« Atom 230 | Main | 脳梗塞 2 »

February 14, 2009

脳梗塞

 母親が脳梗塞になった(85歳)。 ただいま入院中だ。 ようやく今日からリハビリを開始した。

 2月9日朝、様子がおかしかった。 何となくボーとしていた。 血圧を図ってみると上が180、下は覚えていないがいつもより高かった。 通常は上が150前後だ。 ちょっと普段と違うな、と感じたので会社を休み、医者に連れていくことにした。 いつもいく診療所では血圧を計り血圧の薬を出された。 これでいいのかな…と思った。
 家に帰り寝かせた。 昼過ぎに軽くトースト、コーンスープ。 その後また寝かせた。 夕方になり元気になったように思えた。 しかし、「これから会社にいくのか?」など言いはじめた。 しかも、「朝」だと思っているらしい。 「今は夜だよ」と言っても分かっていないらしい。 夕食を食べさせた。 お粥などだ。 食べ終わり、30分くらいしたとき、急に「左手が動かない」と言い始めた。 また、ろれつが回っていない。 本人もそのことはわかっているらしい。 また脳梗塞かなと思った。 
 #7119(救急相談)に電話した。 事情を話すとすぐ119につないでくれた。 その10分くらい後に救急車が来てくれた。  消防車もいたのにはビックリした。 6人の救急隊の方々に来ていただいた。 本当に感謝だ。  救急車の中では最初の病院は拒否されたが、2番目の病院が差額ベッドが高いが受け入れてくれるという。 
 病院に搬送され検査をした。 そのまま入院になった。 もう大丈夫だからと、私は帰された。 家についたのが23:30くらいだったかな。

 2月10日、病院で医師の説明を受けた。 やはり脳梗塞。 また、私の知らないところで転んでいたらしく、脳に出血が見られた。 これはいずれなくなるから心配ないと言われた。 ただ、脳梗塞の障害は残るだろうと言われた。  この日は、ベッドで安静。 ほとんど眠り続けているようだ。 会話にはならない。

 2月11日、 再度検査。 実は昨夜、トイレに自分でいこうと思って転んだらしい。 左半身をひどく打ったらしい。 左目がアオタン状態。 「なんで、ナースコールしないの?」と聞いたが、自分で動けると思ったらしい。  この日もほとんど眠っている状態。 

 2月12日、検査結果は転んだことで脳には特に影響はない、とのことで一安心だ。  リハビリ担当の医師にも説明をうけた。  会話は多少するが、ろれつが回らないのと、少しボケているような気配が心配だ。

 2月13日、午後から病院に行った。 午前中はベッドから起き上がったり簡単なリハビリを開始したそうだ。 リハビリ担当の理学療法士(でいいのかな?)の方からリハビリの説明を受けた。 食事をしたのかと聞いたが、食べられなかったと言っていた。 この辺はボケているのかよくわからない。 だが、時々自分が家にいるように思っているらしい発言をする。 16時ころから再びリハビリ。 この時は自分が病院にいることを分かっているような発言だ。 
 
 看護師の皆さん、それにリハビリを担当されている理学療法士の皆さん、医師の方々、本当に大変な仕事だと思った。 単に仕事だからと割り切ってできる仕事ではない。 頭の下がる思いだ。 
 
 今日はリハビリを見ていてちょっと安心した。 これからボケるかなとも思ったが、その時はその時だ、と考えなおした。 

 関係ないが、母が入院したと同時にAOA150がこわれた。 まったく立ち上がらなくなった。 電源は入るが、bios画面はおろか何も出ない。 ハードディスクも動く気配がない。 本体のファン以外なにも動いていない。 販売店に持っていきたいが当分無理だし… 

 

|

« Atom 230 | Main | 脳梗塞 2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47007/44052345

Listed below are links to weblogs that reference 脳梗塞:

« Atom 230 | Main | 脳梗塞 2 »