« 台風 18号 | Main | RAW 現像のスピード »

October 12, 2009

青モバの悲劇

 通称青モバ、MCK1今でもたまに文章入力に思い出したように使ったりしている。 DOS環境になるので、MSC5.1を入れたまんま。 簡単なDOSのプログラムを作ったりして遊んでいる。 いや~この頃のプログラムは平和だねぇ。 もっとも、Cで作ると数10KBの大きさになってしまうので、アセンブラで作ったりしたこともあったな、なんて今では懐かしい。
 今やOSや仕組みが違うとはいえ、1つのプログラムが数M、数10MBは当たり前だもんなぁ。 



 なんて話は関係なかった。



 さっき、ちょいと昔のフィルムとかネガとか片付けているときに、それは起きてしまったのだ。 棚に置いていた青モバ。 棚の下のネガファイルを取ろうと思ったんだよね。 なかなか抜けなかったんだな~ファイルが。 ちょっと強く引いた。 抜けた。 青モバが落ちていく。 それだけだったら何ともなかったんだ、たぶん。 

 その後、踏んづけちゃったんだよな、 メキバリ、カラ と情けない音が.. 



 壊れました。  壊しました。 液晶はすっかり液漏れ。  





 かわいそうな 青モバ。 

 乾電池で動いて、静かでひたすら文章入力に役立ってくれた青モバ... さよーなら。 

 きっとポメラなんかよりずっといいと思うぞ、今となっては遅いけど。 

 Windows CE の MC-R430 も持ってるけど、DOS の青モバの方が重宝してたのに...

 来週の燃やさないゴミの日に...

|

« 台風 18号 | Main | RAW 現像のスピード »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 青モバの悲劇:

« 台風 18号 | Main | RAW 現像のスピード »