷や冷やしながら、ともかくも寒い季節は乗り切った。 昨日は寒かったけど..

 話は関係ないが温度がなかなか上がらないせいで野菜が高いね~ キャベツ298円だって。 ちょっと買えないよ、春キャベツはおいしいとは言ってもさ。 ま、この温度のせいでソメイヨシノが通年より長く見頃を維持していると言うこともあるが。

 話を戻す。 脳梗塞にはならなかったが、風邪を引いたのか、昨日の夜から呼吸がぜんそく状態。 早速、今日朝一番で、いつもの診療所に連れて行った。  
 医師に「ちょっと大変みたいだから K病院(この診療所の本院)に行って入院してこい」と言われた。 で、その場で K病院に電話してくれた。 「四人部屋があいてるってさ、いいかい?」と聞かれたので「はい」と答えておいた。 で、タクシーに乗って K病院へ。 いやー混んでる混んでる。 でも、話を通してくれていたので、心電図をとり、血圧、体温を計り、レントゲンを撮影してすぐ診てくれた。  血圧と体温は、自宅、診療所で計ったものとあまり変わりはなかったね。 あんまり熱もでてないから良かった。  
 結果は、「肺炎にはなっていないし、心筋梗塞になりそうなこともないし、気管だね~、入院するかい?」と聞かれたので、「お願いします」と言おうと思ったら、本人が「絶対嫌」と言う。 こういうところはしっかりしてんだよね~まったく。 
 では、外来でいうことになって、酸素の吸引、点滴をやって帰ってきた。 薬も抗生剤やら色々。 「もし、夜中でも具合が悪くなったら入院ね、すぐつれて来るんだよ」と院長とナースに言われた。  
 酸素、点滴でぜんそく状態はだいぶ良くなった。 

 家に帰ってきて、少し元気になったみたいだ。  呼吸はまだちょっと聞いていると苦しそうだ。

 帰ってきて夕食の買い物にでて、戻ってきたところで、診療所に報告の電話を入れたら、「先生が心配していて、K病院に電話したら点滴して帰ったって言ってたよ」と言われてしまった。 報告が遅くなったことをわびて、とりあえずぜんそく状態はおさまったことを伝えて、お礼を言っておいた。 心配してくださってありがとう!!だ。 ホント申し訳ない。  本人は全然気にしてないようだが...
 今度行くときはなんか差し入れ持ってくかナ...

 困ったものだ。  

 

 入院してくれた方が楽なんだけど、オレは。

 それにしても、今日移動(三回)は全部タクシーだったが、ドライバーの皆さん、みんな親切だね~~  最近感じの悪いドライバーに当たったことがない。   すごく気を遣ってくれる。  ありがたいことだ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 11, 2010

Ubuntu9.10 Server samba, apache 設定

 知人よりメールをもらった。 
 「もっと参考になるように書け、Samba ならどういう風に設定したとか、Apache の認証はどうやったとか... 読んでくれている人もいるんだろうから、単に『やった』『できた』じゃなく過程を」 と。 
 なるほど、そういうものだな。  ま、こんな雑文でも検索エンジンに引っかかって見に来てくださる方もいらっしゃるか..

Ubuntu server を DHCP ではなく 固定ipに変更する
ip address 192.168.1.5で
  ルータが 192.168.1.1 の場合

/etc/network/interfaces の記述を変更する
-------------------------------------
#The primary networking interface
  auto eth0
iface eth0 inet dhcp

 iface eth0 inet static
    address 192.168.1.5
    netmask 255.255.255.0
    gateway 192.168.1.1
---------------------------------------
保存したら 
# /etc/init.d/networking restart でネットーワークを再起動 (# は管理者権限のプロンプト)


samba
samba.conf 最低限必要な記述  
/etc/samba/smb.conf
ワークグループを WINNET 、共有ディレクトリを /share とした場合
---------------------------------
[global]
dos charset = CP932
unix charset = UTF-8
display charset = UTF-8

workgroup = WINNET

loglevel = 2
logfile = /var/log/samba/access.log

[share]
path = /share
read only = no
browsable = yes
----------------------------------
家の中のネットワーク設定なので簡潔にしてある。
セキュリティが必要な場合は
hosts allow でクライアントのアドレス制御をかけ
パスワードも設定した方がいいかも。 

共有ディレクトリはアクセス権を変更しておく 
#chmod 777 /share

smb.conf を保存したら、再起動
#/etc/init.d/samba restart
または
#service samba restart


apache 認証
apache2 の設定ファイルの場所 /etc/apache2/
ディレクトリ関係は /etc/apache2/sites-available/default に記述するみたい。 
httpd.conf に記述してもちゃんと動くが、下位互換に残してあるようなので使わない方がいいかも。

Document root はデフォルトの /var/www
認証するディレクトリは /var/www/abcdef

認証方式 BASIC
ユーザのグループ なし
パスワードファイル pwd-file (/etc/apache2/ に保存する)

/etc/apache2/sites-available/default に以下を追加する
-----------------------------------------
<directory /var/www/abcdef>
  AuthName "Input User and Password"
  AuthType Basic
  Require valid-user
 AuthUserFile /etc/apache2/pwd-file
 AuthGroupFile /dev/null
</directory>
-----------------------------------------
AuthName のメッセージは認証画面のメッセージなので好きなように。

パスワードの設定
/etc/apache2/ に移動

ユーザー名 user1 とすると
#htpasswd -c pwd-file user1
New password: xxxxx
Retype password: xxxxx

さらにユーザ追加は -c オプションをつけずに実行

apache2 再起動
#service apache2 restart
または
#/etc/init.d/apache2 restart



これでいいかい?  Mr.M


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 10, 2010

Ubuntu 9.10 server

 現在ごく個人的な web サーバに玄箱HGで Vine Linux をいれて使っている。 これはこれでまぁ使えるのだが、そろそろディスクを交換する時期にきているので、今度は intel アーキテクチャのマシンに変更しようと思っている。 それで、マウスコンピュータの LMM100s (cpu: Atom230) をサーバにしてみようかと。
 今は LMM100s には VineLinux 5.0 をインストールしてある。 この際だから Ubuntu Sever を入れてみることにした。

 いやー、簡単にサーバプログラムがインストールできるのね。 楽ちん。 

 インストールを終えて設定をした。
 apache の設定ファイルは httpd.conf ではないんだ.. 一応 httpd.conf は /etc/apache2 のなかにあるが使わないようだ。 我が家のサーバは一部ディレクトリ認証をしているので、試しに httpd.conf に 記述してみた。 apache を restart してアクセスしてみるとちゃんとユーザー認証のダイアログボックスが出たので、 httpd.conf も参照しているらしい。   
 これは apache2.2.x だからなのか? 実は今までは apache1.3.x を使っていた。 だからてっきり設定は httpd.conf でやるのかと思っていた。  ま、いいけど。 
 やっぱり httpd.conf は使わないのが「作法」みたいなので、内容を消した。 認証させるディレクトリの記述は /etc/apache2/sites-available の default に記述した。 ついでにこのファイルの Documet root も変更しておいた。 んで /etc/init.d/apache2 restart で apache を再起動。 

 あと、samba の設定をして、共有できるように。  samba は smb.conf でいいんだね。

 とここまでやって、よくよく考えたらサーバにするんだから年中電源入っているわけだし、こいつはディスプレイにもつながっているし、デスクトップとしても使えるな..  玄箱みたいにほかの PC からログインしなくともこれ自体でいじれる。 
 というわけで、デスクトップ環境もいれることにした。

 #apt-get install ubuntu-desktop

 一生懸命 LMM100s がカリカリ動いておよそ20分くらい(だと思う)。 GUI が使えるようになった。  日本語関係がちょいと変なので、 System → Administrator の Synapitic パッケージマネージャーで日本語関係をインストールした。 ( -ja で検索)
 インストールしたパッケージは以下のもの。
language-pack-gnome-ja
language-support-input-ja
language-support-fonts-ja
langege-support-ja
scim
scim-tables-ja

 これで、メニューも入力もちゃんと日本語ok。 めでたし、めでたし。 
 
 よく考えたら Ubuntu 9.10 desktop に Apache,Samba, OpenSSH, MySQL を入れてもよかったかな...

 どちらが早いか..ま、いいや。

 次は MovableType でもいれて、ローカルでBlog でもやるか。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2010

政治家の意識

 与謝野さんが自民党から離党するといったり、桝添さんが選対副委員長(だったかな?)を拒否したり、相変わらずごたごたしている。  大丈夫なのか自民党。

 そして民主党も、やっていることは「国民」のため、「日本」のため、というよりは参院選でいかに議席を確保するかを目ざしてやっているような気がする。  政策のために議席を確保しようとしているのではなく、議席を確保することが目的で、そのために政策やマニフェストがあるみたいだ。 すべては選挙のため、組織を守るためだよな。 高校の授業料無償化、子供手当等、見栄えはいいが一律に支給することが良いことなのかと思うのだが...あまり経済弱者の救済にはならないような気がする。 余裕のある人には払ってもらえばいいのだ。 本当に必要な人に厚くしてもらいたいと思うのだ。 選挙対策の「ばらまき」と言われても仕方がないと思う。
 
 国会議員の定数を減らすのはどうなった? 全然ふれていない。 

 議席を増やすことが、「政策実現に必要」なのかもしれないが、与党、野党問わず現在の我が国現状をしっかり理解して、正しい議論をし、政策を決定していくべきではないのか? 

 選挙に勝つために、「政策」が手段であって欲しくはない。 それが正しく、実現可能な政策であれば、国民も納得するんだけどね。 

 「選挙に勝つ」ことが目的のあなた方、組織防衛も仕方がないとは思うが、もっと国民のことを考えてくれ。

 庶民の生活を知らない人が「先生」と呼ばれてその気になっているから、無理かな... 

 自民党もゴタゴタ、民主党もゴタゴタ、なさけない。

 はたして、日本に未来はあるのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 03, 2010

Just Blog 終了

 JustBlog のサービスが終わり TypePad への移管となった。 
 元々、xfyBlog Editor のための Blog サービスみたいなものだったから、xfyBlog Editor が終了してまで続ける義務も、必要もなかったのだろうが、ユーザーにとってはいい迷惑かも。 もっとも、無料ブログサービスだからな。 文句は言えない。 Sixapart への移管後は有料になるとのことだ(9/末まで無料)。  

 さすがに cocolog は接続会員向けのはやめねーだろうな。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2010 | Main | May 2010 »