« July 2007 | Main | September 2008 »

June 12, 2008

さまざま

 福田さんの問責決議案が参院で通り、予定通り衆院では信任になった。 国民のほとんどが支持していないのにもかかわらず、福田さん&自民党は結局続けるのだろうか
 解散総選挙をしましょうよ、福田さん。


 秋葉原の事件も衝撃的だった。 いつも通るところで、事件の3日前にもグラフィックボードを買いに通ったばかりだった。  当然犯人は許せない。 あのタイミングでたまたまあの場所にいただけで、巻き込まれ亡くなった方々、けがをされた方々、不運と言う言葉では余りにも切なすぎる。 亡くなった方のご冥福と、けがを負われた方の快復を祈るばかりだ。 
 でも、あんな殺傷能力のある刃物が簡単に買えるんだね、びっくりした。

 犯人を擁護するわけではないが、彼の孤独、社会に対する怒りはわかるような気がする。  派遣労働者にはほとんど未来はない。 安い賃金で働かされ、契約は短い。 契約の途中でさえ不要になれば切り捨てられる。  仕事がなければ給料は入ってこない。  職場では’派遣'と’社員’とでは大きな違いがあるから。 その怒り、絶望感がああいう形で現出してしまったのだろうか?  
 
 そういえば、アキバのホコ天を当面中止するとニュースで伝えていたが、せっかくのホコ天をやめる必要はないのではないか? ホコ天が問題なのではなくて、事件が問題なのだ。 ああいうことをしでかす人間を作ってしまった社会も、当然だが、本人が問題なのだ。  はっきり言って、やるやつはホコ天じゃなくてもやるぞ。 車で歩道を突っ走ったり、刀を振り回すかも知れない。  「世界のアキバ」が舞台だったが、新宿でも、渋谷でも、池袋だってありえたのでは?  
 
 小泉政権の時に規制緩和の旗印の下に派遣労働の規制が取り払われた。 企業側も便利に使い捨てられる派遣を受け入れた結果だな。  儲かっているのは中間で上前をはねている派遣業者と正社員を少なくできる企業だけだ。 
 今の時代、弱者はとことん弱者であり続けるのだろうな。 再びあのような事件がおきないことを願うしかない。  
 弱者の心をわかる政治を望むのは無理だろうか。 


 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2008

久々に

久々。

 福田内閣もあれだけ支持率が落ちているのにやめないのは、ある意味「すごい」 
 洞爺湖サミットのことで頭がいっぱいのようだが、国民に顔を向けた政治をしないとね。 元ワイドショーコメンテータ教授の厚生大臣も、年金問題を含めて、いい加減なことばかり言ってないでさっさと辞めればいいのに。  後期老齢者医療制度は明らかに社会的弱者を切り捨てるものだ。 低所得者にはつらい。 7割の人は負担軽減という大ウソでごまかそうとしても、無理があるよな。  なんだかせつない。 もっとも、これは小泉政権の産物だったか。

 最近パソコンを変えた。 今までは7,8年前に作ったPentium3のPCだった。  今度は Core2Duo E8400,
GForce8600GT, メモリ4GBだ。  電源もCPUファンも静穏、じゃない静音タイプにした。 グラフィックボードは安かったから購入したのだが、あいにく静かとは言えないかも。   
 Windows Vistaのエクスペリエンス・インデックスも5.5。 CPU5.6、ゲーム用グラフィックが5.5以外は全部5.9。 別にゲームをやるわけではないのだが、上記グラフィックボードにしたのは、デュアルディスプレイにしたかっただけ。 残念ながらこれはHDCPには対応していなかった。  Radeon HD3450のほうが良かったかな、HDCPに対応しているし。  
 デュアルディスプレイは便利だ。 VirtualPC 2007でLinuxを動かしていても、ディスプレイが独立していると使いやすい。 Excel でマクロを作っている時も、エディタと表を別々のディスプレイにできるので、これまたよろしい。 
 
 政治も、世の中の事件も、いやになることばかりだ。 「誰でもよかった」から刺したり、マンションの同じ階の人を殺したり、大地震やサイクロンで大きな被害にあったり、鬱々として楽しめない。 
 せめてパソコンでも作って憂さを晴らす程度だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2007 | Main | September 2008 »