« VMware Player ver3.0 | Main | VMware Player Ver3.0 その3 »

December 13, 2009

VMware Player ver3 その2

 VMware Player ver3.0 を今度は PentiumD840 のマシンにインストール。 チップセットは 965、メモリ 4GB、 グラフィックは GForce 8600GT。 ちょいと前のスペック。 OS は Ubunts 9.10。 インストールファイルは .bundle ファイルなので端末から簡単にインストールできる。
($ sudo bash  VMware-Player-3.0.0-203739.i386.bundle)

 Ubuntu に Ubuntu の仮想マシンをインストールしてもつまらないので、Windows XP と Fedra12 をインストールしてみることにした。  

 Windows XP については、 前のバージョンで XP の仮想マシンを作ってあるのでそれを移動した。 VMware-toolsを新しいバージョンにインストールしなおして完了。 

 Fedra12。 Redhat 系の Linux は TurboLinux 6 以来か。 TurboLinux が Livedoor 傘下になったときから使っていない。 その後はずっとDebian 系だ。 標準でgnome だし、使い勝手はあんまり変わらないんだけど。 
 さて、インストールは Ubuntu のようにVMware の方で勝手にはやってくれなかった。 サポートしていないというメッセージが出た。 ま、ディスクを入れ、仮想マシンの作成で普通の PC でやるときと同じようにやっていけばインストールできる。 
 インストールが終わり立ち上げると普通に立ち上がった。 Atom330 のマシンで XP 上で Ubuntu を使うより快適だ。 この辺は CPU の違いだろうな。 でも、時刻がインストールの時タイムゾーンを日本に設定したはずなのにBoston になっていた。 タイムゾーンを日本に直して時間も合わせた。 
 VMware-Tools は VMwarePlayer の VM メニューにインストール項目がある。 実行するとデスクトップに CD のアイコンが出てきた。 こいつなかのインストールファイルをデスクトップにコピーした。 
 アーカイブを展開し、端末からスクリプトを実行( ./vmware-install.pl) して完了。 途中いろいろ聞かれるがみんな Enter キーで飛ばした。 
 ユニティモードは元々ホスト OS が Ubuntu なので、まったく違和感がない。 そもそも Linux 上で Linux の仮想マシン上のアプリケーションを動かしてもおもしろくもなんともない。 
 ただ、Windows ではおもしろい。 Ubuntu のアプリケーションのように Windows アプリが動くのでなんか変。 ちょとともたつく感じはあるけど。

  同じ Linux でも Ubuntu に慣れているとなんか違う。 この文章は仮想マシンの Fedra で書いている。 ちょうど今 Fedra がセキュリティアップデートを更新している。

 なんだか楽しい。
  
 

|

« VMware Player ver3.0 | Main | VMware Player Ver3.0 その3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference VMware Player ver3 その2:

« VMware Player ver3.0 | Main | VMware Player Ver3.0 その3 »