« 仮想PCでDOS & 一太郎 | Main | VMware Player ver3.0.1 »

February 26, 2010

Office 2010 beta

 マイクロソフトのメルマガに 「Office 2010 beta を使ってみろ」と書いてあったので、ダウンロードして使ってみた。
 Office 2007 と同じく、カテゴリ別のメニュー(リボン)になっていて、旧来の Office に慣れているとすこぶる使いにくい。 これを使いやすいと思うことはないと思う。  いくら右クリックでほとんどのことはできるといってもなぁ。Office 2007も Windows Vista を Core2 のマシンにインストールしたときに入れたが、結局使いづらくてやめてしまった。 わざわざ高いお金払って買ったけどね。  今じゃ、Windows Vista すら入れてない、Ubuntu にしちゃったから。  
 あれが使いやすいと信じているマイクロソフトの開発者もどうかなと思う。 これから Excel なり Word なりを使う人なら「こんなもんかなぁ」なんて思うかもしれないが、半分くらいは2003以前のバージョンを使っていた人たちなのではないのか?  そもそも、「Windows 開発ガイドライン」とかいうのを Windows3.0 の頃やってなかったか?  私も昔、プログラムを作るときに「標準」に合わせてメニューを作っていたものだが...
 
 インストールしたのは Atom330 の Windows XP。 Office2010は画面描画にGPUを使うらしい。 あとはマルチプロセッサに対応している。 2007 の時はどうだったんだろう? もう使っていないからわからない。 
 立ち上がりは非常に遅い。 OfficeXP の数倍かかるような気がする。 (計っていない)  立ち上がってしまえば、ま、普通の速度か。 いずれにしろ Atom プロセッサーでは使いづらいかも。 
 見た目は格好いい。 以前作ったマクロもちゃんと動く。 で、マクロのメニューは...と探したら「表示」のカテゴリだった。 わかりにくい。  メニューはカスタマイズできるらしい、やってないが。

 Beta 版なので、もしかしたら不具合が潜んでいるかもしれないが、今のところちゃんと使えている。

 
  

|

« 仮想PCでDOS & 一太郎 | Main | VMware Player ver3.0.1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Office 2010 beta:

« 仮想PCでDOS & 一太郎 | Main | VMware Player ver3.0.1 »