« May 2009 | Main | July 2009 »

June 29, 2009

派遣会社というもの

 派遣切りをされていよいよ明日退職日。 仕事がなかなか見つからない。  派遣会社から早くも健康保険の任意継続の説明書類などが送られてきた。 退職日前なのに。 しかも、資格喪失証明書もまだ来ていないのね。 結局新しい仕事は斡旋はしないわけだ。  ま、期待してなかったけど。
 
 ちょうどお昼を食べていたとき、派遣の担当者から電話がかかってきた。 

 担当者「申し訳ないんだけど、いろいろ当たったんだけど次はないんですよ」 (絶対探していない、口調でわかる)
 私   「ふーん」
 担   「それで、一応今日これから速達で退職関係の書類を送るので、退職届け等すぐ返送してほしいんですが、一応期間満了ということで」 (なに、会社都合退職にしないつもりか?)

 私   「会社都合で離職票書いてくれるんでしょ?」
 担   「一応そのように.. ただ期間満了ということで」(やたら’一応’が多い)
 私   「とりあえず書類見てからにするよ」
 担   「それから、健康保険についても、国民健康保険より任意継続のほうがいいと思うので...」
 私   「ずいぶん前に、説明と申し込み書類送られてきてるけど! 結局仕事の斡旋するつもりはなかったんでしょ?」
 担   「そういうことはないと思うのですが、本社が送っちゃたと...」 (あせってる口調)
 私   「書類きてから、見て、わからなかったり、問題があったりしたら電話するよ」
 担   「では、そういうことで、お願いします」(少しほっとした口調)

 ということで、派遣会社なんかこんなもの。 4年前に前の会社辞めたとき、誘われてはいったけど、そのときは仕事はいくらでも斡旋するし、よっぽどのことがない限り自動継続になるのでと言われて、うさんくさいなと思ったけどやっぱりそんなものだった。  結構派遣されてたところが居心地がよかったから4年もいたけど、あっさり切られちゃったな。 結構貢献してたとみんな言ってくれたのに、お世辞かもしれないけど。  
 あ~あ。


 仕事見つかるかなぁ~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 27, 2009

PC-LL570/8D

 先日、知人のノートPC NEC PCLL5708D という2004年頃の機種だが、壊れたというので預かってきた。 立ち上がるときに「ピ、ピ、ピ、...」と鳴り続けるそうな。  
 家に持って帰って早速電源ON。 おや、大丈夫のようだ。 Windowsが立ち上がった。 しかしなんか変だ。  トラックパッドをさわってもマウスカーソルが移動しない。 ESC キーを押すと動くようになるが、すぐ止まる。 どうやらキーボード系か?と思って、Notepad を立ち上げようとスタートメニューをクリック。 すると「検索」window がでてくる。 何度やっても同じだ。 仕方がないのでシャットダウンしようとしてメニューから選ぼうとすると今度は「スタンバイ」する。 
 原因は 's' キーのチャタリングのようだ。  上記の原因はずっと 's' キーが押された状態なのだ。 だから 「検索」もでてくるし、シャットダウンしようとしても「スタンバイ」になってしまうのだ。 
 キートップを外してみたが、特にゴミも詰まっていないし、キーボードの導電性ゴムも問題はなさそう。 試しにゴムを浮かせて電源を入れてみたが、 まったく症状は改善されない。 基盤の問題のようだ。 こいつは面倒だ。 メーカーからキーボードを取り寄せても4,5千円かかるかな、もっとかもね。 いっそのことキーボードを外してUSBのキーボードでもつけた方が良いのではないか..  もっとも、秋葉のジャンク屋で探せばあるかもしれないけど。 
 と言うことで知人に連絡。 USBの小さなキーボードでもつないでつかうとのこと。 では、キーボードを外しておこう。  本体と液晶ディスプレイのヒンジのカバーを後ろ側から細いマイナスドライバーで外すとキーボードを押さえているパネルが外れる。  キーボード自体はねじ止めもされていないので、本体とのリボンケーブルをはずすだけ。 キーボードを外してしまうとものすごくカッコ悪いので、キーボードをつけておいた方がよかったかな、ケーブル外しただけで。  でも、このスペースに小さめのUSBキーボードをばらせば収納できそう。  もっともそんなことをするくらいなら、このキーボードを取り寄せるか、ジャンク屋で探した方がいいか。 
 手持ちのUSBキーボードで使ってみると、ちゃんと動作する。   

 この機種、メモリが256MB、いかに XP と言えどもつらい。 最大メモリは768MB。 背面にスロットは一つしかなくそこに512MBをいれて768MBとのことだ。 しかし、この機種のチップセットSiS 740は最大3スロット、3GBまでのはず。 オンボードでワンスロット、増設スロットでワンスロットということで、増設用のスロットに1GBのメモリを入れても動くのではないのか? それでも、1.25GBだけどね。
 で、試してみた。 ずいぶん前にGN33Mに入れたDDR-SODIM 1GBを入れてみた。 BIOSではちゃんと認識している。 ということは大丈夫じゃん。 Windows もちゃんと動いたしメモリも認識している。 グラフィックに使っている48MBをのぞいて、システム上 1.21GBとなっていた。 

 と言うことで知人にキーボードを外した状態で返した。 メモリも増設した方がいいよと言っておいた。 ただし、いつまで使うかによるけど。

 

   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

脳梗塞 33

 久しぶりに土、日に家にいる。 介護ヘルパーさんも土日はこなくても大丈夫と連絡しておいた。  はずだったが、連絡ミスなのか11時に介護ヘルパーさんがやってきた。 お互いに「アレ?」という感じだ。 ヘルパーさんはなんで、息子がいるの? 私は なんでくるの? ということだ。  土、日は当分大丈夫ですよという話なんですが...と。 ヘルパーさんが連絡を取り連絡の行き違いであることがわかった。 せっかくきてくれたのに申し訳なかった。 年寄りの話し相手で良かったらしてもらったんだけどね。
 
 今日はやる気があったのか、歩く練習もした。 病院にいた頃、リハビリで歩いていた頃に比べるとだいぶ後退しているが、やる気が出てきたのでよかった。 少し高い段差も練習させた。 まだ、手すり等につかまらなくてはだめだが、歩いていたのでやれやれだ。  しゃべりもだんだん良くなっていくだろう。 ただ、こちらが言っていることが伝わっていないことがあるのも事実だ。 これは脳梗塞を起こしてからのことで、いまにはじまったことではないのだが。   ゆっくり、はっきりわかるようにしゃべらないと理解できないのはしかたない。 こちらが相手にあわせるしかない。 

 水分を多めにとらせようとしているのだが、水も一気に飲むことができないので思ったように摂取できないでいる。 本人は十分飲んでいるつもりのようだが、 もう少し飲ませたい。 暑いからね。 また脳梗塞を起こさないためにも。 

 いつまで続くこの状態。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 26, 2009

高幡不動

 驚いた、マイケル・ジャクソンが.... 俺より若いのに。 
 この訃報は家に帰って、夕刊を読んで知った。  今日はテレビを見ていなかったし、ラジオもつけていなかったので全然知らなかったよ。  何で亡くなったのだ? 新聞には心不全と書いてあったが.... 

 帰ってきたらびっくりしたが、今日は高幡不動に行ってきた。 あじさいがきれいだった。  本当は退職したので職場に挨拶に行こうと思って電車に乗ったのだった。 しかし、途中で行きたくなくなった。 
 今回本社の都合で派遣で勤めていた4人が契約を打ち切られた。 全社規模では派遣の6割くらいは契約解除されたと思う。  そのことに管理職は「困った」「何でだ」とは我々に言ったが、本社に対しては理由の説明も求めなかった。 その理由とは後から知ったのだが、「ローコスト・オペレーション」という社長のツルの一言だったそうだ。  ほかに「ムリ・ムラ・ムダ」はたくさんあるだろうに...愚かだ。 ま、どうせ派遣ということで切られたのだろうが。 職場のみんなは残念がってくれたが、そんな管理職に挨拶する気が起きなかった。 せめてポーズでも本社に掛け合ってくれるくらいのことはあっても良かったかなと思った。 甘い考えだけどね。 そのくらいの人間関係は築いてきたつもりだったさ。  どのみち退職というのは決定していて、それを撤回させることはできない相談だったけどね。  でも、気持ちの中では「せいせいした」部分もある。  仕事の中身が我々派遣に依存している部分が多かったが、それすらも管理職はわかっていなかったろう。 だから我々がいなくなったところで彼らはわからない。 だから全体のオペレーションの変化を気づかないし、派遣がいなくても問題ないと考えるかもしれない。 しかし、クォリティは確実に落ちると思う、これは別に思い上がっているわけではない。
  仕事の内容は小売りだが、品切れをなくす、売場をわかりやすくする、お客様が自分で商品を選べるようにする、という本当に基本的なことができていなかった。 そういう教育を社員にしていない。 ただ、来店した「お客様」に接客して「売れ」というコンセプトでやってきている。 だから品切れしていようが、在庫があるにもかかわらず店頭に並んでいなかったりということを全然気にしない社員になっている。  品切れしてがっかりして帰っちゃう「お客様」が少なからずいるぞ。  だから、せめて自分のいる売場はこまめにやってきた。 棚割もかえた。 近隣の競合する店舗の品揃えを見て製品構成も変えた。 特に品切れには注意してやってきた。  結果はついてきたいた。 わかりやすくしたことによって店員が呼ばれる回数も減ったし、 競合店舗より品揃えを拡大したことによって飛躍的に売数の伸びた商品群もあった。 ただ、それが大型商品ではないので、管理職には興味がなかったかもしれない。  10%に満たない粗利の大型商品を配達経費をかけて売るのと、25%の粗利で品切れさえさせなければ「勝手に」買ってくれる商品、どちらがローコスト・オペレーションになるのだろう。 もちろん売上には大型商品は重要だ。 しかし、その大型商品を安く売るためにも消耗品や、最寄り品を大事にしなければならないと思うのだ。  
 ま、愚痴だ。 もう辞めたから関係ないけどね。 でも、その辺をわかってくれない「あの人たち」にいらだつのだ。 派遣の私、私たちがやってきたことすら、恐らくは知らない「あの人たち」、だから我々がいなくなっても全く気づくことはないだろうし、派遣なんかいらなかったじゃんと思うかもしれない。  売場がめちゃくちゃでも気づかない人たちだからね。 当然引き継ぎなんかしてこなかった。 聞かれなかったもん。 
 もっとも、従業員の一人や二人いなくなったところで全体の中ではほとんど影響のないのも事実だ。 ちょっと悲しいけど。
 でも、商売は「売る」のではなくてお金を出して「買ってもらう」という意識が必要だよね。 

 愚痴がとっても長くなった。 というわけで降りるはずの駅を通り越して高幡不動までいってしまった。 

P1010632


 もし見てくださっている方がいらっしゃったら ここ にあります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 23, 2009

脳梗塞 32

 仕事を辞たので、ケアマネージャーに連絡して介護ヘルパーさんのシフトを変えてもらおうと思っていたら、ご本人から連絡がきた。 なんでも、今の事業所を閉鎖することになったので...ということらしい。 新しいケアマネージャーは後で紹介してくれるらしい。 ちょうどこちらも失業して..云々の話をしたらお互いさまですね、という話になってしまった。 ま、肝心の介護ヘルパーさんの予定については次のケアマネージャーの方を連れてきてからという話になった。 今月については土、日は取り消してもらった。 土、日は就職も探せないしね。

 今日は多少元気だった。 もうデイケアセンターには行かないなどと言うので、また私のテンションが下がってしまった。 もう勝手にしてくれって感じだ。 ま、行かせるけど。 この人は...一体。

 明日は病院に連れて行くつもりだが、面倒くさいので薬だけもらってこようかなとも思っている。 その方が私は楽だし、交通費もあまりかからないからね。 

 あ~~ めんどくせぇ~!

 とも言ってられないのが悲しいところか.. ハァ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 19, 2009

脳梗塞 31

 今日はデイケアの日だ。 朝仕事に行く前に調子がいまいちの様子だったので、介護ヘルパーさんがきたら状況を考えて行かないならそれでも良いと行って出てきた。 
 家を空けている間何も連絡が来なかったのでよかった。
 帰ってきたら、ちょっと疲れたと言っていたが思ったより元気。  菖蒲園に連れて行かれたと言うことだ。 デイケアセンターもいろいろ考えているのだろう。 花はあまり咲いていなかったと言っていた。 ま、もうじき終わりだからな。 
 薬を飲ませ、早めに寝かせた。 少し安心。 明日今日の疲れがどうなっているかが問題ではあるが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 17, 2009

水元公園

 いつも介護生活でストレスがたまりぎみ。 ちょっと出かけてきた。 朝食事をさせ、薬を飲ませ、昼食の準備をしてでかけた。 転ばないようにカーペットにもすべり止めをつけ、いろいろなところの角には子供用の角当てをつけておいた。 ま、今日はあんまり動くつもりもないようなので気になりながらも Pentax K10Dを持っていった。 レンズは大昔のSMC Pentax 135mm F3.5。 もちろんマニュアルだ。 そのせいでレンズの情報が本体に送られないのでF値は記録しておかないとだめだ。 


 撮ってみたが以前撮影したような絵になってしまった。 F3.5 絞り開放、絞り優先だ。 

ハナショウブ

スイレン

ちょっとでっかいのでご注意を。

 心配しながらも、ストレス解消にはなった。 

 帰ってきたら寝転がっていた。 転んだこともなく、大丈夫だった。  一安心。 夕飯もちゃんと食べてくれたのでよかった。  今はもう寝ている.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 16, 2009

脳梗塞 30

 6/16 今日は体調がすぐれないのか、ほとんど寝ていた。 起きてもふらつくようなので寝かせておいた. 血圧が高いのかと思って計ってみたが、150程度だ. 少し高いか.…  
 しゃべりもあまりはっきりしていない。 昨日はデイケアでお風呂に入ってきた。 その時は調子がよかったらしいのだが、今日はあまりよくないと本人が言っていた。 入院していた時も調子がよかったり、悪かったりを繰り返していたものだが.… よくわからない。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 10, 2009

脳梗塞 29

 入院していた病院からもらった薬がもうなくなるので、今日は病院に連れて行った。 入院していた所とは違うかかりつけの病院だ。 病状、経緯を記した書類をもらって持って行った。  

 タクシーに乗るのも大変、降りてからほんの少しの距離も大変。 本人が一番辛いのだろうが、回りも大変なんだよ。 往路の運転手さんはちょっと愛想が悪いなぁと思ったが、実際はとても親切で心配してくれて助かった。 復路は少しお年を召した運転手さんだった。 この方もとても親切で運転にも気を使ってくれた。 最近嫌な感じの人に当たったことがない。 退院のときに乗ったタクシーも感じがよかったしね。

 看護師のみなさん、先生とも心配してくれていた。 入院している最中に一度位は挨拶に行けばよかったのだが、結局余裕がなくて行けなかったのだった。  ちょうど昨日噂をしていたと言われた。 ありがたいことだ。 
 血圧がちょっと高めだったので、血圧の薬を少し多くしようということだ。 心臓の薬は入院中も飲んでいなかったので様子をみることになった。 
 
 帰ってきてから疲れたのか少し元気がない。  明日もデイケアに行くのだが、嫌がっていた。 しかし、前回帰ってきたときには明らかに元気になっていたので、多少期待している。

 もっと歩けるようになったら、入院していた病院に挨拶に連れていくつもりだ。 それを目標に頑張れと言っている。 
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 09, 2009

脳梗塞 28

 昨日(6/7)は結局デイサービスに行ったそうだ。 無理やり連れていかれたと言っていた。 もっともそうでもしない限り行く訳もないが。  無理やりにでも連れていかれた結果は大正解だったようだ。 本人はいやだと言っていたが明らかに朝とは異なっていた。 声にも張りがあるし、もごもごだった言葉もわかりやすかった。 本人は気づいていないかもしれないが、よく喋っていた。 デイサービスでの知らない「ばあさん」に訳の分からない話を聞かされたことなど話していた。 行ってよかったのだ。 
 今日はヘルパーもこないしデイサービスにも行かないので、家にいたが、少しやる気が出てきたようだ。 一安心だ。 しかし夕方になると顔つきがまたあまり表情のない姿に戻ってきた。 家の中を無理やり歩かせた。  明日は病院に行かないと薬がない。 最悪は薬だけもらいにいくか… 迷うところだ。 車でもあればとこういうときは思うね。 タクシーだとあんまり自由が利かないし。

 話は変わるが、 パナソニック DMCLX3 付属の RAW 現像ソフト Slkypix を wine で Ubuntu にインストールしてみた。 ちゃんと使えた。 楽しい。 UFraw よりデフォルトでは明るくなるようだ。 現像スピードは wine を使っているせいもあるだろうが UFraw の方が圧倒的に速い。  デフォルトの絵作りは UFraw の方が好みにあっている。 ま、これは個人の問題だからね。 

 ちょっと画像が大きいので別のところに置いてあるので

まず UFraw

こちらが Silkypix

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 07, 2009

脳梗塞 27

 とりあえず明日は仕事に行くことにした。 ヘルパーが午前中と午後きてくれるので、何かあれば連絡をくれるだろう。 

 退院して一週間、ほとんど寝てばかり。 歩け、起きろと言っても言うことをきかない。 病院ではタイムスケジュールどおりリハビリタイムがあったのでほぼ強制的にやっていたが、私の言うことは聞かない。 甘えているのか、常に楽な方にいってしまう。 おかげで退院直後はほぼ歩けていたのに立つこともままならなくなってきた。 寝ているばかりだからだと言っても聞こえないふりか… 無理に起こそうとすると体調が悪いという。 本当に体調が悪いのかと思えば食事はちゃんとする。 文字を書かせようと思っても見えない、描けないと言う返事。 書けないから書くんだよ、病院で書いていただろ、と言っても無駄のようだ。 本人にまったくやる気を感じない。 ただ、寝て食べているだけ。 何のために長い間入院していたのか、悲しくなってくる。
 
 明日はデイケアに行く予定だが、この状態では無理だと自分で言う。 行ってもらわなければ困ると言っても聞かないし、ほとほと困っている。  このまま家にいたら確実に寝たきりになりそうだ。 楽だもの、その方が。 無理に歩かなくていいし、 困るのはトイレに行くときだけだ。 

 水曜日には医者にもいかなくてはならない。 どうやって連れていくか、車椅子か。 ため息ばかり。 せめて言うことを聞いてくれと思う。  

 他人の言うことは昔から聞かなかったが、よりひどくなっていく。 この先、どうしたらよいのだろうか。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2009

Ubuntu 9.04 RAWファイルの取扱い

 Ubuntu9.04 でRAW現像をしたいと思った。 一々 Windows PC でメーカーの現像ソフトを立ち上げて…というのも面倒くさい。 いや面倒くさくはないのだが、ほとんど使っているのが linux なのにと思っただけなのだ。  試しに wine でペンタックスの Photo laboratory をインストールしてみた。 結果は十分使えた。 プレビューで画像が乱れることがあったが、現像された画像は大丈夫だ。  ふーん、おもしろい。
 
 さて、linux 上の RAW 現像ソフトは…と思ってインターネットで検索してみると結構いろいろな方々が作っていらっしゃる。 さすが巨大コミニュティ。  Ubuntu のパッケージマネージャ (synaptic) で raw と検索してみると ufraw がでてきた。 GIMP のプラグインとしても使える。 
  ペンタックス K10D(*.PEF)、 パナソニック DMCLX3(*.RW2) のどちらの RAW ファイルも現像できた。 ソフトが一つにまとまるのは大変ありがたい。 ま、Windows 版もあるけどね。 

 画像処理も GIMP でできるのでとっても good !

 これからこれにしよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 05, 2009

脳梗塞26

 6/5 今日は医者に連れていく予定だったのだが、本人が行く気がないので断念。 薬はあと6日分あるので、水曜日に行こうかと思う。  今日は体調が悪いのか全然動かなかった。 立ち上がろうとしてもふらつく。 具合が悪いのか?と問うても大丈夫と言うだけだ。  食事はちゃんととったので大丈夫だとは思うのだが…
 月曜日にはデイケアでお風呂に入ったりリハビリしたりだが、本人は絶対行きたくないと言っている。 このままだと本当に寝たきりになりかねないし困っている。 キャンセルすると介護保険適用外だから実費をとられるしね。 ヘルパーが月曜から来てくれるのだが、何度説明してもわかってくれない。 
 この先どうしたらよいのやら…  こんなにわがままだと思わなかった。  本人の気持ちを優先すればよいのかもしれないが、そうすると一日中寝ていることになる。 そのうち起き上がれなくなってしまうだろう。 それを分かっていないのが悲しいところだ。 回りがそうならないようにと心配りしているのを分かってくれていない。 そこまでボケたか。

 仕事の休みを一週間とったので、あと二日。 本当に仕事に行けるのだろうか。 もっとも、行かないと生活すらできなくなっちゃうからな。  

 今の仕事は6月で終わり、派遣契約を打ちきられた。 早く新しい仕事を探さなくてはならないのに、と心はあせるばかりだ。  派遣労働者の辛いところだな、ハハハ。

   トホホ。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 03, 2009

Windows 7 rc

 Windows 7 RC が公開されている。 早速ダウンロード、インストールしてみた。 ベータ版の時もインストールしてみたのだが、 私の環境では何かソフトをインストールしようとするとフリーズしてしまっってまともに使っていなかった。 
 Core2Duo のマシンは Ubuntu9.04をいれたので、 Pentuim D 840 のマシンにインストール。  マシンは前記CPU、 チップセットは965、 グラフィックはGForce 8600GT、メモリは4GB。 ちょい前のスペックだ。 インストールは簡単。 ほとんど待っているだけ。 グラフィックも正常に認識された。 特に問題はなさそうだったが、サウンドがうまくない。 実はUSBのサウンドプロセッサーを使っている。 認識はされているのだが、音がまともに出ない。 なんでだろ? 
 動作はVistaに比べれば軽い。 iexplorer も ver8 になっていて結構便利だ。 見栄えがかなり違う。 ベータ版と違ってソフトのインストールは問題なくできた。 Office 2007 も試しに入れてみたが、ちゃんと動いた。 プロダクトキーも入力しなかったし、後で入力する気もないので、30回起動させたら終わりだけどね。 昔作ったプログラムも特に不具合もなく動いた。  
 DVDもちゃんと再生できた、音はだめだけど。 ところがDVDの書き込みに失敗する。 4GB程度のデータを用意し書き込もうとしたが、途中で失敗した。 2枚だめにした。 CDR/RWは手持ちが今ないのでやっていないのでわからない。 壊れたかと思い、XP上でB's Recorderでやってみたが、問題なく書き込めたので、 Windows 7 上の問題かと思う。 私の環境だけかもしれないが... 

 Windows 7 にはVirtual XP モードというのがあるそうだ。 製品版では標準で搭載されるらしい。 RC版では間に合わなかったのだろう。 


 なんだかんだいって、Microsoft も XP の方がいいと思っているんじゃないの?  

 それにしても、 Vista は失敗だったのか? 個人的には Vista だろうが、Ultara 7 だろうが何でもいいが.... あんまりWindows 使わなくなっちゃたから。  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 02, 2009

脳梗塞 25

 6/1 退院の日。 11時頃に行こうかと思っていたら、10時ちょっと過ぎた頃病院から電話が来た。 退院は10時なんですけど...だって。 あれ?!そうなのか。 知らなかった。 病院の案内を見ると確かに「退院は10時まで」と書いてある。 全然読まなかったなぁ... 失敗。
 あわてて、出かける。  11時くらいに着いた。  母親が「退院なの?」と聞くので「先週、今日退院だって言ったろ」と言うと、知らないと言う。 覚えていないらしい。 先週家に帰ったのもはっきりしていない。 完全にぼけたか... 記憶障害が残ると医師には言われているがその通りだ。 
 とりあえず看護師の皆さん、リハビリ担当の皆さんに挨拶をし病院を出た。  歩くのも大変。 タクシーに乗るのも大変。 家に帰ればすぐ寝たがる。  本当に寝たきりになりそうだ。  歩かせようとしても気が進まないらしい。  頭の働きを活性化させようと思って文字を書く練習をさせようと思っても返事もしない。 
 ため息をつくしかない。

 16:30 ケアマネジャー、デイケアセンターの人たちとミーティングを持った。  仕事がある日に午前、午後に入ってもらうのと、週2回デイケアサービスを受ける話。 あちらでお風呂に入ったりリハビリをしたり、他の人と話したりして欲しいと思ったからだ。 家の風呂だと少し危険だというのが前回家を見に来たときの結論だ。 私もそう思う。  ところが、本人が家を出るのはいやだ、風呂は家でシャワーを浴びるからいい、 他人と話したくない、嫌々のオンパレード。  シャワーも危ないからと言っても聞かない。 寝たきりになってもいいという。  自分のことしか考えられない。  歩いて買い物に行けるようになりたくないのか、と言っても返事もしない。  少しは俺のことも考えてみろ、と言ってもだめだ。  昔から他人の言うことは聞かない人だったが、ここまでひどいとは思わなかった。  
 とりあえず契約だけしてミーティングを終えた。 これからどうする? 怒りを通り越してあきれるほかない。 寝たきりになったら仕事にも行けない。 

 6/2 朝食はトースト、キャベツ、にんじん、レタスのサラダ、 コーンポタージュ。 少しさましたお湯もとろみはつけなかった。 多少むせたようだが、食べられた。  今はまた、寝転がっている。 部屋の中を少し歩こうかと言ってみたが、やる気がない。 病院にいた時はほぼ強制的にリハビリされられていたが、自分の家だし自分の身内だと全然言うことを聞かない。 

 疲れるし、ストレスがたまりそう。 仕事をしていた方がよっぽど良い。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2009 | Main | July 2009 »