« 脳梗塞 33 | Main | 派遣会社というもの »

June 27, 2009

PC-LL570/8D

 先日、知人のノートPC NEC PCLL5708D という2004年頃の機種だが、壊れたというので預かってきた。 立ち上がるときに「ピ、ピ、ピ、...」と鳴り続けるそうな。  
 家に持って帰って早速電源ON。 おや、大丈夫のようだ。 Windowsが立ち上がった。 しかしなんか変だ。  トラックパッドをさわってもマウスカーソルが移動しない。 ESC キーを押すと動くようになるが、すぐ止まる。 どうやらキーボード系か?と思って、Notepad を立ち上げようとスタートメニューをクリック。 すると「検索」window がでてくる。 何度やっても同じだ。 仕方がないのでシャットダウンしようとしてメニューから選ぼうとすると今度は「スタンバイ」する。 
 原因は 's' キーのチャタリングのようだ。  上記の原因はずっと 's' キーが押された状態なのだ。 だから 「検索」もでてくるし、シャットダウンしようとしても「スタンバイ」になってしまうのだ。 
 キートップを外してみたが、特にゴミも詰まっていないし、キーボードの導電性ゴムも問題はなさそう。 試しにゴムを浮かせて電源を入れてみたが、 まったく症状は改善されない。 基盤の問題のようだ。 こいつは面倒だ。 メーカーからキーボードを取り寄せても4,5千円かかるかな、もっとかもね。 いっそのことキーボードを外してUSBのキーボードでもつけた方が良いのではないか..  もっとも、秋葉のジャンク屋で探せばあるかもしれないけど。 
 と言うことで知人に連絡。 USBの小さなキーボードでもつないでつかうとのこと。 では、キーボードを外しておこう。  本体と液晶ディスプレイのヒンジのカバーを後ろ側から細いマイナスドライバーで外すとキーボードを押さえているパネルが外れる。  キーボード自体はねじ止めもされていないので、本体とのリボンケーブルをはずすだけ。 キーボードを外してしまうとものすごくカッコ悪いので、キーボードをつけておいた方がよかったかな、ケーブル外しただけで。  でも、このスペースに小さめのUSBキーボードをばらせば収納できそう。  もっともそんなことをするくらいなら、このキーボードを取り寄せるか、ジャンク屋で探した方がいいか。 
 手持ちのUSBキーボードで使ってみると、ちゃんと動作する。   

 この機種、メモリが256MB、いかに XP と言えどもつらい。 最大メモリは768MB。 背面にスロットは一つしかなくそこに512MBをいれて768MBとのことだ。 しかし、この機種のチップセットSiS 740は最大3スロット、3GBまでのはず。 オンボードでワンスロット、増設スロットでワンスロットということで、増設用のスロットに1GBのメモリを入れても動くのではないのか? それでも、1.25GBだけどね。
 で、試してみた。 ずいぶん前にGN33Mに入れたDDR-SODIM 1GBを入れてみた。 BIOSではちゃんと認識している。 ということは大丈夫じゃん。 Windows もちゃんと動いたしメモリも認識している。 グラフィックに使っている48MBをのぞいて、システム上 1.21GBとなっていた。 

 と言うことで知人にキーボードを外した状態で返した。 メモリも増設した方がいいよと言っておいた。 ただし、いつまで使うかによるけど。

 

   

|

« 脳梗塞 33 | Main | 派遣会社というもの »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47007/45471196

Listed below are links to weblogs that reference PC-LL570/8D :

« 脳梗塞 33 | Main | 派遣会社というもの »