« 最近の災難 | Main | 仮想PCでDOS & 一太郎 »

February 17, 2010

VMware Player で MS-DOS

 VMware Player 3.0 で MS-DOS/V 6.2 を動作させると EMM386.exe と日本語関係でフリーズしてしまう。 日本語関係については JDISP.SYS が問題だそうだ。 /hs=lc のスイッチをつけると良いとのことだ。 ハードウェアスクロールの問題らしい。 
 これでも、emm386を組み込むとやっぱりフリーズする..
 config.sys からemm386.exe をコメントアウトすると動くのだが、フリーエリアが少なくなってしまう。 

 とりあえず jdisp.sys /hs = lc にして emm386をコメントアウトしたconfig.sys を作り起動してみた。 

Screenshot

 この状態だと、使えるメモリは360KB程度しかない。
Screenshot1


 これで、立ち上がるようになったので、できあがった仮想マシンをコピーしておいて、config.sys の emm386.exe のコメントを外し、有効にすると....

 やっぱりフリーズ。

 うーんこれじゃ一太郎(dosのね)も立ち上がらん....


 ネットで見てみると、EMM386.exe で問題はないように思えるのだが...


 よくわからん。

|

« 最近の災難 | Main | 仮想PCでDOS & 一太郎 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference VMware Player で MS-DOS:

« 最近の災難 | Main | 仮想PCでDOS & 一太郎 »