« January 2009 | Main | March 2009 »

February 28, 2009

脳梗塞 6

  2/24 少し元気だった.。 リハビリも大分進んで、補助器具を使いながら病棟を歩く。 このまま行けば先が見える。 
  2/25 ところが、この日は元気がない。 寝てばかり。 起きていた方が良いと思うのだが、本人にその気がないようだ。 午後のリハビリもやる気がない。 
  ソーシャルワーカーから介護保険等の説明を受けた。 今後状態によっては施設も考えないとならなくなるかもしれない。 ともかく、本人がやる気になってくれないと先に進めない。 救急病院なのでいつまでもいられない。 リハビリ病院に転院することになる。


  救急で入院した病院、しかも病室が空いていなくて個室にいるので、差額ベッド代がかなりの負担だ。  早く元気になってもらわないと.…  個室から移してくれるように病院にはお願いしたが、まだ決まらない。

 5日間仕事だから次は3/3,4だ。 それまでに少しはよくなってくれるのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2009

脳梗塞 5

 2月21日 朝食を食べられるようになったようだ.。 昼も少し摂った。 だが、あまり元気がない。 リハビリ中も目を閉じて寝てしまいそう。 元気がない。 結局あまりリハビリも進んでいない。 寝たきりになってしまうのが心配。 病室でも少しは起きていた方が良いと思うのだが、寝てばかり。 「起きていてごらん」といっても、嫌がる。 そのくせ家に帰りたいという。 困ったものだ。 
 とりあえず、リハビリも始まったことだし明日から仕事に復帰することにした。

 2月22、23日は仕事に行った。 やはり、気になる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2009

脳梗塞 4

 小泉さんも言いたいこと言っている。 自分が総裁の時は、絶対許さなかったのに…勝手なものだ。 もう、自民党はダメだ。 それにしても現政府はやることが遅い。 景気対策といいながら何もしていないではないか。 失業者の対策は? 高齢者の生活安定は? 自分の母親が倒れて入院してみると、こんなにも金がかかるのかと思う。 安心して病気にもなれないこんな世の中を何とかしてほしいものだ.

 2月18日 病院に行ってみたら妙に元気がない。 リハビリも進んでいない.。 ベッドの中で足踏み、腰上げくらいだ。 急いでもしかたがないが、不安になる。 

 2月19日 今日は昨日よりよく喋る。 体調が少し良いのか。 ろれつが回っていないので、よく聞かないと何を言っているのか分からないが、少し安堵した。  看護師さん、リハビリ担当の理学療法士の方に申し訳ないようなことを言っていた。 「良くなることが一番だよ」と言っておいた。 

 2月20日 元気がない。 リハビリは少し歩いたらしい。 疲れたと言っていた。 早く家に帰りたいとも言っていた。 心なしか顔色がよくない。  一日おきに体調がよかったり悪かったりするのだろうか?


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2009

脳梗塞 3

 2/16 には少し元気になったのか、多少リハビリを行った。 言葉もはっきりはしないが、おしゃべりをするので良くなってきたのかなと思った.。 少し先が見えてきた気がした。

 2/17 ところが、今日は元気がない。 リハビリも進まない。 1歩進んで2歩下がっていく感じ。 歳をとっているから仕方がないのか、本人にやる気がないのか…  本人は「家に帰ろうかな」なんぞ言うから思わず強い口調で「今の状態でどうやって帰るんだ」 などと言ってしまった。 後悔している。 もっとやさしく言うべきだったか…と。
一番大変なのは本人だと分かってはいるのだが、看護師、リハビリ担当、医師の方々のことを考えてしまった。 一生懸命やってくれている人たちの気持ちを分かって欲しかった.。 本人も分かっていて、なお自由にならない自分自身に苛立っているのだとは思う。 身内の私が突き放した言い方をしたらいけないよな。 ゴメン、反省だ。

 早くよくなってくれ。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2009

Celeron M 360

 中川昭一財務・金融相が辞任するそうな。 そりゃそうだろう。 全世界に日本の財務大臣は「おばか」だと放送してしまったのだから。 理由が「カゼ薬、腰の薬」って。 風邪気味で会社に行くときには私も風邪薬くらい飲んでいるが、あのようにはならないぜ。 そりゃちょっと熱っぽかったりしたら、電車の中でうとうとすることはあるけど… 言い訳がわざとらしいよね。  
 日本の閣僚ってどんどんレベルが下がっていくような気がする。 

 しばらく使っていなかったノートPC を引っ張り出した。 日立のGN33Mという中途半端なモバイルPC。 CeleronM360(1.4GHz)試みに Super π をやってみた。 52万桁 30秒だった。 

 そのまま使っても面白くないので Ubuntu 8.10 をインストール、 Windows とのデュアルブートにした。 無線も問題なく認識したので新たにドライバをインストールすることもなく、実に簡単だ。  これにwineをインストールして、 以前作ったwindowsのプログラムをいくつか入れた。  本当に便利になったものだ。  

 わざわざ値段の高い windows を使う必要がますますなくなっていくような…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2009

Atom,Pentium D,Core2duo

 政治も景気もいやなことばかり。 母親の脳梗塞も頭が痛い。 色々考えていると鬱々としてくる。

 我が家のPCもいつの間にか増殖してきた。  Super π で遊んでみた。 52万桁。

 cpu, chip set, memory,OS,所要時間 の順だ。

Pentium D 840 (2.8GHz), 945, 4GB , XP SP3, 21秒
Core2 Duo E8400(3GHz), G33, 4GB, Vista SP1, 7秒
Atom230(1.6GHz), 945GC, 2GB, XP SP3, 49秒
Atom330(1.6GHz), 945GC, 2GB, XP SP3, 42秒

やっぱり Atom は多少遅めかな。 AOA150が壊れたのでできなかったのが残念だ。 


 さて、明日も病院に行ってくるか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2009

脳梗塞 2

 一夜明け、安心したのもつかの間翌日(2/14)に病院に行ってみたら妙に元気がない。 また、「ベッド内安静」になっていた。 説明を聞いたところ脳梗塞の範囲が広がっているらしい。 左側のマヒが少し進んだようだ。 言葉はあまり変わっていない。 ろれつはよく回っていない。  脳梗塞を抑える薬を使うが副作用で腎臓が悪くなるかもしれないといわれた。 
 結局この日(2/14)はベッドから動けずじまい。 振り出しに戻った感じ。  

 本日(2/15)も同じような感じだった。  「早く直して家に帰ろう」と話しかけたが、「もう直らないよ...」と言っていたのが、ちょっと悲しかった。 「みんな早く直そうと思ってがんばってくれているんだから、自分もがんばろうよ」とは言っておいたが...

 やつれた姿を見ているとつらいね。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2009

脳梗塞

 母親が脳梗塞になった(85歳)。 ただいま入院中だ。 ようやく今日からリハビリを開始した。

 2月9日朝、様子がおかしかった。 何となくボーとしていた。 血圧を図ってみると上が180、下は覚えていないがいつもより高かった。 通常は上が150前後だ。 ちょっと普段と違うな、と感じたので会社を休み、医者に連れていくことにした。 いつもいく診療所では血圧を計り血圧の薬を出された。 これでいいのかな…と思った。
 家に帰り寝かせた。 昼過ぎに軽くトースト、コーンスープ。 その後また寝かせた。 夕方になり元気になったように思えた。 しかし、「これから会社にいくのか?」など言いはじめた。 しかも、「朝」だと思っているらしい。 「今は夜だよ」と言っても分かっていないらしい。 夕食を食べさせた。 お粥などだ。 食べ終わり、30分くらいしたとき、急に「左手が動かない」と言い始めた。 また、ろれつが回っていない。 本人もそのことはわかっているらしい。 また脳梗塞かなと思った。 
 #7119(救急相談)に電話した。 事情を話すとすぐ119につないでくれた。 その10分くらい後に救急車が来てくれた。  消防車もいたのにはビックリした。 6人の救急隊の方々に来ていただいた。 本当に感謝だ。  救急車の中では最初の病院は拒否されたが、2番目の病院が差額ベッドが高いが受け入れてくれるという。 
 病院に搬送され検査をした。 そのまま入院になった。 もう大丈夫だからと、私は帰された。 家についたのが23:30くらいだったかな。

 2月10日、病院で医師の説明を受けた。 やはり脳梗塞。 また、私の知らないところで転んでいたらしく、脳に出血が見られた。 これはいずれなくなるから心配ないと言われた。 ただ、脳梗塞の障害は残るだろうと言われた。  この日は、ベッドで安静。 ほとんど眠り続けているようだ。 会話にはならない。

 2月11日、 再度検査。 実は昨夜、トイレに自分でいこうと思って転んだらしい。 左半身をひどく打ったらしい。 左目がアオタン状態。 「なんで、ナースコールしないの?」と聞いたが、自分で動けると思ったらしい。  この日もほとんど眠っている状態。 

 2月12日、検査結果は転んだことで脳には特に影響はない、とのことで一安心だ。  リハビリ担当の医師にも説明をうけた。  会話は多少するが、ろれつが回らないのと、少しボケているような気配が心配だ。

 2月13日、午後から病院に行った。 午前中はベッドから起き上がったり簡単なリハビリを開始したそうだ。 リハビリ担当の理学療法士(でいいのかな?)の方からリハビリの説明を受けた。 食事をしたのかと聞いたが、食べられなかったと言っていた。 この辺はボケているのかよくわからない。 だが、時々自分が家にいるように思っているらしい発言をする。 16時ころから再びリハビリ。 この時は自分が病院にいることを分かっているような発言だ。 
 
 看護師の皆さん、それにリハビリを担当されている理学療法士の皆さん、医師の方々、本当に大変な仕事だと思った。 単に仕事だからと割り切ってできる仕事ではない。 頭の下がる思いだ。 
 
 今日はリハビリを見ていてちょっと安心した。 これからボケるかなとも思ったが、その時はその時だ、と考えなおした。 

 関係ないが、母が入院したと同時にAOA150がこわれた。 まったく立ち上がらなくなった。 電源は入るが、bios画面はおろか何も出ない。 ハードディスクも動く気配がない。 本体のファン以外なにも動いていない。 販売店に持っていきたいが当分無理だし… 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »