« 政治と金 国会の停滞 | Main | 恐るべき閉鎖社会 »

February 03, 2010

脳梗塞 62 + α

 今日は前回病院に行ってから二週間経ったので、母親の薬をもらいに行ってきた。 さすがに、今日は雪の後で寒かったし、足下も悪かったので連れて行く気はなかった。 
 
 1月の末頃に、「2月からはデイにはもう行かない」と行っていたくせに、2/1の月曜日は「お風呂に入れる」と言いながら、迎えに来たら嫌がらずに行っていた。 不思議な人だ。 
 今日(もう、2/3になってしまったが、まだ2/2のつもり)、病院から帰ってきて、「昼は足りたか?」と聞いた。 ヘルパーさんが昼食を作ってくれる日だったのだが、冷蔵庫を開けたら、おにぎりも用意していたおかずも残っていたので、「あれ?」と思ったのだ。 
 「今日はヘルパーさんが二人できて、掃除もしてくれて....」と話し始めた。 「昼は足りたのかどうか」を聞きたかったのだが... とりとめもなく話していて、最後に「雑煮を作ってくれたけど、小さな餅しかなくて、足りなかったので、お菓子を食べた」とのことだ。 最初からそういえばいいのに..と思いつつも、「じゃ、何か作るか?」と聞いた。  今はいらないとのことだったので、自分の昼メシだけ作って食べた。 ま、四時過ぎていたしね。 この時間に食べさせると夕飯をあまり食べないし。 
 それにしても、「餅」はびっくりした。 のどに引っかかると危ないので、ごく小さく切ってから、焼く、煮るして食べさせていた。 といっても、年明け二度くらいしか食べさせていないが.. 本当に注意しながらたべさせていたのだが、介護ヘルパーがあっさりそんなものを作るとは思わなかった。 引っかからないで良かった。
 
 病院の医師には「暖かくなったらつれておいで」と言われた。 血圧も安定しているようだし、とりあえずは大丈夫だろうということだ。  二年連続でこの時期(2008 1/29, 2009 2/9)に脳梗塞を起こして入院しているので、実のところビクビクしている。  何もなく、春を迎えたいものだ。
 病院の医師も、看護師さんも、受付の方も、みんな心配してくれる、ありがたいことだ。   母親に「みんな心配してたよ、暖かくなったらおいでだって」と言ったら、わかっているのか、いないのか生返事だった。 

 あまり動かないから、益々足元が不安だ。
 

 私のアトピーはあんまり芳しくない。 「顔が腫れぼったい感じはなくなった」とは医師に伝えたのだが、耳の下から首、アゴにかけてちょっと広がってしまった。 
 薬のおかげで以前ほど痒くはないのだが...
 劇的に良くなるってことはないんだろうな... あ~憂鬱。
 

|

« 政治と金 国会の停滞 | Main | 恐るべき閉鎖社会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47007/47463818

Listed below are links to weblogs that reference 脳梗塞 62 + α:

« 政治と金 国会の停滞 | Main | 恐るべき閉鎖社会 »