« August 2004 | Main | January 2005 »

September 15, 2004

あまったLED

 あまりのLEDと抵抗ででUSBライトをつくってみた。 USBのコードは壊れたマウスのコードを使った。 ちょっと芯線が細いが、大した電流が流れるわけではないので大丈夫だろう。 USBポートは5V、500mAまで流せるそうだが、計算上は75mAだから全然問題ない。
 
aaa.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小泉総理外遊

 小泉総理が「外遊」だそうだ。 ブラジルに行った理由の最大は「いとこ」に会うため。 税金だぞ、税金。 許されるのか? 理由はもっともらしくつけているが、大したことはしに行っていない、要するに国民の税金を使って大勢のSPその他取り巻きを連れ回して「私用」で行っているわけだ。 元々ブラジルは予定になかった、「いとこ」のために入れただけだ。 18日間の夏休み中、色々大変なことが起きていたのに、どうせ何もする気がなかったんだから、そのときに行けばよかったんだよ、ちゃんと「自費」で。
 
 米国のパウエル国務長官がイラクに「大量破壊兵器」がない、今後も見つからないだろうということを発表した。 イラク侵攻の「根拠」であったはずの「フセインの大量破壊兵器」は正式に「ない」と発表したわけだ。 勝手に戦争を始めておいて、「理由は誤りだった」で済んじゃうんだね...?
 米国におべっかをつかい、国民を無視して尻尾を振っているブッシュのペットの小泉クンは、税金で遊びに行ったブラジルでどう思ったのかな。 「人生色々、戦争色々」とでも思ったか、全然気にしていないか。 同行している記者もその辺は突っ込まないのか? 米国では首脳会談をするそうだが、地位協定のことも、基地問題のことも、イラク戦争の事も、ブッシュの機嫌を損ねるようなことは言わねーだろうな。 
 
 さっさとイラクから自衛隊を引き揚げて、地位協定も見直して..その他色々あるが、ちゃんと日本の国民のためになる政治をしろよな、ブッシュのペットくん。
 
  
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 13, 2004

高輝度LED 2

 とりあえず作ってみた。 基盤が四角なのでちょっと雰囲気が出ない...ま、これから考えよう。
 でも、あんまり明るくないんだけどね...... LED15個じゃなくて20個全部使えばよかったかな?

led.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2004

高輝度LED

 手元を照らすランプを作ろうと思った。 電球は熱い、それにそもそもスタンドほどの光量はいらない。 そこで思いついたのが高輝度LED。 とりあえず、アキバの千石と秋月を見に行ってきた。 両方とも OSWT511A という10カンデラまで出るものが1個100円、20個で1800円だった。 電流制御抵抗がついている。 1KΩだ。 とりあえず買ってみることにした。 1個買うのも何なので2個買ってきた。(あまり変わらねーゾ)
 帰ってきてさて実験。 電源は古い携帯のアダプタを使おう。 5.6V 600mAのスイッチング電源だ。 LEDに3.1Vをかけ、10mA流すためには250Ωの抵抗が必要だ。 捜せばきっとこのくらいの抵抗がどっかにあるはずだが、面倒くさいのでLEDについていた抵抗を4本並列につないだ。 とりあえずの実験なので、ハンダ付けはしない。 鰐口クリップと100円ショップで買った目玉クリップで繋いでみる。 おー、結構明るいじゃん。 つーことは20mA流せば倍くらい明るさがでるわけか... でも、熱でだめになっちゃうとこまるしな... 5.6Vのアダプタだと、2個のLEDを直列に繋ぐわけにもいかんな、並列にしかつなげない。 
 とりあえず、明日アキバにも一回行ってLEDを20個くらい買ってこよう。 ユニバーサル基盤も手持ちがないから、買わなくちゃならんな。 抵抗もこれについている1/6Wタイプだと熱を持つかも知れないので、もっと大きいやつの方がいいかな...捜せばきっとあるんだけど、全部同じ抵抗値でそろうかどうかも問題だ。 ついでに買ってくるか...なんだか、完成品を買ってきた方が安そうだ...
 久々に日曜日のアキバに行ってみよう。
NEC_0006.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 09, 2004

小泉のための郵政民営化

 郵政民営化だそうだが、一体誰のための民営化なのかということが気になっている。 これまでの様子を見ている範囲においては小泉のための民営化という気がするのだ。 小泉案(もっとも、小泉が考えたわけではないが)にあっては国民のためになるようなものではない。 そもそも、郵便事業に他の事業者が自由に入れなくては何のための民営化なのか疑問を持たざるを得ない。 表現上は確かに参入できるらしいが、実質的には不可能に近い。 結局は郵政会社の独占状態は続くわけだ。 逆に宅配便の事業では今まで他の事業者が競合し、作り上げてきた市場に簡単に参入できる。
 郵政民営化を急ぐ前にやることはたくさんあるはずだ。 また、民営化をしたところで裏でオイシイ思いをしている「あの人たち」がいなくなるわけではないだろう。 まず、民営化の前にそういうところを排除していかなくてはならないはずだ。 これは道路でも同じだが... 単に民営化をすればよしとするものではないだろう。 本来ならちゃんとした形を作り、自由に競争できる土壌を作ってから民営化をすべきなのではないのか。
 国鉄を民営化をした時は、赤字額が多すぎた。 もう運営できないところまでいっていた、だからこそ一時精算して民営化でやってみろということだったはずだ。 ところが、郵政は全く赤字ではない。 むしろ優良事業であるはず。 
 小泉の取り巻きイエスマンだけの「改革」に終わる可能性はあるぞ。 そもそも、こんな大事なことを何で小泉が簡単に決められるのだ? やっぱり独裁国家か? 国会で議論しなくてもいいのか? それとも国会は夏休み期間だからなにをやってもいいのか?  それに、竹中平蔵みたいな学者バカ~大臣で大丈夫なのか? 日本の経済を実験台にし、我が国の企業を外国資本に売り払おうとしているやつだぞ。 竹中の著書は大したものだったが、実際あんな無能な大臣だとは思わなかった。 
 また、マスコミも何をどう思っているのか全然伝わってこない。 某国営放送局は「事実の報道」が目標らしくて、批判もない。 それどころかしゃかりきになって集めている「みなさんの受信料」がとんだ使われかたをしてたけどな。 新聞だってそうだ。 小泉が民営化を押し通していて、反対勢力との戦いが見物だ、みたいな書き方をしている。 政治の一番大きなチェック機構というのは「ペン」である、マスコミではないのか? ただ起きたことを伝えていればいいのだろうか、それが「報道」なのだろうか?
 郵政の民営化も決して悪いものではないだろう。 しかし、前に書いたとおりそれが、国民のためになることであり、業界の活性化につながればいいだろう。 このままでは単に郵政事業を分担した四つの会社の独占市場ができあがるだけだ。 可能性としてはいままで流通を作り上げてきた宅配便市場も席巻してしまう可能性だってある。 それは決して自由競争とは呼べないと思うぞ。 
 ともかく「民営化」自体は賛成だが、「民営化」というお題目のための「民営化」はやめてくれ。 整備し、国民の総意としてちゃんと議論してからやってくれ。 野党の烏合の衆よキミらも何とかいえよ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 08, 2004

橋本龍太郎元総理事情聴取

 橋龍が事情聴取されたそうだ。 結局は刑事責任も何も問えないらしい。 非常識きわまるが、結局悪いのは会計係の滝川容疑者一人と言うことで終わりそうだが、おとぼけコンビ青木、野中もお構いなしになりそうだ。 それでいいのか? 国民は納得するのか? 私は納得できないゾ。
 
 新聞によると橋龍は2002年2月から4月中旬まで心臓手術で病院に入院していたので領収書のやりとりには関与していない、把握していない、とのたまったそうだ。 しかし、一億円の小切手は2001年7月に手渡されたのではないのか? 当の本人の日歯連の内田、臼田の両被告が言っておるではないか。 当然青木、野中ご両人も同席していたわけだ。
 
 地検特捜部は「橋龍の刑事責任を問うのは困難とみている」らしいが、管理責任はないのか? 部下のやったことに対して上司は責任を免れられるのか? 小切手のやりとりは橋龍本人がしているのにさ...
 
 なーんか、変だ。 アホ小泉は意味のない郵政民営化ばっかりで、このたぐいには何も言わんし、言えないし。
 
 なんだか、庶民の生活なんてさ、バカバカしくってやってられないね。
 宝くじ当たんねーかな。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2004

台風、ロシア人質事件に思う

 先日大きな被害を出した台風16号の後を追うように、またまた台風がやってきた。 前回と同じルートみたいだ。 沖縄、九州、中四国が大変だ。 死傷したり、崩壊したりということのないことを祈ろう。 台風16号であれだけ被害があったのに、小泉サンはのんびり夏休みで何もしなかったね。 きっと自国民なんかどうでもいいんだろうな。 浅間山が噴火したって、何とも思ってないかも知れない。 
 
 ロシアの学校占拠事件では多くの人が亡くなった。  その正しい数さえ正確には伝わってこない。 情報統制が強いのかな? 昨日のニュース映像を見ていて心が痛んだ。 そういえば中国のSARS問題の時も正確な情報は流れてこなかった。 旧共産圏の国は体質がそういうものかも知れない。 もっとも、アメリカ、イギリスは情報を「操作」するから油断ならないが...  テロリストの連鎖は続くね。 武力で制圧しようとすれば余計テロが多くなるし。 中東問題もチェチェン問題も解決する日はくるのだろうか? イラクはアメリカと同盟国が手を引けば収まるとも思えない。 、イスラエル、パレスチナも根が深いだけにまだまだ続きそうだ。 この辺の火種の原因はそもそもアメリカだ。 
 
 もし日本で似たようなテロが起こったら、小泉さんはどう対処するのだろうか、ちゃんと人質を救うことができるのだろうか? まさかその場に居合わせた「自己責任」なんてこたぁ言わねーだろうが、「なんとかしろ」の一言で終わりそうな気がする。 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 01, 2004

映画「クローン」

「クローン」のDVDを見た。 これがフィリップ・K・ディックの原作だと聞いたからだ。 今まで知らなかった。 でも「クローン」なんてP・K・ディックにあったかなぁ...と思った。 プレーヤーにセットしてスタートしてわかった。 'Imposter' とタイトルが出た。 本の方は確か 'Impostor' だった。 *er でも *or でも正しいんだよね。 ハヤカワ文庫では「にせもの」と訳していたっけ... 「クローン」じゃないじゃんか、ちょっと違うゾ。
 物語の基本的なプロットは変えてはいない。 元々が短い小説だから、ふくらませてはいた。 原作との差に違和感はあるが、面白かった。 ラストの部分は原作の「爆発はケンタウリ星からも見えた」の一文のように、宇宙空間から爆発した部分を引いて見せて欲しかったなと思った。 
 今まで、P・K・ディックの作品で映画化されたものを見たのは、名作「ブレードランナー」、「トータル・リコール」、「マイノリティ・リポート」だった。  それぞれ原作とは随分違う。 これらの作品の原作との差に比べたらこの映画の方が原作に近い。 「トータル・リコール」はシュワちゃんのアクション映画になっているが、原作「追憶売ります」は別にアクションものではないし、物語も違う。 「ブレードランナー」と原作「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?}とではまるっきり違う物語だ。 もっとも映画は名作中の名作だと思うけど... 「マイノリティ・リポート」はラストが全然違うし、映画より原作の方が面白い。 私には、トム・クルーズがいまいちイメージに合わないしね。
 そういえば「マイノリティ・リポート」は随分前から映画化の話があったようだ。 一番最初に聞いたのが、20年近く前だったような気がする。 実際映画になったのは3,4年前だよな、確か。 その割にはできはあまりよくない。  
 ま、一番は「ブレードランナー」だけどね。 ハリソン・フォードもルトガー・ハウアーもショーン・ヤングもいい。 「レディ・ホーク」のルトガー・ハウアーより絶対こっちの方がいいし、「デューン」のショーン・ヤングよりこっちの方が遙かにいい。 ハリソン・フォードだって「レイダース」や「スター・ウォーズ」よりいいんじゃないか? 監督はリドリー・スコットだし、デザインがシド・ミードだしね。 
 
 この「クローン」は「ブレードランナー」の次くらいからなぁ...

| | Comments (2) | TrackBack (0)

民主党代表 岡田無投票再選


 民主党の代表選に岡田さん無投票で再選となった。 打倒小泉内閣が相変わらずのスローガンらしいが、いつまでたっても同じだな。 しかも鳩山さん小沢さんみんな不満げだ。 あれ、そういえば管さんは報道陣を集めた四国のお遍路から見あたらないがどうしたの?



 相変わらず独自の政策も打ち出せず、岡田さんの自身の考えもはっきりせず... 要するに単に自民党政策を批判しているだけだ。 参院選の票が伸びたのも、ゼンセン同盟を頭とする流通系、製造系労働組合の努力と、小泉内閣に不満を持つ人たちの投票の結果で、岡田=民主の政策が評価されたわけではないのだろうな、きっと。 結局、小泉内閣はいやだし、社民党は存在感がないし(ゴメン)、共産党は訳わからんし(スマン)、じゃぁ民主党しかないか...ってところだろう。 もちろん、社民党も、共産党もいいこと言ってるよ、でもね、実現できるだけの力も根拠も、現時点ではないだろうと言うのが私の本音。 とりあえず反小泉=自民党で政権をとれそうなのが、烏合の衆の民主党ってことだ。 (ジャ○コの会長の次男坊のボンボンには独自性を求めるのは無理かな...とも思うが、今民主党がしっかりしなければ小泉独裁政権は続くわけだ) 



 そのよい例が安全保障問題だ。 これには独自性は見いだせない。 はっきり言って、自民党の方針でもOKということだ。 「玉虫色」と書いている新聞もあったっけ。 党内で合議で結論を出し次期国会で提出をする、というのだ。 その中では「国連決議に基づいて平和維持活動への参加」は前提としている。 小泉と何が違っているのかと思う。 これを拡大すれば結局は米国に尻尾を振っている小泉内閣と何ら変わらないのではないか? しかも、岡田ボンボンはいつぞや「改憲して武力行使をしよう」なんぞと言ってなかったけか? 本質は独裁者小泉と変わらねーよーな気がするぞ。 一方では自衛隊イラク派遣の時、小泉にあんなにかみついたのにな。 この一貫性の無さが第一の問題だし、国民をある意味でだましていると思うぞ。 小沢さんもその点が不満なのかな? 



 もっと身近な問題なら、年金問題もだ。 いつまでたっても、同じ事の繰り返し、年金制度改革法案の撤回、消費税の年金財源化。 管さんの時から同じ。 耳にタコだ。 でもね、根拠も何にもありゃせんのよ。 現時点で年金積立金の無駄遣いのおかげで、厚生年金、国民年金あわせりゃ三兆円を超える赤字だべさ.. この先の給付を考えたら完璧に破綻しているわけよ。 原則論ばかりでは進展すらせんぞ。 一般の国民が(おまいら議員や、優遇され続けている官僚を含んだ公務員ではないゾ)安心して老後を送れる社会にするにはという一番大事なビジョンが欠けているのだよ。 まー、キミ達、ある意味特権階級の者には、わからんだろーけどな。 



 もし民主党が政権を取ったら、どういう政策で日本を進めていくのか、全然わからん。 しかも、党内が全然まとまっていない。 ま、代表にはっきりした方針もないなら、議論もできないし、まとまりっこないよな。内部では、旧自民党、旧社会党、旧民社党、旧新進党、旧ナントカ党でめちゃくちゃだもんな。 しっかりしてくれよ、民主党。今んとこあんたのとこしかないんだからな



 でもさ、やっぱりここは一発、自民党に小沢一郎あり、といわれたあの人に出てもらうしかないんじゃないの? 新進党作ってぶっ壊したけどな。 でも、最近カゲ薄いな...頭も薄くなってきたか?←これは気のせいか...

| | Comments (0) | TrackBack (2)

« August 2004 | Main | January 2005 »