« January 2005 | Main | March 2005 »

February 26, 2005

きみに読む物語

 映画のチケットをもらったので先日見に行ってきた。 「きみに読む物語」だ。 何の予備知識も、インターネットで調べることもなく、ただ「変な題名だな...」と思いながら行ったのだった。 

 題名から考えてみればわかったのだが、オイラの苦手なラブ・ストーリーであった。 ラブコメはたまに見るが、(もっともそのときだって、サンドラ・ブロックだからとかアダム・サンドラーが出ているからという事で見たりする)純愛物は大昔の'Love Story'以来ちょいとアレルギーなのだ('Love Story'のおかげで大好きなバッハのバイオリンコンチェルトホ長調の第三楽章を聞くといまだにぞっとする)。 話は関係ないがサンドラ・ブロックはつまるところ「スピード」が一番だな...
 オリジナルの題名は 'The Notebook'すっきりしていい題名だ。 邦題は小説の日本語版の題名からだそうだ。 最近は原題をそのままカタカナにしているのが多いんだからこれも「ノートブック」でよかったんじゃねーの? 「キング・アーサー」だって「アーサー王」とも「アーサー王伝説」ともつけてないし、「アイ、ロボット」だって「私はロボット」なんてつけてないじゃん。  

 それにしても、ジェームズ・ガーナーとジーナ・ローランズのお年を召したことよ。往年のスターも年取るんだね...当たり前だけど。 大脱走のジェームズ・ガーナーがなつかしい。

 ストーリーはありがちな設定のラブ・ストーリーで特に目新しくもない。 痴呆症の奥さんに彼女の書いたストーリーを読んで聞かせるのも何処かで聞いたような話だ。 そもそも、彼女がこのノートに書き綴った経緯も説明されていない。 痴呆症を認識し始めた彼女が想い出をなくしてしまう前に書き残し、夫に読んでもらえば記憶を呼び覚ますことができるだろうと考えたのだとは思うが...その辺の苦悩を描いたらもうちょっと違ったような気がする。 でも、ストーリーは夫の目線で進んでいくからあれでいいのかな?なんだか食い足りない。 ジェームス・ガーナーはよかったけど。 
 見ていて気になったところはたくさんある。 途中早送りで見たいくらいだった。 日本語の字幕も英語のニュアンスとは違うところが多かったし。 日本語だって別の言葉があるだろ!と思ったのだった。 話の流れも都合が良すぎて... 娘に読ませたくない手紙なら捨てるか送り主に送り返すかしないか? とっておくか? 母親の行動も説明不足で不可解なだけだ、「だからなんなんだよ」という感じだ。 彼女の婚約者もいいやつだし、彼の恋人?の未亡人もいい人なのに、ちょっとかわいそうだ。   
    

 ただ、年寄りを抱えている身からすると痴呆症を含む介護の問題については考えるところが多かった。 いずれ自分だって確実に直面する問題だからな..

 最後のケミストリー(だったか? このテの音楽は聴かないのでわからんが)のプロモーションフィルムはいらんのではないか? 見たくもなかったが、真ん中の席にいて通路側の人が席を立たなかったので出られなかったのだ。 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 13, 2005

過去形 = 丁寧?

 昨日の続き。

 過去形が丁寧な語感を伴うのは万国共通らしい..よく考えたら「失礼します」「失礼しました」の例もある。 個人的には「~ました」より「~します」の方が良いような気がするけれど... 今度、敬語の本でも買ってきて読んでみよう。
 

   昔、電器屋に勤めていた時、先輩に教えてもらったことがある。

 それは、よいお客様でまた来店して欲しいと思ったら「ありがとうございます」と言ってお帰りいただく。  これは現在形で「これからもよろしくお願いします」という気持ちが込められている。

 いやな客だったら「ありがとうございました」と言う。 過去形で「もう過ぎたこと」、もう関わりはないと言う気持ち。 心の中では「もう来なくてもいいよ」と思っているわけ。

 「ふ~ん、なるほど。 そいつは面白い」と思った。 以来25年間、ついこの間まで販売店に勤めていたので、言い分けていた。 もちろん、お客様はそんなこと知らない..

 正しい言い分け方ではないかも知れないが、この場合は「過去形」にはちょっと悪意がある。 

 こんなこと言い分けている店員さんっているんだろうか。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2005

マンション買え

 最近、煩雑に「マンションを買え」という電話がくる。 少し前もたまにこの類の電話はかかっていたが、2日間で3回もかかってくるとちょと???だ。 個人情報が取りざたされている昨今、うちの電話番号が漏れたのかと思ったが、特にこちらが「誰」と確認することもない。 いわゆるテレアポだ。 仕事のことの電話かな??と思って出るとこれだ。 もっとも、仕事にしろ遊びにしろ連絡は携帯だから、固定電話にかかってくることはないか.... 



 最初は昨日の午前中。 「悪いが(全然悪いと思っていないけど)、興味ない」と言ったらあっさり引き下がった。 これは女性だった。 



 二度目は昨日の夕方。 電話が鳴った。 

 「もしもし」と出ると、何とかいう不動産?会社の男だ。 のっけからマンションの購入を勧められた。

 「間違ってない? どこにかけているんですか?」と聞いた。

 「ご主人様ではないんですか?」と言われた。

 「ご主人もくそないけど、どこにかけたつもりなの?」と問い返した(だんだん腹が立ってきている)。

 「今はマンションの買い時なんです。 ぜひいかがですか? 新築でも...」

 「だ・か・ら、アンタどこの誰にかけているの? うちはそんな電話頼んだ覚えもないぜ」 

 「人がせっかくいい物件を勧めてやっているのに随分な言い方だな」

 「オイ、ちょっと待て、ふざけるなよ、オタクが勝手に電話かけてきて、勝手に話し始めて、勝手に文句言うな。 オタクがどこの誰に電話をかけたのかを確認しているだけだろが!」

 「要するに興味ないんだろ、後悔すんなよ!」と言ってガチャッと切りやがった。 

 こんな社員雇っている会社のマンションなんか死んだって買うもんかい。 ちょっとは口の利き方を教育しやがれ! よく会社の名前聞いときゃよかったな... あの男名のらなかったし...全くふざけてる。 



 ま、こういう電話は日中だと思っていたので、今日のは油断した。 夜8時30分、電話が鳴った。

 「もしもし..」と出ると、相手はしばらく無言だ。 もう一度「もーしもーし、なんですか?」と聞き返した。 いたずらか?

 切っちゃおうと思って切りかけた時、 「あのぉ、南口に新しいマンション...」と蚊の鳴くような女の声。 なにやらカタカナの名前を言ったのだが、会社なのか、マンション名なのかよくわからない。 

 「はぁ? 何? マンション?」  

 「今は賃貸でよかったですか? 月々79,000円で新しいマンションが..」

 「賃貸だろうが、一戸建てだろうが、あなたには関係ないでしょ? こんな時間までセールスの電話かけてくるなんて失礼と思わないの?」

 「夜分申し訳ございません。  でも、もし家賃をお支払いでしたらとてもお得なんですが..」

 「悪いけど、もし自分がマンションを買おうと思ったら、それなりに研究して調べて買うよ。 どこの誰とも知らない人が突然電話をかけてきて買ってくれと言われたって買えるわけないでしょ?手当たり次第にこの辺の市内局番で電話しているの?」

 「いえ、そういうわけでは...」

 「それじゃ、あなたが、どういう会社の何という部署の誰で、どこの家に電話をかけたのかはっきり言いなさい、ちなみに全部メモをとっておくので、明確に言うように..」 言い終わらないうちに電話を切られた。 

 それにしても、迷惑だ。    

 

 ところで、何で「~でよかったでしょうか?」という言葉を使うのだろうか。  ファミリーレストランでも、喫茶店でも、その他の店でもこの言い回しを聞く。  丁寧語なのか? 過去形にして丁寧になると思っているのは英語の can などからの発想なのだろうか。 確かに Can I ~ ? より 丁寧にするなら Could I ~? にしろと昔教えられたが、日本語は違うと思うぞ。  こんな言葉ばかり聞いていると、こっちまでおかしくなりそうだからやめて欲しいものだ。 



 それとも、みんなバイリンガルなのかな? いやもしかしたら英語圏の奴らが日本人に変装して我が国を占領しようと思っているのかも... まて、もしかしたら宇宙人かも...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2005

ソ○○○プでお買い物

 出かけたついでにちょっとアキバに寄った。 地下鉄の駅から近いところだとソ○○○プになっちゃうんだよな... 面倒がらずに中央通りの方に歩いていけばいいんだけど。 DVDRのディスクがなくなったので買いに行ったのだった。
 
 入り口の側に山積みしてあるディスクを手にとってレジに向かった。 
 ちょうど私が並んでいたのは棚のカゲでレジの人からは見えなかったのかも知れない。 前の人の会計が終わりディスクを差しだそうとしたら、レジをやっていた人が「あ、ちょっと」と言って私を手のひらで静止した。 そして、ガラスケースのところのレジに並んでいた客を「どうぞこちらへ」と言って先にしていた。 はっきり言うが私の方が先にいたぞ。 前にも書いたが棚のカゲで見えなかったのだろうが、せめて一言確認したらどうなのかと思う。 その後「どうぞ」と言われてレジをすませたが、「申し訳ない」「お待たせしました」の一言もない。 単価の安い商品の客だからどうでもいいのか?

 実はこういう事は始めてではない。 以前、ハードディスクを買った時だ。 レジで店員さんが延々とお客さんにメモリについて説明していた。 仕方がないのでずっと待っていた。 やっとその客が帰って自分の番だと思ったら、「他のレジへお回りください」(<-文言は正確ではないかも知れない)と立て札を立てていなくなった。 「おいおい、俺はどうすればいいんだよ」と思ったが、他の店員さんを探して購入してきた。
 また、ハードディスクのリムーバルケースを購入した時も、さんざんレジの前で待たせておいて、「こちらからお並びください」と言われた。 「先に言え」と言いたかったが、「アキバだからしょうがないか..」と思って帰ってきた。 
 思い出せないがまだあるような気がする。 気に入らなければ買わなきゃいいんだけど、地下鉄から一番近いからね、つい。

 間違い、勘違いは誰にでもある、今までもちょっとは「ムッ」としたことはあるが、今日の「手のひら静止」にはいい加減頭に来た。 もう行かね、ソ○○○プカードもさっき捨てた。 今まで購入した幾多のハードディスクもパーツもM/Bも各種ドライブも捨ててしまいたいくらいだ、ま、それは出来ないけどね。
 
 もうソ○○○プには買い物に行かないのでどうでもいいのだが、もっと客を見てちゃんと接客するように教育した方がいいと思うんだけどな...。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2005

まちがい電話

今日も間違い電話がかかってきた。

 「ナ○ノさんでよかったでしょうか? 変な日本語だ、どこかの会社のようだ。 しかも名乗らぬ。

  「あんだだれや?」と聞くと

   「×××店ですが..

  「うちは'ナ○ノ'サンではないけどな、他人の家に電話するなら、おのれが先に名乗れ! それに日本語の使い方間違ってるぞ」と小うるさいジジィ(小うるさいジジィだけど...)のように怒ってしまった。 「すみません」の一言も言わずに「ガチャ」と電話を切りやがった。 腹立つねぇ~、ホント。 今の会社、特に接客に関わる所ってこういう基本を教えないのか? それとも、上司が「今の若い奴は...」なんていってほったらかしているのか? どちらにしても会社、上司が悪いな。 知らないのなら教えなければならない、躾けがなっていないのなら躾けなければならないと思うのだが。  あ、そもそも、教育する立場の者が知らないのかも知れない...おかしな日本語がまかり通っているしな。



  ちょっと前の事になるが、FAXが突然流されてきた。 錦○町にある会社から○町にある取引先への「発注書」だった。

 文面は「見積もり通り、至急納品してもらいたい」という内容だった。 「ありゃりゃ、間違えてるよ、ちゃんと確認してFAXしなきゃ駄目じゃん、取引先なんか短縮入れときゃいいのに」と思って、電話してやった。

  「こちら××と申しますがね、FAXが間違えて来てるよ。 '発注書'って書いてあるやつね。 ちゃんと確認して流した方がいいよ...」

  「えっ、はぁ、そうですかぁ... あの、それは廃棄して頂いて結構なんですが..」 
(ここで、カチンときた)

  「あのね、私はおたくの会社の仕事が滞ってしまったらかわいそうだと思って、電話したんだぞ。 捨てるだけならわざわざ時間使って電話なんかしないぜ、'お知らせ頂いてありがとう'とか言えないのか?」


 「はぁ、申し訳ありません...」

「ついでに言わせてもらうけど..'廃棄して頂いても結構'というのもおかしいぞ、'廃棄して頂けますでしょうか'と言うべきだろうが、それに、仕事で電話に出るのなら名乗りなさい」

  「はぁ、申し訳ありません...」 
で、こちらが電話を切る前に向こうが切った。

   こいつ、間違いFAXを教えてくれた相手に対してどう思ったのだろうか? 少なくとも「感謝」の気持ちはなさそうだ。 流れてきたFAXをそのまま捨てちゃえばよかったよ。

最近自分が変なのかな? と思ってしまう。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »