« October 2009 | Main | December 2009 »

November 30, 2009

脳梗塞57

 鳩山総理も献金問題は、きっちりご自分でお調べになったらいかがだろうか。 司直の手に委ねるというようなことを述べておられたが、それはそれでもちろんやっていただくとしてだ。   辞任するつもりはないそうだが、それなら尚のことご自分でもなされるべきだな.

 さて、近頃おとなしくしていたのだが、今朝になって、また「もうデイケアにはいかない」と言い始めた。 「風呂はどうする?」と聞いたら、「はいらないからいい」との答え。  また、がっかりだ、脱力感。 言い返すのも面倒くさい。 「とりあえず、今日は行ってこい」と言っておいた。 さて、次は木曜だが…

 行きたくないのなら、デイケアを外してしまった方が介護保険があっても、金銭的には楽なのは事実だ。 しかし、行かせないと本当に動くことがなくなってしまう。 自分でトイレにも行けなくなるかもしれない。 今はかろうじて自力でトイレには行ける。  朝と夜中はトイレまで連れていくが、昼間は何とか行けるのだ。  本来ならもっと動けているはずだったのだが、 食べて寝ての繰り返しですっかり後退だ。  動けるようになろうという意志がない。 オレももつきっきりで見ているわけにはいかないのを、わかっているのか、わかっていないのか… まったく疲れる。  そもそも、歩けと言ってもやらないのだから困っているのだ。 

 週二回デイケアに行っているので、階段の上り下り、車まで数メートルの徒歩、かろうじて支えられながらでもできるのだ。  それを止めてしまったら本当に寝たきりだ。 

 全然わかってくれないのが悲しい。 せめて歩けるようになろうという意志が出てくることを祈るしかないのか。  

 この人は一体?

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 28, 2009

ちょいと久しぶり

 久しぶりだ。

 世の中不景気な話ばかりだ、じっさい不景気なのだが。 デフレ宣言はされてしまうし...  いまだ求職中のワタシにとって辛いことばかりだぜ。

 事業仕分けでノーベル賞の学者さんが、予算を削るとは何事だとおっしゃっていたが、個人的に言わせてもらえば今の日本はそれどころではないと思うのだが、いかがか?  むろん科学技術の発展、競争力ということもあるだろうが、その優遇のなかであぐらをかいて、のんびりやっている学者サンたちもどうかなと思う。  ロケットだって今はあまり失敗もせずに打ち上がっているが、ついこの間まで失敗を重ね、自分の金でやったわけでもないのに、次に頑張ればいい、みたいな言い方をしてしたのは、「研究者、学者」サンたちだったよな。 失敗から成功は生まれるものだけど、かけている金額を考えてほしいものだ。 ま、生活に心配ないなら急ぐこともないのだろうから、わからないか。
  今日本は生活基盤が揺らいでいるのではないのか? そちらに予算を回して貰いたいと思うのはオレだけか?  学者のみなさんはそんなに困っていらっしゃらないので、我慢できないんだね。 
 
 自民党も野党になったとたん、今までの自分たちのやってきたことを棚に上げて色々ほざいているし、与党の民主党は相変わらずバラバラだし。 ま、代わったばかりだから、みんなあまりきついことは言っていないが、このままだとダメだね.  総理も献金問題はちゃんとした方がいい。 

 
 

 
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 16, 2009

またまた歯医者

 今日も歯医者だ。 二週間ぶり、先週の予約の日ちょっと体調が悪くて変更してもらったら一週間先だったというわけ。 ま、私の場合緊急を要する状態ではないので。
 予約の時間に行ったら、ものすごく混んでいてビックリした。 予約外の患者さんが多かったようだ。 待っている方には失礼だが、予約の入っている私がその人たちより先に治療室に入った。 予約しているとはいえ何だか申し訳ないような気がする。

 今日は院長先生自ら治療してくれた。 いつもの可愛い先生は子供の患者を治療していた。 えっ? 別に不満なわけじゃないさ。 院長先生の方が痛そうな時は麻酔をかけてくれるので、痛くなくていいのさ。 ふんっ!

 ま、冗談はさておき、左下にも虫歯を発見され治療. かぶせるのは来週になった。 一体いつまでオレの歯の治療は続くのか。 そんなにヒドイのか。 

 さっきやっと麻酔が切れてきて、ちゃんとご飯が食べられるようになった。 麻酔かかってるとものって食べにくいんだね。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2009

バッハの魅力

 色々考えたくないことや、集中したいときバッハを弾く。  難しいことを考えながら、アナライズをして弾くのもバッハなら、ただ音符を追いかけ音にしていくのもバッハだ。 無心にバッハを弾いていると音楽に入っていける。 

 残念ながらギターの曲はすべて編曲物だ。 リュートのための組曲4曲と、クラビアにもあるプレリュード、バイオリンソナタやオルガンにもあるフーガ、そしてバッハの作か疑問視されているプレリュード、フーガ、アレグロ。 後はデュアルテなどの編曲のチェロ組曲のいくつか。
 こういったところがメインだ。 

 よく弾いているのはチェロ組曲3番、リュート組曲3番、プレリュード、フーガ、アレグロかな。 全体ではないがリュート組曲1番のジーグはギターを弾く度に弾いている。 
 
 昔は極端に声部を意識しすぎていたこともあったが、最近はさらっと弾いている。 流れを止めないように。

 とくにチェロのための組曲は単旋律で複数の声部を表現しているから、意識しすぎると流れを止める原因にもなる。 チェロの演奏で言えばP.フルニエの演奏みたいな演奏がいいかもね。
 
 チェロ組曲3番はギターだとイ長調の編曲が多い、(私もデュアルテの編曲を使っているのでイ長調だが)やっぱりチェロのハ長調を聞くとハ長調で弾きたくなる。 編曲もバッハはシューマンなんかよりあまり調性に対する違和感は多くないのだが、チェロのハ長調になれてしまうと、イ長調がちょっと気になるのだ。 
 もちろんバッハ自身も、楽器の特性に合わせて調性をかえて曲を書き直しているから、ギターでイ長調で弾くのもアリなんだろうが。 
 もっともそんなことを言っていたら、他の作品もそうだ。 リュート組曲2番、3番、フーガ、プレリュード、フーガ、アレグロなどなど。 移調してあるから弾きやすい、弾けるということだものな。 
 
 とまれ、バッハは難しい。 でも、音に出していけば音楽に入り込めるのはこのひとの作品だからか。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 08, 2009

無題

 ナゼか今頃花粉症の症状が... 元々空気の変化、気圧の変化、粉塵、花粉、ほこり、犬、猫などなどについ反応して鼻水がでたり、目がかゆくなったりはよくあるのだが... ここ4,5日続いている。  といってもそんなに重症と言うことはない。 最初は風邪かな?とも思ったのだが、特に熱が出ることも、のどが痛いと言うこともない。 やっぱり花粉症だ。  春から夏にかけての花粉症の季節には多くの人と同じように症状が出る。 しかし、重症の花粉症ということはなく、鼻水、目のかゆみ(現在なっているよりちょっとひどいくらい)程度。 でも、みんなが終わった頃もまだ続いているのが私の特徴。 要するに何ともないのは真冬と真夏くらいなもので、後は何かしらに反応している。 これはこれで面倒なのだ。  で、なんだか憂鬱。 

 憂鬱になると色々考えてしまう。

 近頃の事件、詐欺、人殺し、整形逃亡、ばらばら死体...
 一体日本の国はどうなった? 殺された人、家族の気持ちを思うと切ないどころの話ではない。 ホントに悲しい。 なぜ、いとも簡単に命を奪うのか。 嫌な事件ばかり。
 
 私自身では、仕事のこと、母親の介護、金銭的にも母の2度に渡る入院治療での出費など、考えると嫌になる。 これからも介護に応じて継続的に出費が... 早く仕事を見つけないことにはどうしようもない。 
  一人では何もできないし、生きてもいけないのは十分わかっている。 助けてくれようとする人もいるし、頼ることも必要なのだろうな。 でも、それが相手の負担になるのは申し訳ないよね。

 
 人は生まれたら必ず死ぬものだけど、その生きている間が結構つらかったりするよな。 楽しいこともいっぱいあるけど。 

 
とりとめのない文章だな... 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 06, 2009

Ubuntu 9.10

Ubuntu 9.10 がリリースされた。 早速ダウンロード&インストール。  Atom230 のマシン (LMM100S)にインストール。 
 何だか格好良くなってるぞ...  起動も少し速くなったか... いい感じだ。 

 Ubuntu one とか新しいプログラムが増えている。 cloud-based service だそうだ。 オレにはとりあえず必要ないな、なんてね。
 アプリの追加が ubuntu ソフトウェアセンターになった。 ずいぶん使いやすくなっている。 とはいえ synaptic パッケージマネージャもある。 

 とりあえず、必要なパッケージを導入し、dvdを再生できるようにしたが、あんまりスムーズじゃないね。 前のバージョンのほうがいいかな? ま、いいや、しばらく使ってみよう。 
 ufraw をインストールして RAW 現像もできるようにした。 
 えっと、後は...

 ま、いいやおいおいやっていこ。 

 しばらくこのマシンで使ってみて、メインの Core2duo のマシンも移行しよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2009

新しいケアマネジャ

 今月から新しいケアマネジャに替わるということらしい。 今日午後来るというので、出かけもせず指定の時間まで待っていたが、 ただ名刺を置いていっただけ... 
 何か打ち合わせとかするのかと思っていたのに..こんなのなら別に来てもらわなくともいい。 おかげで無駄な時間を過ごしてしまった。

 先方の方で日時を指定してきたのに、名刺だけなら本当に意味のない話だ。 何のために?

 もったいない時間だった。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2009 | Main | December 2009 »