« 最近の災難 | Main | 仮想PCでDOS & 一太郎 »

February 17, 2010

VMware Player で MS-DOS

 VMware Player 3.0 で MS-DOS/V 6.2 を動作させると EMM386.exe と日本語関係でフリーズしてしまう。 日本語関係については JDISP.SYS が問題だそうだ。 /hs=lc のスイッチをつけると良いとのことだ。 ハードウェアスクロールの問題らしい。 
 これでも、emm386を組み込むとやっぱりフリーズする..
 config.sys からemm386.exe をコメントアウトすると動くのだが、フリーエリアが少なくなってしまう。 

 とりあえず jdisp.sys /hs = lc にして emm386をコメントアウトしたconfig.sys を作り起動してみた。 

Screenshot

 この状態だと、使えるメモリは360KB程度しかない。
Screenshot1


 これで、立ち上がるようになったので、できあがった仮想マシンをコピーしておいて、config.sys の emm386.exe のコメントを外し、有効にすると....

 やっぱりフリーズ。

 うーんこれじゃ一太郎(dosのね)も立ち上がらん....


 ネットで見てみると、EMM386.exe で問題はないように思えるのだが...


 よくわからん。

|

« 最近の災難 | Main | 仮想PCでDOS & 一太郎 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47007/47589852

Listed below are links to weblogs that reference VMware Player で MS-DOS:

« 最近の災難 | Main | 仮想PCでDOS & 一太郎 »