« September 2009 | Main | November 2009 »

October 31, 2009

郷愁のショーロ

 最近ギターを弾くのもバッハ、ジュリアーニ、タンスマンか... ヴィラ=ロボスも弾かなくなっちゃたな。

 ギター弾くくせに「スペイン音楽」が苦手でアルベニス、グラナドス、タレガ(スペイン色の強い曲だが)はほとんど弾かない、というよりうまく弾けない。 ギター教えていたときも、あんまりこっちには触れないようにしてきた.. ソルは正に古典の本道って感じだから大丈夫だ。  
 同じ民族色の強いものでもブラジルのヴィラ=ロボスは弾いていたんだけど。 

 先日、たまには違うのをと思って、バリオス Choro de Saudade 郷愁のショーロとか悲しみショーロとか訳されている曲をひっぱりだした。  20代の頃やったが、それ以来だ。 結構覚えているもんだね! 楽譜を読んで、弾き始めたら3回目くらいには音符がちゃんと頭の中によみがえってきた。  なつかしい。 
 指をグイとのばすところはあるが、ギターを弾く人が作っただけあってト短調の割に弾きやすい。  あんまり難しく考えないで思うままに弾ける曲なのでいいかも。 でもあんまりルバートかけ過ぎると下品になる。 
 この曲はついつい速く弾き過ぎちゃうんだが、抑え気味のテンポにする方がいい。
 切なくなるようなメロディが印象的か、俗っぽいという話もあるが。  

 失業中にいっぱいギター弾こう。

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 30, 2009

一言が...

 自分の中では普通のこと、それが大きな意味を持っているとは思っていない。 そんな行動が自分の大切な人を傷つけてしまう。 
 
 「こんなこと、あったんだ」と話したこと、それが相手を傷つけるなんて思ってもいなかった。 無神経だったか...
 
 悲しい。 
 
 気をつけよう。
 
 言葉ではうまく言えない。
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 27, 2009

脳梗塞 56

  一応今日もデイサービスに行く予定だったが、またしても「絶対行かない」というので、もういいやと思った。 デイは断った。  デイの日は私が早めに出かけられるので良かったのだが、結局今日も早く出かけられない。 ということで今、愚痴を昨日に続いて書き込んでいる。 この時間になったらゆっくり行っても同じだ。 
  ヘルパーさんはデイの日は朝送りと、夕方迎えにくるので、昼を用意しておかねばならないし.. 

 そうこうしているうちにヘルパーさんが来た。  今日はデイを休むことを伝えた。  「じゃどうしましょう」というので、「朝食作ってあるのでたべさせてもらえますか」とお願いした。 「お昼はどうするんですか?」と聞かれたので、作ってから出かけることを伝えた。 
 ヘルパーさんが「今日は行かないの? 行きたくないの?」と聞くと「そんなことないんだけどね...」と答えやがった。 何なんだ一体? 

 今日のことだって意味のないお金がかかるし...  何度言ってもだめ。 

 来月は火曜日のデイは中止してもらった。  月、木はお風呂に入れてもらうので、嫌がっても行かせる。 それでもこんな状態になることもあるだろうが、家のお風呂には危なくて入れられない。 
 
 デイに行かなければ寝てるだけ。 動こうともしない。 

 一体どうしたら?

 あ~ フラストレーションが...  新しいパソコン作りたい...!!

 
 ため息。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 26, 2009

脳梗塞 55

 今日は雨だ。 ちょっと寒い。

 今朝、ついさっき。 「今日は行かない」と言い出した。 一悶着。 雨が降っているので嫌らしい。 ただ、車に乗っていくだけだろうに... 
 また、「風呂もいい、もう二度といかない」と言う。 
 もう面倒くさいので何も言い返さなかった。 何を言っても無駄。 どうせ私の言うことを聞かないから.. 勝手にしてくれという感じだ。 行かないんなら自分で迎えに来た人に言わせようと思った。  ただ、現在の状況で違約金は痛い。

 そうこうしているうちに、ヘルパーさんが来た。 「あら、息子さんいらっしゃったんですね...」と言われたが、出かけようと思っていたらこんな状態だったからね。  

 ヘルパーさんにも「今日は行きたくない」と言っていたが、ヘルパーさんにあっさり説得されていた... 訳わからん。 外面で生きているのだこの人は。

 明日のデイサービスは断った方が良いのだろうか... 三時くらいまでに電話しないと違約金とられるからな..

 ということで、今ブログに愚痴を書いている。

  さて、出かけるか、仕事見つけに。


 あ~!!! もう嫌だ。
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 22, 2009

DMC-LX3 ファームウェアアップデート Ver2.1

 パナソニックのメールマガジンに、ファームウェアのアップデータのダウンロードを再開したと書いてあった。 今度は Ver2.1 に。 コンマ 1 のアップはカスタムモードの修正だそうだ。 結局 Ver2.0 のどこが悪かったんだ? その辺はわからん。

 わたしは Ver2.0 でも特に不具合を覚えなかったので、このままでもいいかなとも思ったが、気持ちが悪いので早速ダウンロードしてアップデートした。 

 ま、いいか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 21, 2009

シューマン 幻想曲

  若い頃、シューマンが大好きで20代前半はシューマンばっかり聴いていた。 今もシューマンは好みの作曲家で、 この人の音楽を聴くと若い頃のことも思い出したりする。  といっても最近はメンデルスゾーンのピアノトリオとか、シューマンのピアノクァルテット、クインテット、それにモーツアルトばかり聞いているが..


  シューマンのピアノの曲のなかでは 幻想曲 op17 が一番好きだ。
  ということで、昔のレコード(CDじゃないところが....古い!)を引っぱりだして聞くことに。 マゥリツィオ・ポリーニ。

 第一楽章のロンド形式かと思うくらい第一テーマが何度も出てくるソナタ形式。ハ長調だが、不協和音の解決が後の方になるため、確たる意志をもってハ長調だと決められない。 しかも、出だしからハ長調のドミソの和音は出てこない。 属音の上をさまよっている。 確かに「幻想曲」だ。  変ホ長調になったり、第二テーマがハ短調だったり、再現部の第一テーマがハ短調で戻ってきたり、やり放題。 古典の「ソナタ形式」の枠にはおさまらない。 私もちょこっと曲を作ったりするが、ソナタ形式で作ると結構かっちり作ってしまう、そこが凡人の悲しさなのかもしれないけどね。 
 第二楽章は一転して元気だ。 変ホ長調で始まる。 でも、この楽章ははっきり「変ホ長調だぞ」と高らかに歌い出して始まるので居心地が良い。 この曲もシューマンらしい音型が詰まっている。
 第三楽章。 静かな主和音のアルペジオから始まる。  このアルペジオもくせ者だ、全く幻想的。 古典作家ならやらない進行だろうね。 この楽章も一応ソナタ形式。 第二テーマは変イ長調だけどね。

 全体として、シューマンが充満している音楽なのだ。   
 でも、やっぱりシューマンのピアノの曲のなかでも一番だと思う。 まとまりのないこの人の作品のうちでは結構まとまっていると思うし(そうでもないか...)。 

 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 19, 2009

歯医者 何回目?

 今日も歯医者。 相変わらず可愛いセンセ。 
 治療の箇所は「もう神経ないから麻酔はしませんよぉ」とのこと。 いたくないのかなぁと思いつつ..

 今度は前回根っこを抜いた歯のところをブリッジで歯を入れる。 今日は仮歯。 「ガムとか食べちゃだめですよぉ」って... ま、ガムなんか食べないけどね。
  
 その型をとるとき、歯形をとる器具がでかくて口を広げられて痛かった。 なんか違うぞ、なんでこんなんで痛いんだ。 型をとるのは歯科技工士(であってるのかな?)のオネーサンがやっていた。 

  あと数回で終わるのか?  ふぅ...
 
 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 18, 2009

脳梗塞 54

 相変わらず、「ディケアに行きたくない」と言うかと思えば、 今日はお「風呂に入りに行く」と喜んでいたり、やっぱり「行きたくない」といちいち言うので、聞かないことにした。 ホント!!めんどくさい。 行かないなら行かないで断っちゃた方が、金銭的には楽なんだけどね。  でも、オレが何もできなくなる。  
 
 家にいるときは寝てばかりは変わらない。 動けるようになろうと思わないのか..リハビリすれば動けるのに..  外を歩いていると杖をつきながら一生懸命歩いている母親と同年配の人をよく見かける。 何で努力してくれないのか...  悲しくなってくる。 何でもかんでもオレにやらせておいて、わがままばかり言って... 少しは自分でナントカできるようにという気持ちは起きないのか..

 面倒を見るのが嫌なわけではない、 やれば少しでもできるようになるのに、やろうとしないのに腹が立つ。 前にも書いたが、病院で強制的にリハビリさせられていたときの方が動けたのだから.. 今は医師からも「特に大きな問題はないから動け」と言われているのにな。

 文句ばっかり言っているし、人の言うことは聞かないし、そのくせ他所の人には愛想が良くて、「いいおばあちゃんね」なんてヘルパーさんに言われている。 そのギャップの激しいこと..

 あ~ 疲れる。  

| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 16, 2009

RAW 現像のスピード

 ちょっと気になって、RAW現像のスピードを比べてみた。

OS は Windows XP pro で パナソニック DMC-LX3 の10個のRAWファイル(*.RW2) を付属ソフト SILKYPIX Developer Studio 3.0 SE で一括現像してみた。 パラメータはデフォルト。

Cpu Chipset Memory Graphic  かかった時間 の順

Atom330, 945GC, 2GB, on board, 4'54"

Pentium D840, 965, 4GB, GForce 8600GT, 3'37"

Core2Duo E8400, G33, 4GB, HD3450, 1'28"

やっぱり Core2Duo が速いね~  Core i7 だったらどうなんだろ。

Atom230 は Ubuntu しかインストールしてないので同じ条件では比べられない。
UFraw で現像すると 1つが30秒前後だった。 


 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 12, 2009

青モバの悲劇

 通称青モバ、MCK1今でもたまに文章入力に思い出したように使ったりしている。 DOS環境になるので、MSC5.1を入れたまんま。 簡単なDOSのプログラムを作ったりして遊んでいる。 いや~この頃のプログラムは平和だねぇ。 もっとも、Cで作ると数10KBの大きさになってしまうので、アセンブラで作ったりしたこともあったな、なんて今では懐かしい。
 今やOSや仕組みが違うとはいえ、1つのプログラムが数M、数10MBは当たり前だもんなぁ。 



 なんて話は関係なかった。



 さっき、ちょいと昔のフィルムとかネガとか片付けているときに、それは起きてしまったのだ。 棚に置いていた青モバ。 棚の下のネガファイルを取ろうと思ったんだよね。 なかなか抜けなかったんだな~ファイルが。 ちょっと強く引いた。 抜けた。 青モバが落ちていく。 それだけだったら何ともなかったんだ、たぶん。 

 その後、踏んづけちゃったんだよな、 メキバリ、カラ と情けない音が.. 



 壊れました。  壊しました。 液晶はすっかり液漏れ。  





 かわいそうな 青モバ。 

 乾電池で動いて、静かでひたすら文章入力に役立ってくれた青モバ... さよーなら。 

 きっとポメラなんかよりずっといいと思うぞ、今となっては遅いけど。 

 Windows CE の MC-R430 も持ってるけど、DOS の青モバの方が重宝してたのに...

 来週の燃やさないゴミの日に...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2009

台風 18号

 久しぶりに上陸した台風。 被害も結構なものらしい。 こちらは目立って大きな被害もないようだ。 風が強く、雲が勢いよく流れているが、今はよく晴れている。 現在高崎市の南西 約30km、時速 50Km/h で進んでいるらしい。 もう少し北に行けば、風はおさまっていくのだろう。  それにしても、日本列島を縦断というのも困ったものだ。 農作物は大丈夫なのだろうか... 進路にあたった被害の大きな所の人たちは苦労が多いだろう。 
 土砂災害も、水災害も大変。

 こちらは、うちも含めて雨戸さえ閉めている家が見渡す限りない。 過信しているのか、のんびりしているのか...私も、風雨が強くなったら雨戸を閉めようと思っていたのだが、結局閉めなかった。  夜中から明け方にかけて雨もずいぶん降った、風もたたきつけるように吹いてはいるが、テレビのニュース映像を見ているほどではない。 

 この、「うちは大丈夫」という感覚がきっと悪いんだろうな、大きな災害の時。

 気をつけよう。 
 今更だが。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

脳梗塞 53

 どうやら明日は台風が接近か。 そのせいか明日のデイケアには絶対行かないという。  ま、事前に言うだけいいか... 仕方がないので電話をいれて休むことに。 デイケアの方も、「台風ですからねぇ~」と言っていた。 ついでにケアステーションににも電話してヘルパーさんをキャンセルしておいた。  明日は台風がくる、こないに限らず出かけられなくなった。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 06, 2009

メモリカードリーダ

 intel D945GCLF2 のマシンにメモリカードリーダをつけた。 ヨドバシで980円で売っていたやつだ。 CF, SD,SDHC, Memory Stick 対応。
 今までは 外付けのUSB SDメモリカードリーダ(もちろんSDHC対応)を使っていた。 これだといちいち USB ポートに差し込んでメモリカードを入れて..と面倒だったのと(たいしたことはないが)、タイミングによっては認識してくれないことがあったからだ。
  
 M/B上の USB コネクタは2つ、計4ポート分ついているのだが、一つのコネクタにはケースフロントに USB コネクタを引き出すために使っている。 一つ余っているのでこちらに接続。 ケースの 3.5インチスロットは二つあるが一つ空いているのでちょうどいい。 
 ケースを開けたついでに中を掃除した。 結構ホコリが入るものだね。 M/B は mini ITX だがケースはミニタワーなので、中はスカスカなのだが、ファンには結構ホコリが溜まっていた。 
 
 やっぱりケースフロントにカードスロットを持ってくると便利だ。 ノートPC にもついているのだが、家でわざわざノートから読み出すこともないからね。 外付けのカードリーダより便利。 パソコン組む時に最初から付けとけばよかった。  次に作るときは最初からつけよう。
 
  ちょっと満足だ。 値段も安いし。  
 
 全然関係ないが台風18号は大丈夫なんだろうか? 鳩山さんの献金疑惑も気になるけど...
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 02, 2009

DMC-LX3 ファームウェアアップデータ 2

 Ver2 のファームウェアにバグがあったらしい。 私は別に不具合もなく普通に使っているが。

 パナソニックのホームページには
 「Ver.2.0で追加した新機能の一部を、カスタムモードで正常にお使いいただくための修正を行なっており、現在、ダウンロードを停止しています。
 10月20日頃の再開を予定しています。」
 と書いてあった。 

 アップデートしちゃったのにね...

 「新機能の一部」ってなんだろう?  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

再び歯医者へ

 今日も歯医者。 

 「今日はまず右下の虫歯の治療をしましょうね、神経までいってないといいんですけどねぇ~」と言われた。 しばらく削っている内に、「やっぱり神経まできてますね。 じゃ麻酔します」 ということでチクッと麻酔をうたれた。 歯に穴をあけているのやらゴリゴリとやった。 麻酔が効いているので痛くはないが... 
 しばらくガリゴリやっておわり。 削ったところに薬を入れてふたをして今日は終わり。  「この次は今日やったところをおわらせて、次にうつりますね」っていつまでかかる..

 センセ可愛いんだけど結構きついんだよね。


 まだまだ続く。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2009 | Main | November 2009 »